teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. ぽろりっ(0)
  4. ぽろりっ(0)
  5. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全5)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


馥郁たる大きな政治。

 投稿者:三方限古典塾の塾生 納利一 77歳  投稿日:2017年 9月 9日(土)22時34分40秒
返信・引用 編集済
   引用文献:道を踏まざる者狼狽す 特別編集委員 橋本五郎 五郎ワールド 読売新聞2017年(平成29年)9月9日(土曜日)
 著者の言葉:西郷隆盛が西南戦争で斃れて9月24日で140年。伝記や人物研究の多さで他の追随許さない西郷だが、先月、家近良樹『西郷隆盛 人を相手にせず、天を相手にせよ』(ミネルヴァ書房)という決定版ともいうべき伝記が出版された。
 日本近代化への大きな転換点となった1871年の廃藩置県は西郷の存在なくしてはあり得なかった。大臣や参議の会合で議論は紛糾した。しかし、遅れてきた西郷が「このうえ、もし各藩にて異議など起こり候はば、兵を以って打ち潰しますの外ありません」と大声で発するや、議論はたちまち止んだ。
 西郷の一生は多くのことを教えてくれる。敵を憎みつつも「寛容さ」を失わなかった。明治の顕官でひときわ目立つ質素な生活に徹した。細やかな心配りもあった。
 これらは西郷ファンを含め多くの人にとって既知のことだったろう。それでも、馥郁たる大きな政治を渇望するゆえに、ぜひ伝えたいと思ったのである。

 過去・現在の延長線上に未来はない。現在は人類社会の最大の転機であるのではなかろうか。。馥郁たる大きな政治に未来を託したい。人間・社会・自然の健康・調和・永続のために。
 
 

Re: 亜鉛不足

 投稿者:三方限古典塾の塾生 納利一 77歳  投稿日:2017年 9月 9日(土)05時17分25秒
返信・引用
  > No.3029[元記事へ]

亜鉛さんへのお返事です。

> 亜鉛不足は生体内において必須の元素。
> 現代人は不足している人が多いらしい…
> 気の疲れ、体の疲れを感じたら亜鉛不足の疑いありかもしれませんね~
> 亜鉛不足解消がもしかしたら世界の健康にも繋がるかもですね!!

「亜鉛欠乏症。」をキーワードに検索してみましたところ、「亜鉛欠乏症のホームページ。」などがヒットしました。健康保険で使える医薬品が発売されましたので、これを機会に亜鉛欠乏症について勉強してみたいと思います。よい薬のご紹介ありがとうございました。
 MRさんは会社の学術をバックにした医師の家庭教師です。情報提供をよろしくお願いいたします。

 

亜鉛不足

 投稿者:亜鉛  投稿日:2017年 9月 8日(金)13時57分22秒
返信・引用
  亜鉛不足は生体内において必須の元素。
現代人は不足している人が多いらしい…
気の疲れ、体の疲れを感じたら亜鉛不足の疑いありかもしれませんね~
亜鉛不足解消がもしかしたら世界の健康にも繋がるかもですね!!
 

三ご会中洲別荘。

 投稿者:三方限古典塾の塾生 納利一 77歳  投稿日:2017年 9月 8日(金)05時45分49秒
返信・引用
   健やかな生老病死に安心の未来のためのための別荘を「三ご別荘」と名づけたらどうであろうか。
 老後の生きがいのための、かけはしルーム。理想の最期のための、さらばルーム。その後の安心のための過去・未来ルーム。この三つのルームがある「三ご別荘」が、まず一つ身近な中洲小学校区にできることを夢み続けてきている。「三ご中洲別荘。」とでも名づけたらどうであろうか。
 甲南保健クラブの「かけはしルーム」で「三ご座談会」とでも呼べる老後・最期・その後を考える座談会をスタートさせる予定である。
 「三ご座談会」にご参加いただきお育てくださいますようお願いいたします。この甲突川健康掲示板ではすでにディスカッションされ続けてきています。これからも、ご意見をお寄せくださいますよう、よろしくお願いいたします。

 「三ご中洲別荘。」をキーワードに検索すると、「三ごの差とりを世界へ、未来へ。」などがヒットする。
 

人間とは何か。

 投稿者:三方限古典塾の塾生 納利一 77歳  投稿日:2017年 9月 7日(木)15時59分33秒
返信・引用
   人間とは動物である。人間とは、神仏にはなれないけれども、神仏に近づく努力を生涯にわたり続けなければならない動物である。人間・社会・自然の健康・調和・永続のために。
 人間とはモットモット病の患者である。人間とはモットモット病のコントロールを生涯にわたり続けなければならないモットモット病の患者である。

 「神仏に近づく動物。」をキーワードに検索すると、「人間の責任。」、「少欲・利他・感謝の人間。無欲・利他・感謝の神仏。」などがヒットする。「モットモット病」で、「モットモット病自覚して健康に。」などがヒットした。
 

いじめは不幸・調和が幸せ。

 投稿者:三方限古典塾の塾生 納利一 77歳  投稿日:2017年 9月 7日(木)04時45分34秒
返信・引用 編集済
   引用文献:いじめのない社会をめざして 著者篠原宏明 ロータリーの友2017年(平成29年)9月号77頁~81頁。
 著者の言葉:いじめは被害者の問題ではなく、加害者の問題です。加害者が生まれなければ、被害者が生まれることはありません。加害者を生み出さないことこそが、いじめを撲滅する唯一の方法です。

 火事は防火・病気は予防・争いはしない。争いに安心なし。勝利の喜びは永続しない。調和の幸せは永遠である。勝利の喜び追わず、調和の幸せ求めたい。いじめは不幸・調和が幸せ。ひとはひと・われはわれ・されど仲よき・調和の幸せ。

 「いじめは不幸・調和が幸せ。」をキーワードに検索すると、「人間は不幸になると弱いものをいじめるようになる。」などがヒットする。「調和の幸せ。」で、「調和の幸せを永続させたい。」などがヒットした。
 

世界平和・地球調和の中心地に沖縄を。

 投稿者:三方限古典塾の塾生 納利一 77歳  投稿日:2017年 9月 6日(水)05時34分34秒
返信・引用
   「世界平和・地球調和の中心地に沖縄を。甲突川」をキーワードに検索すると、「沖縄を世界平和・地球調和の中心地に。」、「世界中のみんなが幸せになる幸福学のすすめ。」などがヒットする。  

三ごの差とりを世界へ、未来へ。

 投稿者:三方限古典塾の塾生 納利一 77歳  投稿日:2017年 9月 5日(火)06時08分15秒
返信・引用
   三ごの差とりを世界へ、未来へ。人間・社会・自然の健康・調和・永続のために。

 「三ごの差とりを世界へ、未来へ。甲突川」をキーワードに検索してみたところ、「悟りの話、人類愛から宇宙愛へ、差取り、我は神なり、愛と光なり。」、「甲突川健康掲示板。」などがヒットした。「永続法人三ご会中洲別荘。」で、「学校保健の健康から人類の健康と永続を。」などがヒットした。
 

科学的自然主義哲学への期待。

 投稿者:三方限古典塾の塾生 納利一 77歳  投稿日:2017年 9月 3日(日)19時32分57秒
返信・引用 編集済
   自然主義の哲学は「哲学の科学」への哲学の進化である。哲学が進化すれば、人類が進化し、人類社会が進化して、人間・社会・自然の健康・調和・永続を期待できるようになるであろう。

 参考文献:自然主義入門 知識・道徳・人間本性をめぐる現代哲学ツアー 著者上原亮 2017年7月15日第1版第1刷(株)勁草書房発行。
 著者の言葉「自然主義に立つ哲学者は、科学者と同じ船に乗って人間本性に迫ることで、人間の自己理解という伝統的課題を引き受けることになる。」

 「科学的自然主義哲学。」をキーワードに検索すると、「哲学的自然主義。」などがヒットする。「哲学の進化。」で、「人類の進化は哲学の進化から。」などがヒットした。
 

三ご会への参加のすすめ。

 投稿者:三方限古典塾の塾生 納利一 77歳  投稿日:2017年 9月 3日(日)05時05分51秒
返信・引用
   三ご会に参加される方々は生命科学振興会と日本尊厳死協会の会員であり、生老病死をまじめに哲学しておられる方々であってほしい。だだし、出席自由・欠席自由の朝食会同様どなた様でも自由にご参加いただける会にしたいと思っています。ご参加いただきお育てくださいますようお願いいたします。

 「三ご会。」をキーワードに検索すると、「老後・最期・その後研究会。(略称:三ご会。)」などがヒットする。「朝食会。甲突川」で、「甲南保健クラブ余談。」などがヒットした。
 

レンタル掲示板
/303