teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. 激安偽物專門店(0)
  2. 偽物財布コピー、偽物時計コピー(0)
  3. 偽物財布コピー、偽物時計コピー(0)
  4. 超楽天人気- コピー專門店bag26(0)
  5. 中日貿易偽物 コピー專門店lv-market.net(0)
  6. 中日貿易偽物 コピー專門店lv-market.net(0)
スレッド一覧(全6)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


こっこれは・・・・

 投稿者:long-tail  投稿日:2016年 5月16日(月)12時44分11秒
  カズ君さん
こんにちは。

いつもどうもです。
こっこれは、もしや、あの黒須吉人先生の本ですよね。私が本格的?に作りはじめた
時は、氏は引退?してたのかな・・・知ったのがスケー〇アヴィエーションが創刊され
氏が復活?し知った次第で。
私が氏っているライターとは切り口や文章等全てが違っていて衝撃を受けました。
私自身かなり影響を受け大げさですが、今の土台になっています。

前者の雑誌も氏が登場しなくなり「急につまらなくなった」のは本音です。
 
 

放置キット…

 投稿者:カズ君  投稿日:2016年 5月12日(木)21時44分48秒
  こんばんは、制作途中で放置されちゃったキット…ありますね。
僕は、処分しちゃう事が多いです。
キットにも申し訳ないと思いますね。
自分の場合は、作り始めると長丁場になるので、それでも完成できる物をチョイスするようにしています。これが、また難しいです。
正直、1/32シリーズを延々と作る、プラモ出るマラソンなる計画もしましたが…実行できないまま何年も経過しちゃってます。
まぁ、そういうの気にしないまでも、プラモの新しい面白みを探してみたいと思います。

仕事で、古い本を探していたら、こんな本がありましたよ。最近の模型誌では、ちょっと読めない内容もあったりで笑ってます。
 

気が付けば連休も終わってた・・・

 投稿者:long-tail  投稿日:2016年 5月10日(火)08時44分20秒
  おはようございます。
このところ、バタバタしてまして、すっかり返事が遅れスイマセン。

アドバイスありがとうございます。
「目が肥えているつもり」ナイスな表現ですね。当時の模型誌は特に重箱の隅を
付くような文書が多かった様な気がします。今回のキットなんか、かなりの
ディテールの良いエンジンがあるのにはなかラジエターがなかったりします(笑)
カウルを閉じた状態で製作するので気にはなりませんが、これはこれで面白く
感じています。

あと、HPに公開していない「製作放置キット」の再開を始めました。
こないだのタチコマ同様、もう少し気力・根性があれば放置せずにすんだのでしょう。
今年は、放置キットの整理もしようなんて思っています。
 

どちらもPS樹脂だと思いますよ。

 投稿者:カズ君  投稿日:2016年 5月 6日(金)09時34分58秒
  おはようございます。
そうですか…プロターの1/24は確かに消化不良のイメージはありますね。雑誌等の記事を書く方は「目が肥えてるつもり」で書くので怖いですね。趣味の世界ですから「好きなら良し」って考えるのが普通だし、楽しいと思いますが。僕個人としては、この当時設計された国内キットの「外付けする透明パーツ」は嫌いなわけですが。

さて、指摘されてる材質の事ですが…そんなに大した事でもないと思います。接着剤が使用できるならPS(スチロール)材です。
赤のプラについては指摘されていたように「妙に赤い」わけなので、プラ材に混ぜる顔料が多くなってる可能性はあります。または、透けることを嫌って遮光性の顔料を添加されていることも考えられます。遮光性の材料添加って国内では少ないようです。単純に言えば塗料と同じで「赤色は透けやすいから、下地を塗るとか…」みたいなことを材質で対応するわけです。
それに比較すると、黒は直ぐに染まります。顔料も少なくてよいわけです。ちなみに「黒むと言っても「漆黒」なんて色になると、他の色以上にシビアになるわけです。
あと、国内のキットでは黒に限り再生材等が入る事があります。妙に脆かったりする場合は怪しいですね。確認としては、伸ばしランナーを作ってみると分かるかな。まぁ、熱した時の匂いからして違いますが。
あと、忘れていけないのは経年の劣化の事。
プラ材は経年で収縮したり、材質的にもろくなります。材料に含まれる「柔らかさ」の成分が抜けていくためですね。仮組みを欠かさず、寸法変化にご注意ください
黒い材質に限りですが…過去の経験で。アンダーパネル等が波打ってたりしたら、パテを盛るわけですが…あまり溶剤の強い物は使わずにポリパテなどを使用した方が良い時がありました。ポリパテを密着させるには、通常のタミヤのパテを1割程度混ぜると、密着も削りやすさもアップします。とは言え30年近く前の情報なので、現在模型店で購入できるポリパテなら心配ないかもしれませんね。
では、お楽しみください。

 

プロターリズム

 投稿者:long-tail  投稿日:2016年 5月 6日(金)08時15分51秒
  おはようございます。
独特のリズム~なんとなく分かります。色々悪評ばかり目に付きますが正直そんなに悪くないキットだと思います。どう攻略するかみたいな「考えながら作る」キットで楽しんで作っています。
そうそう、あと気になるのがプラの素材、定番の赤と黒の成形色の2種類で構成されていますが、赤が妙に硬く、黒の方は、ABS樹脂?なのか妙に柔らかく弾力性があります。
そのおかげに細い足回りも折らずにすみそうなのですが、ウイングやアンダーパネルの整形が逆に削れず苦労しています。
その苦労がまたプラモの魅力だったりして

 

プロターの24

 投稿者:カズ君  投稿日:2016年 5月 4日(水)22時23分30秒
  こんばんは、連休は、ほとんど外で作業してまして…既に疲れ気味です。
毎年、今年こそ「アレとコレを一気に作って」なんて思うのですが、今年は既に制作途中キットが詰まってる状態…段取り悪さに泣いてます。
さてと、プロターの24フェラーリ、いやF1ですね。僕は、この時期のプロターって、ほとんど知らないんです。ぶっちゃけプラモデルは休止してた時期でして…プロターの24というと迷作の250GTまでかな。
この時期のキットについては、プラモ制作を再開した時に幾つか買ってますが、別にプロターのキットで無くても、あまり良い物は無いかと思いますよ。
プロターのキットは、独特のパーツ形状もありますが…プラモ作りにリズムがあると感じます。正直プロターのキットは塗装する事とか考えられずに設計されてる感じもありますが…
さてと、僕の方は途中のキットを作りつつの、新しいキットの模索中ですね。
 

おばんです

 投稿者:long-tail  投稿日:2016年 4月16日(土)22時20分10秒
  カズ君さん
 おばんです(北海道弁:こんばんは)

 カズ君さんのゼロ製作楽しく拝見しています。
 自分が作っているような感で楽しく拝見しています。

 実は、プロターのフェラーリ製作はじめちゃいました。
 キットの感想としては、大味な海外のキットと思っていたら妙にパーツの合いも良く
 組みやすさだけなら以前製作したモデ○ーズのテイレル019より良いいでしょう。
 確かにパーツの整形等手を加えるところは多いですが、手ごわいけど楽しめそうな
 キットだと思います。

 
 

こんばんは

 投稿者:カズ君  投稿日:2016年 4月16日(土)22時00分27秒
  こんばんは、そういえば、一気に気温も上がって、関東の桜も終わっちゃいましたね。


前に書き込みして…1ヶ月弱?
何だかんだで、タミヤのゼロ戦を作り始めました。前に52型を作った時の記憶も頼りにと思いましたが…いや、忘れちゃってますね。
大体、どんなに順番で作るかも怪しいまま。適当にパーツを切りだしてから取説を読み始めたりで…21型は簡単なパーツ構成だから、迷わずに制作しけるけど…パーツの多いキット(というか最近の1/72キットの方が、分割も細かいみたい)キットだったら、制作止まってました。
それにしても、今まで知らないジャンルの模型作るときは注意が必要ですね。「作るまえに、お読みください」の意味が良く分かりました。
まだまだ脱線も多そうですが…何とかなるでしょ。
掲示板書き込みありがとうございます。
プロターキットも所有されていたのを見て、ちょっと嬉しくなりましたよ。
ただ、プロターキットを制作する際は「期待値をすこし下げて、工作時間を長めに設定してから、挑んでください」
では、また。


 

本の影響

 投稿者:long-tail  投稿日:2016年 3月19日(土)21時52分33秒
  カズ君さん
 こんばんは。
 このゼロ以前も拝見しましたが、素晴らしい作品ですね。
 実機同様に非武装とは、流石です。微妙なツヤの表現は参考になります。

 本の影響~私も結構あります。タミヤのMMを最近作るのも「田宮模型の仕事」
 からだったり。すごくわかりやすいですね。
 

21世紀の零戦

 投稿者:カズ君  投稿日:2016年 3月17日(木)23時17分26秒
  僕の作った飛行機モデルと言えば、このゼロ戦だけです。
きっかけは「21世紀の零戦」なる本でした。それまでゼロ戦と言えば、靖国で見る事の出来る実機程度でしたが、この本の中のゼロ戦は空を飛んでいる写真ばかりで…その雄姿を作ってみたくなったと言うわけです。
キットは田宮の1/48、飛行時の状態で制作、機体裏側は無駄な穴はすべて塞いでます。当然武装はすべて無し、細かな部分は金属線にしてます。
機体は基本塗装に赤と黄色のラインを筆塗り。と軽くウェザリングした後は、艶消しクリアーを縦横に塗り重ね、機体表面に微妙な凸凹をけています。仕上げは、油脂を染み込ませて微かな艶を出してみました。さすがに、こんな作り方してる人はいないと思いますが…
何年も前に作ったのですが、いまだ健在。エンジンカウルを外すと、機首の機銃が無いのが良く分かります。
21世紀のゼロ戦なので、機体番号もなし。パイロットはコスプレしてる風か(笑)
もう一機くらいと思って、タミヤのゼロ戦だけは買っているのですが…いや、全く進んでませんね。
 

レンタル掲示板
/96