teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. ぽろりっ(0)
  4. ぽろりっ(0)
  5. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全5)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


ロータリー・生命科学振興会・地域社会。

 投稿者:三方限古典塾の塾生 納利一 78歳  投稿日:2018年 5月18日(金)07時32分58秒
返信・引用
   ロータリーや生命科学振興会の精神を地域社会へ。地域社会の智慧をロータリーを通して世界へ未来へ。人間・社会・自然・地球の健康・調和・永続のために。
 
 

司馬遼太郎、山折哲夫著「日本とはなにかということ」

 投稿者:瀬戸山豊74歳  投稿日:2018年 5月17日(木)13時28分40秒
返信・引用
  日本民族の宗教観の根底には無常観と言うものがありその上に成り立ってるとか戦後生まれの我々世代には無神論なるものがあるように思えるが、

一神教の西洋社会や日本以外の国々において無神論とは神との契約を断ち切ると言う事で日本民族には想像すらしがたい、明治の科学者寺田寅彦が日本民族は古来から自然災害の中無常感がしみついており司馬氏はこの無常観なるものを世界共通言語で簡明に説明できないと世界民族に理解してもらえないであろうと述べてる

宗教学者の山折氏は日本民族の宗教構造は三層構造になっており深層に神道がありその上に仏教が乗っかっているとか

表層に薄っぺらい民主主義が乗っかって夢みたいな空想がはびこるのであろうとわたくしなりに解釈してる。
私もそうだがこの無常観なるものを説明するなど出来るものではなかろう。日本人同士なら説明も要るまい

そこに無責任な無神論なるものが起きるのであろう。
 

魔法の言葉

 投稿者:●之助  投稿日:2018年 5月17日(木)06時40分13秒
返信・引用
  一休み・・・・・・一応 紹介

『子どもが育つ魔法の言葉』   まとめ

ドロシー・ロー・ノルト、レイチャル・ハリス著



◆「親は子の鏡」と言われることがあります。
親を見て、子供は育つ。親は子の手本。

 また、「子は親の鏡」。
その子を見れば、その子の親がどのような親なのか、それなりに分かるとも言われます。

 しかし、問題なのは、

■「具体的にどのように子供を育てたらよいか」ということです。


以下の言葉は、子供の健やかな成長のためにとても大切なことを教えているように思いますので、是非、参考に。




★けなされて育つと、子どもは、人をけなすようになる

★とげとげした家庭で育つと、子どもは、乱暴になる

★不安な気持ちで育てると、子どもも不安になる

★「かわいそうな子だ」と言って育てると、子どもは、みじめな気持ちになる

★子どもを馬鹿にすると、引っ込みじあんな子になる

★親が他人を羨んでばかりいると、子どもも人を羨むようになる

★叱りつけてばかりいると、子どもは「自分は悪い子なんだ」と思ってしまう

★励ましてあげれば、子どもは、自信を持つようになる

★広い心で接すれば、キレる子にはならない

★誉めてあげれば、子どもは、明るい子に育つ

★愛してあげれば、子どもは、人を愛することを学ぶ

★認めてあげれば、子どもは、自分が好きになる

★見つめてあげれば、子どもは、頑張り屋になる

★分かち合うことを教えれば、子どもは、思いやりを学ぶ

★親が正直であれば、子どもは、正直であることの大切さを知る

★子どもに公平であれば、子どもは、正義感のある子に育つ

★やさしく、思いやりをもって育てれば、子どもは、やさしい子に育つ

★守ってあげれば、子どもは、強い子に育つ


和気あいあいとした家庭で育てば、子どもは、この世の中はいいところだと思えるようになる


 

(『子どもが育つ魔法の言葉』ドロシー・ロー・ノルト、レイチャル・ハリス著
              石井千春訳 PHP研究所)
 

元気づくり・われづくり・ひとづくり。

 投稿者:三方限古典塾の塾生 納利一 78歳  投稿日:2018年 5月17日(木)05時00分10秒
返信・引用
   「元気づくり・われづくり・ひとづくり。」をキーワードに検索すると、「すべては修身(われづくり・ひとづくり)と斉家(永続的小社会づくりから。」、「ひとづくり甲突川。」、「学校保健の健康から人類の健康と永続を。」などがヒットする。  

元気づくり。

 投稿者:三方限古典塾の塾生 納利一 78歳  投稿日:2018年 5月16日(水)06時29分32秒
返信・引用
   われづくり・ひとづくり・かけはしづくりは元気づくりから。
 自分の元気。家庭の元気。職場の元気。学校の元気。地域の元気。
 元気で・気楽に・のんびりと。

 われづくり・ひとづくり・かけはしづくり・チームボサツづくり・むらまちづくり・国づくり・世界平和づくり・地球調和づくり。
 修身・斉家・治国・平天下・地球調和。

 「地球調和。」をキーワードに検索すると、「地球的調和時代は世界的江戸時代から。」などがヒットする。

 
 

Re: 恕・忍・少欲・利他・感謝。

 投稿者:●之助  投稿日:2018年 5月15日(火)21時10分32秒
返信・引用 編集済
  三方限古典塾の塾生 納利一 78歳さんへのお返事です。

>われにきびしく・感謝。

哲学とは

思考の抽象度を上げること

池に魚が3匹泳いでいた。

昨日があり・今日があり・明日がある

これに共通項があること

人類は何百年かかったのだろう


壁にモノを書く ⇒ 石 ⇒ 筆記用具



抽象度が高い



抽象度を上げる方法とは  で 検索すると・・・・(若者は自分で学習してね!)
茂木 健一郎(もぎ けんいちろう)『いずれ、学校行かなくても ネットで学習して ノーベル賞を取る子が出てくる・・・・』


そもそも思考とは何か

人工知能のプロクラムを 取り敢えず Python言語を使ってプログラミングで学習をさせる(速度が遅いが あとでC言語で再構築)

むむ!いい調子



鬼教官『IT関連の論文を1週間にだいたい100本読め!!』(わ~!1日に最低15本、まさに鬼教官じゃ~!)

プログラムを見ていくと『な~るほ~ど!こういう考え方があるのだ~!』を頭の引き出しに仕舞って置く
スランプに陥る・壁にぶつかる
待てよ~!あの時の考え方が役に立つかも
頭の引き出しの多さが時には解決の糸口に

鬼教官が仏に思える瞬間


プログラム部分そのものは万国共通
論文の形式はみな、だいたい同じ
英語・中国語・ロシア語から
わかった事、日本人が頭が良い訳は、日本語があるから、意味は解らないが発音から意味保留言葉とにかく今はカタカナで表し 『コンピューター』って綴って置くか

中国語だと意味が最後まで理解が出来ないと言葉が生まれない、全容がつかめて言葉が生まれる 『電脳』

中国語だと文章全体が漢字ばかり
『まったく、読む気がせんぞね!』

意味保留文字 (カタカナ)
日本人が好奇心が強いのも ここからなのか

過去の外国の知識人が観た日本人

イギリス大使 オールコック が見た江戸時代の日本

安政6年(1859年)に日本に来たイギリス公使サー・ラザフォード・オールコックの記述を読み、
一体なぜ彼が、少々不思議と思える予言をしたのか、解きにくい謎のように感じた

日本人に非情に厳しい評価を下しているオールコックも、

「日本の文明にはまた道徳的および知的分子なきにあらず。しかもその量はアジアの他の国々よりはるかに多し」としている。(そりゃ~そうさ!日本には、和算があった。微積分の概念もあった。シーボルトも日本人には数学には教えるところがない)
この「知的分子=知的好奇心の旺盛さ」は多くの人が指摘しているが、
さらにオールコックは、法や社会的ルールを非常に重んじ、

それが重荷となって自殺する者(切腹)が多いこと、そして「国益的愛国心」が異常なほど強いことを指摘している。



「物質文明について言えば、日本が、東方諸国民の第一位にあることは疑う余地がない。
もし彼らに応用化学の知識において欠けるところがなく、機械工業が進歩するならば
彼らはヨーロッパ諸国民と優に競争しうるであろう。
従って日本の統治者が政策として、交通および貿易を自由にし、
日本をしてバーミンガム、シュツフェルド、マンチェスターなどと競争する自由を得せしむるならば
われらの蒸気機関や、すべての機械の驚くべき応用的知識は共に輸入せられて
彼らはたちまちのうちに、その手に成れる鉄器類をもってシュツフェルドと競い、
その絹を以てリヨンと競争するに至ることは、疑う余地がない

シュリーマンは帰国後、日本見聞録を著した。
彼は日本の前に立ち寄った中国と比較して、次のようなエピソードを紹介している。

彼が中国で最も不快に感じたのは、平気で嘘をつきお金をごまかす一般庶民の姿だった。
乗り物に乗っても、最初に提示した料金とは全然違う高額の料金をあとでふっかけられたりして、
閉口することがしばしばだった。

●その彼が日本で渡し舟に乗ったときのことである。
あとで料金を支払う段になって、中国で味わった不快な先入観が頭をよぎった。
どうせ法外な料金をふっかけられるに決まっているだろうから、
それならば最初から高い金を渡しておこうと思い、
規定の数倍の料金を渡した。すると船頭が不思議な顔をして、
「これは規定の料金とは違いますよ」と言って、余分の金を突き返してきたのである。


フランシスコ・ザビエルは日本の民度の高さに驚き、
「とても気品があって、驚くほど理性的、慎み深く
また才能があり、知識が旺盛で、道理に従い、その他さまざまな優れた素質を持つ」。

●また「大部分の人は読み書きができる」と、
本国のスペイン人、あるいはインド人や中国人よりも程度が高いことに驚いている。

フランシスコ・ザビエル(東洋文庫『聖フランシスコ・ザビエル全書簡』より)…
◇「日本人はたいへん善良な人びとで、社交性があり、また知識欲はきわめて旺盛です」
◇「今までに発見された国民のなかで最高であり、日本人より優れている人びとは異教徒のあいだでは見つけられないでしょう

●エンゲルト・ケンペル(ドイツ人・1651年生まれ。シーボルトよりも130年前の3百年前に来日し、
徳川綱吉の前でダンスや恋の歌を披露した博物学者。ロシアやアジア各地を歴訪した「バロック時代最大の旅行家」。
欧州第一主義を排した筆致、精密で客観的な彼の主著「日本誌」や「廻国奇観」はゲーテやカント、ボルテールなど
欧州最高の知性に影響を与えたとされる)…
◇「日本人は武を尚(とうと)び、とかく事を企て、興奮し易く、栄耀栄華を夢み、名誉欲が強く、極端から極端に走る傾向がある」
◇「手先が器用で頭の働きがよい点で、日本人は他の諸国民より優れている」
◇「世界中のいかなる国民でも、礼儀という点で日本人にまさるものはない」



●当時のヨーロッパでは、礼儀正しさやマナーのよさは支配層がほぼ独占する資質であり、
中国でも礼は士大夫のもので庶民には下らずということであった。
それなのに日本では庶民が礼儀正しい…。これは彼らにとっては大きな驚きであった。


●ハリスの通訳として活躍したヒュースケンはこう記す。
「この国の人々の質樸な習俗とともに、その飾りけのなさを私は賛美する
この国土のゆたかさを見、いたることろに満ちている子供たちの愉しい笑声を聞き
そしてどこにも悲惨なものを見いだすことができなかった
私は、おお、神よ、この幸福な情景がいまや終わりを迎えようとしており
西洋の人々が彼らの重大な悪徳をもちこもうとしているように思われてならない

●多くの欧米人がいろいろ観察をしているが、ほぼ全てに共通しているのは、
「人々は貧しい。しかし幸せそうだ」である。

だからこそアメリカ人のモースは、
「貧乏人は存在するが、貧困なるものは存在しない」と言ったのだ。

欧米では、裕福とは幸福を意味し、
貧しいということは惨めな生活と道徳的堕落など絶望的な境遇を意味するのだが、
この国では全くそうでないことに驚いたのである。

「日本人は自分の子弟を立派に教育する能力を持つている
ごく幼い頃から読み書き、法制、国史、地理などを教へ、
大きくなると武術を教へる。

しかし一等大切な点は、
日本人が幼年時代から子弟に忍耐、質素、礼儀を極めて巧みに教へこむことである
(1811年に松前に幽閉されたロシア軍人、ゴロヴニンの「日本幽囚記」より)



>  じょ・にん・しょうよく・りた・かんしゃ。
>  ひとにやさしく・われにきびしく・よくはすくなく・よのため・ひとのため・ありがとう。
>
>  「恕・忍・少欲・利他・感謝。」をキーワードに検索すると、「清流の生死問答。」などがヒットする。
 

安心とは何か。

 投稿者:三方限古典塾の塾生 納利一 78歳  投稿日:2018年 5月15日(火)07時21分19秒
返信・引用
   客・職員・世間の生涯・最期・その後の健康・安全・安心を実現していくには、どう考え、どうしていけばよいであろうか。

 「安心哲学。甲突川」で検索すると、「老後の生きがい、健やかな最期、その後の安心を共感哲学共有別荘から。」、「むらまちづくり甲突川。」などがヒットする。「老後・最期・その後。」で、「老後・最期・その後研究会。(略称:三ご会。)」、「鹿児島市医報:われにきびしく・ひとにやさしく・うそつかず・みんなが調和し幸せに。」などがヒットした。
 

恕・忍・少欲・利他・感謝。

 投稿者:三方限古典塾の塾生 納利一 78歳  投稿日:2018年 5月15日(火)04時35分57秒
返信・引用
   じょ・にん・しょうよく・りた・かんしゃ。
 ひとにやさしく・われにきびしく・よくはすくなく・よのため・ひとのため・ありがとう。

 「恕・忍・少欲・利他・感謝。」をキーワードに検索すると、「清流の生死問答。」などがヒットする。
 

健康・安全・安心。

 投稿者:三方限古典塾の塾生 納利一 78歳  投稿日:2018年 5月15日(火)04時24分3秒
返信・引用
   病院・医院の営業目標は客・職員・世間の健康・安全・安心。

 「健康・安全・安心。甲突川」をキーワードに検索すると、「病院とは何か。」、「学校保健の健康から人類の健康と永続を。」、「むらまちづくり甲突川。」などがヒットする。
 

調和の幸せは医師会病院の健康から。

 投稿者:三方限古典塾の塾生 納利一 78歳  投稿日:2018年 5月14日(月)05時38分47秒
返信・引用
   医師会病院の健康から医療の健康を。医療の健康から人間・社会・自然・地球の健康・調和・永続を。

 「調和の幸せ・医師会病院。」をキーワードに検索すると、「鹿児島市医報:みんなの地球を、みんなのために、よりよい星に。」、「病院とは何か。」、「病院連合。診療所連合。」などがヒットする。
 

レンタル掲示板
/334