teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. ぽろりっ(0)
  4. ぽろりっ(0)
  5. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全5)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


Re: 選挙の健康から政治の健康を。

 投稿者:●之助  投稿日:2017年10月17日(火)01時37分14秒
返信・引用 編集済
  三方限古典塾の塾生 納利一 77歳さんへのお返事です。

不健康な報道 
これに便乗する野党候補の演説内容がバロメーターになる。
国民はどうせ知らないだろう・・・・・『高を括って』いるのだろうか
それとも、この野党候補自身の情報源が地上波TVだけの情報難民?
こんな人間が国民をどこに導いて逝くのか・・・・
いずれにしても末恐ろしい

ややこしかった民進党、元革マルの議員、反日議員、韓国の操り人形議員中国のスパイ議員
ただただ議会で嫌味を言うだけで政策がない議員 日本のために命を懸けようと思うどころか日本を破壊すること、
朝鮮・中国を擁護するばかりの人間、

祖国が危ない時戦争参加をけしかける議員

祖国の軍事統一活動にちょかい出すな議員


民進・小川


地上波の隠れた北支持者が次々発覚

TBS  ・朝鮮総連系しばき隊 クサ 世論攪乱工作の小道具引っ張り出す   

もう!内輪揉めに巻き込むな

法律は元々人間が作ったもの 調和の為 直せば良い?日本人直せ!はい? 

中国人不法朝市報道  タバコ 明らかに危ない中国産豚肉 と衛生法違反畜産肉の露天販売


大阪鶴見区 中国人朝市に潜入 不法 路店

>  衆議院選挙が始まった。健康な選挙から健康な政治を。日本の健康・世界の健康のために。人間・社会・自然の健康・調和・永続のために。
>
>  「選挙の健康・政治の健康。」をキーワードに検索すると、「政治の健康は政治家の哲学の健康から。」、「政治の健康コーナー。」などがヒットする。
 
 

哲学の力 < 民主主義 < ロビー活動 < マネー の力

 投稿者:●之助  投稿日:2017年10月16日(月)21時30分8秒
返信・引用 編集済
  市議が日本人を侮辱!? サンフランシスコ市 慰安婦像採択の裏側

軍慰安所従業婦等募集に関する件  右実物命令書クイックで拡大 
 

理性を育む人間教育。

 投稿者:三方限古典塾の塾生 納利一 77歳  投稿日:2017年10月16日(月)03時22分43秒
返信・引用
   争いは本能・調和は理性。理性を育む人間教育を。世界中の子どもたちに言葉と哲学の教育を。人間・社会・自然の健康・調和・永続のために。

 「人間教育。甲突川」をキーワードに検索すると、「清流の教育問答。」などがヒットする。
 

人間本然主義。

 投稿者:三方限古典塾の塾生 納利一 77歳  投稿日:2017年10月16日(月)02時00分1秒
返信・引用
   資本主義にしても共産主義にしても、もともとお互い人間の幸せをより高めるための一つの手段、方法として考えられたものであり、それらが唯一絶対のものではない。とすれば、われわあれに大切なのは、資本主義がいいか、社会主義、共産主義がいいかといった立場に立つのではなく、人間そのものの本質に基本をおいて、お互いの幸せに役立つものをとらわれずに受け入れ、いわば人間本然主義といったものを、それぞれに生み出していくことである。 松下幸之助氏の言葉。

 引用文献:松下幸之助の見方・考え方。編者PHP研究所 発行者佐藤悌二郎 発行所株式会社PHP研究所 2006年12月11日第1版第1刷発行 2015年6月17日第22版発行。

 「人間本然主義。」をキーワードに検索すると、「人間本然主義の視点。」などがヒットする。「世界的戦国時代。」、「世界的江戸時代。」、「地球的調和時代。」などで、「地球的調和時代は世界的江戸時代から。」などがヒットした。
 
 

しんがん

 投稿者:ふうさん(64)  投稿日:2017年10月15日(日)21時55分50秒
返信・引用
  「心  眼」

 遠くを見すえ心眼を養う。。。

 狭い島国では、つい目先のことしか見ない
できるだけ遠くを見つめることによって、客観力が養える。

 机の上、目の前の出来ごとばかりを見ないで、一日のうちに一回でも多く
空を見あげて遠くの空を眺め、星を見よう。

 ビルでも森でもいい、視線を遠くにもっていく習慣をつけよう。
遠くを見るということは、遠くに心を置くということだ。

 肉眼をそのように習慣づけていくと、心眼(しんがん)も遠くを見るように
なってくる。つまり、いつもはるか遠くの未来を見すえて生きていく。

 気づいたことを的確に処理する「即行即止」の実践が特に大切だと、。
 

極言御免(引用掲載)

 投稿者:ふうさん(64)  投稿日:2017年10月15日(日)21時52分50秒
返信・引用
  【阿比留瑠比の極言御免】

慰安婦問題、常識的判断を 体験談が描く実像
                              2014.3.20 産経新聞
 読売新聞が17日付朝刊で報じた世論調査の記事を読んでいて、慰安婦募集の強制性を認めた平成5年の河野談話の作成過程を検証する政府方針について「評価する」が50%に上る一方、「評価しない」は30%だったことが目を引いた。
 密室で韓国と「談合」してつくられた河野談話の怪しさと弊害は、確実に有権者に浸透してきた。この問題に長年関心を持って取材してきた一人として、感慨深いものがある。
 もう18年前となる平成8年、翌9年春から使われる中学校社会科(歴史)の全教科書(7社)に慰安婦の記述が登場することが明らかになり、大きな話題となっていた際のことだ。

□実像知る体験談
 このときは河野談話を評価・擁護する意見が主流だったが、産経新聞には実際に中国や朝鮮半島で暮らし、慰安婦の実像を知る読者から体験談が多く寄せられ、当時、筆者はそのうち幾人かから話を聞いた。
 朝鮮・忠清北道で生まれて小学校までそこで過ごした千葉県我孫子市の大塚さん=当時(76)=の記憶では、朝鮮では警察の巡査はほとんどが朝鮮人で、同胞を強制連行などするはずがなく、できる雰囲気でもなかったという。
 「内地に帰ったとき、最初に手紙をくれたのは朝鮮人の友達。今も韓国の友人と行き来があるが、同年配の女性が強制連行されたなんて聞いたこともない」
 中国・河南省で昭和15年から終戦まで衛生兵を務めた横浜市の木村さん=当時(75)=は性病予防のため、週に1度、慰安婦の衛生検査を行っていた。
 「外出兵にはサックを持たせ、検(けん)黴(ばい)と称して慰安婦の性器検査、菌検査などを実施したが、それは軍が女性を管理していたのではなく、軍の自衛策だった」

□多くは「出稼ぎ」
 朝鮮人慰安婦の多くが「嫁入り資金を稼ぐため働いている」と話し、木村さんは「彼女たちの行動は自由だった」と振り返った。
 宮城県岩出山町(現大崎市)の佐藤さん=当時(80)=は「公(こう)娼(しょう)制度があった当時を現在の見方で判断するのはおかしい。 岩出山でも戦後の昭和35年ぐらいまで、身売りは実際にあった」と証言した。
 満州で満鉄に勤務していた佐藤さんはあるとき、20代前半の朝鮮人娼婦の身の上話を聞いた。彼女は「故郷には親も夫もおり、子供もいるが、生活苦のために出稼ぎにきている。2~3年働いて、家に帰る」と話し、家族の写真を見せた。
 平成22年に亡くなった元朝鮮総督府江原道地方課長、大(だい)師(し)堂(どう)経(つね)慰(やす)さんは90歳を超えてからも月刊誌「正論」に「慰安婦強制連行はなかった」という論文を寄せている。
 昭和17年から総督府に勤め、うち1年7カ月間は地方勤務だった大師堂さんはこう強調している。
 「婦女子の強制連行があったとすれば、その目撃者は強制連行された者の何倍もいたはずだし、いかに戦時中であっても大きな抗議運動が展開されて当然であるはずだが、目撃証言も抗議運動も一切なかった」
 「内鮮一体を唱え、戦争遂行に大きな協力を求めていた総督府の首脳が、施政に当たって最も気を遣っていたのは民心の動向」
 どれも「それはそうだ」と得心がいく話である。歴史問題を考えるときは、当たり前のことを当たり前に、常識的に判断した方がいい。(政治部編集委員)

 

してん

 投稿者:ふうさん(64)  投稿日:2017年10月15日(日)21時37分30秒
返信・引用
  【視線】2014.3.17 産経新聞
慰安婦募集の「実行犯」 “強圧と甘言”駆使したのは誰か 政治部編集委員・阿比留瑠比
 国民不在のまま、韓国に迎合してつくられた平成5年の河野談話の大きな問題点は、慰安婦募集のあり方について証拠資料も裏付けもないのに「官憲等が直接加担したこともあった」と認めたことにある。

 この一文が拡大解釈されて、日本政府が公式に強制連行を認めたと世界に伝えられ、日本は「性奴隷の国」という言われなき汚名を着せられることになった。
 それでは、ここで言う「官憲」とは何なのか。内閣外政審議室が河野談話発表時にまとめた記者会見の「想定問答」には、次のように書いてある。

 「『官憲等』とは、軍人、巡査、面(当時の村)の職員などを指す。これらの者が慰安婦の募集の際に立ち会うなどして、強圧的な行為に加担するケースがあった」

 実際、河野談話の根拠となった韓国での元慰安婦16人の聞き取り調査では、巡査と面職員の関与に言及している女性がそれぞれ4人ずついた。
 そこで当然気になるのが、軍人はともかく当時の巡査、面職員らがどういう人たちだったかである。現代史家の秦郁彦氏によると、戦前・戦中の日本統治下の朝鮮半島の実情はこうだった。
「地方の巡査クラスはほとんど朝鮮人と言っていい。面の職員も当然そうだ」
 だとすると、「強圧的な行為」に加担したのは朝鮮人自身でもあることになる。
 また、河野談話は慰安婦募集に際し「甘言」が用いられたとも指摘している。当時、朝鮮語で「甘言」を巧みに操ることができる日本人は非常に少なかったことを思うと、これも隠された主語は主に朝鮮人の女衒(ぜげん)や業者ということになろう。
 東京都在住の産経新聞の読者、横山博さんが筆者に送ってくれた昭和6年7月の朝鮮総督府の名簿(コピー)によると、当時の面長(村長)は全員が朝鮮人だ。
 知事をみても、忠清北道・洪承均▽忠清南道・劉鎮淳▽全羅北道・金瑞圭▽黄海道・韓圭復▽江原道・李範益-とやはりみんな朝鮮人である。
 京畿道、全羅北道、慶尚北道、慶尚南道、咸鏡南道の巡査教習所の所長も、それぞれ朝鮮人が務めていた。警察署の署長は日本人が多いが、ナンバー2にはおおむね朝鮮人が配されてもいる。
 これが実態だ。現場の官憲はほとんど朝鮮人であり、幹部クラスも別に日本人が独占していたわけでも何でもない。
 仮に、証拠が見つかっていない官憲の「直接加担」が万が一あったとしても、その実行の主体は日本で、責任の所在も日本側だけにあるとどうして言えようか。
 荒唐無稽であり得ないが、韓国の反日団体が世界で風説を流布しているように、日本が本当に20万人もの少女を朝鮮半島で強制連行していたとしたらどうか。朝鮮人も紛れもない共犯であり、むしろ実行犯であるということになる。
 昨年10月、河野談話作成時の事務方トップだった石原信雄元官房副長官にインタビューした際に、「当時の巡査はほとんどが朝鮮人ではないか。その点をどう考えるのか」と聞くと、あっさりとこう語った。
 「そうですね。実態はそうだ。韓国側の巡査なんですよ。あの連中はね、自分の立場をよくするために相当なことをやっているわけですよ。向こうの人が」
 その上で石原氏は、こう続けた。
 「でも、それはわが方(日本側)が言ってもしようがない。(警察は)朝鮮総督府の管轄下にあったわけだから。(日本は)総督府と関係ないとはいえない」
 石原氏の言う「相当なこと」が実際どうだったのかはつまびらかではない。ただ、慰安婦問題が相当、ねじれゆがんで伝えられているのは確かだ。(あびる るい)

 

えんざん

 投稿者:ふうさん(64)  投稿日:2017年10月15日(日)21時28分26秒
返信・引用
  「遠山(えんざん)の目付」

 はるか遠くの理想を見すえて暮らす習慣をつけると、
いつの間にか、もう一人の自己を遠くから、
内なる自分を観るようになってくる。

 そのもう一人の自己とは、環境に束縛されず、
時間にも、空間にも、限定されない、本当の自己だ。

 尊敬する人のパワーを吸収し、念ずる神仏のエネルギーが、
自由に顕現すると、。
 

ばか

 投稿者:ふうさん(64)  投稿日:2017年10月15日(日)21時26分52秒
返信・引用
  ○バカは体験の学校でしか学ばない

 バカで無い人間は、、、

  ①体験によって得た知識
                 ・・・から知恵を出すと。
  ②勉強によって得た知識


  さて、人さまの知識の蓄積の上で、胡坐をカイテ、、、大風呂敷を広げて、、、る私は、
 バカよりもバカの、大馬鹿者にあるに違いないと思う日々である。
 

けがれ

 投稿者:ふうさん(64)  投稿日:2017年10月15日(日)21時24分57秒
返信・引用
  ○けがれ ― 気枯れ

 言葉の使い方と、心の中のイメージの描き方が原因。。。


 言葉と、イメージは密接に関係しており、

消極的、悲観的な言葉を使うと、そのようなイメージで

心の中が満たされ、積極的、楽観的な言葉のみを使うと

イメージばかりではなく、運命までも

ぐんぐん開かれていくと、。
 

レンタル掲示板
/309