teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. ぽろりっ(0)
  4. ぽろりっ(0)
  5. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全5)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


われづくり・ひとづくりの恩送り。

 投稿者:三方限古典塾の塾生 納利一 78歳  投稿日:2018年 4月 1日(日)04時27分1秒
返信・引用
   先人の御恩を受けて、われづくり。御恩返しは明日への、ひとづくり。

 人類社会の健康・調和・永続は教育の健康から。教育の健康は自分教育(われづくり)の健康から。

 われづくり・ひとづくり・かけはしづくり・チームボサツづくり・むらまちづくり・国づくり・世界づくり・地球調和づくり。
 
 

人生の健康は生死哲学の健康から。

 投稿者:三方限古典塾の塾生 納利一 78歳  投稿日:2018年 3月30日(金)07時43分10秒
返信・引用
   万人共通の健康な生死哲学はまだないのかもしれない。三方限(甲南校区)古典塾の塾生たちも、塾長の別府義昭先生の御指導の下、古今東西の古典などに学びつつ生死哲学の健康づくりを続けている。
 世界中のみんなが、自分の生死哲学の未熟さが自分の人生を不健康にし、身近な人々の人生をも不健康にしていることに気づけば、より健康な生死哲学づくりへの道がひらけていくのではなかろうか。
 すべての健康は教育の健康から。われづくり(自分教育)に始まる・ひとづくり・かけはしづくり・チームボサツづくり・むらまちづくり・国づくり・世界づくり・地球調和づくりに期待したい。人間・社会・自然・地球の健康・調和・永続のために。

 「生死哲学の健康。甲突川」をキーワードに検索すると、「自分流生死哲学のすすめ。」、「世界中の子どもたちに言葉と哲学の教育を。」などがヒットする。
 

天年無限・地球調和。

 投稿者:三方限古典塾の塾生 納利一 78歳  投稿日:2018年 3月28日(水)07時05分0秒
返信・引用
   我は天年・宇宙は無限・地球は調和。

 「天年無限・地球調和。」をキーワードに検索すると、「なぜ生きる・どう生きる・どう死ぬ・その後どうなる・その後をどうする。」、「平和・調和・幸せ・共生・循環・永続。調和哲学。」、「甲突川健康新聞。」、「甲突川健康掲示板。」などがヒットする。
 「天年無限。」で、「我は天年・宇宙は無限。」などがヒットした。
 「地球調和。」で、「地球的調和時代は世界的江戸時代から。」などがヒットする。
 「我は天年・宇宙は無限・地球は調和。」で、「鹿児島市医報:われにきびしく・ひとにやさしく・うそつかず・みんなが調和し幸せに。」などがヒットした。

 
 

Re: なぜ自裁なのか?

 投稿者:瀬戸山豊74歳  投稿日:2018年 3月26日(月)15時24分39秒
返信・引用
  > No.3263[元記事へ]

知分72歳さんへのお返事です。

私も同じような意見ですが、私が思うのはこのような普通?の人間と思われる人たちが理解できないような文章が知識で在り知性なんだろうか?と思う事です。
左がかった思想の人間達がありがたかって来た、思想を打ち砕いてしまう。
江藤氏はまだいいとしても佐藤優氏や西部氏の論理には共鳴しますがなかなか理解できません。

まだよっぽど納先生のような理想と空想の方が分かりやすいですがどうも薄っぺらく感じて仕方ありません。
私自身が薄っぺらいからだと思います。
知性とは何なのか?難しい事を理解することなのか?宗教が教えてるみたいですが戦後生まれの表層文化に育った我々にはどうも今一で私の場合はめんどくさいので死ぬまで走りつけてみようと思ってます。
そこに何かがあるとしか思えません司馬著「南蛮のみち」の中でザビエルが何を目指したのか読み続けています。


>  江藤淳が19年前に最愛の伴侶を亡くして1年足らず「生きる気力をなくした」と遺して自宅で自裁したことについて、その理由を伴侶との別れとする論を目にして、その通りだろうと思っていました。今度改めて氏の「南洲残影」と「アメリカ物語」を読んで感じたことがありました。
> 江藤氏は、伴侶の死もさることながら「戦後から50数年の我が国の政治や世相の有り様に絶望し、生きる気力をなくしたのではなかったのか」ということです。
>  今また、今年1月に自裁下した西部邁氏の「日本の保守思想」を読んでいます。氏の文章は私の読解力をはるかに超えていますので理解不十分の上に、まだやっと三分の一程度読んだだけですが、西部氏も巷間では江藤氏と同じ自裁の理由を言われています。しかしこちらも「戦後の小児病化した平和論や軽薄な民主主義論争その他の世相に絶望し、生きる気力を失ったのではないのか」との思いを消すことができません。
>  浅学の身をも顧みずにそう考えると、返す返すも我が国にとってかけがえのない貴重な知識人を失ったのではないかと惜しまれます。
 

過去人・現在人・未来人。

 投稿者:三方限古典塾の塾生 納利一 78歳  投稿日:2018年 3月25日(日)15時20分2秒
返信・引用
   老人は死んだつもりで、過去人と共に考え、生かされている間は、現在人と共に、未来人のために生きると、よかろう。人生かけはし・生涯かけはしづくり。

 「人生かけはし・生涯かけはしづくり。」をキーワードに検索すると、「鹿児島市医報:学校保健の健康から人類の健康と永続を。」などがヒットする。
 

なぜ自裁なのか?

 投稿者:知分72歳  投稿日:2018年 3月25日(日)15時15分25秒
返信・引用
   江藤淳が19年前に最愛の伴侶を亡くして1年足らず「生きる気力をなくした」と遺して自宅で自裁したことについて、その理由を伴侶との別れとする論を目にして、その通りだろうと思っていました。今度改めて氏の「南洲残影」と「アメリカ物語」を読んで感じたことがありました。
江藤氏は、伴侶の死もさることながら「戦後から50数年の我が国の政治や世相の有り様に絶望し、生きる気力をなくしたのではなかったのか」ということです。
 今また、今年1月に自裁下した西部邁氏の「日本の保守思想」を読んでいます。氏の文章は私の読解力をはるかに超えていますので理解不十分の上に、まだやっと三分の一程度読んだだけですが、西部氏も巷間では江藤氏と同じ自裁の理由を言われています。しかしこちらも「戦後の小児病化した平和論や軽薄な民主主義論争その他の世相に絶望し、生きる気力を失ったのではないのか」との思いを消すことができません。
 浅学の身をも顧みずにそう考えると、返す返すも我が国にとってかけがえのない貴重な知識人を失ったのではないかと惜しまれます。
 

人・人間・社会・自然・地球の健康・病気。

 投稿者:三方限古典塾の塾生 納利一 78歳  投稿日:2018年 3月25日(日)04時21分23秒
返信・引用
   「人・人間・社会・自然・地球の健康・病気。」をキーワードに検索すると、「日本社会の病気の原因と治療」、「甲突川健康新聞:甲突川流域の人間・社会・自然の健康づくりの中で、子どもたちの心と体を健康に育む実践的研究。」、「人は、教育を受けて人間になる。」、「みんなで幸せづくり。みんなの範囲をよりひろく。」、「火事は防火、病気は予防。」、「われにやさしく・ひとにきびしく・うそつけば。」などがヒットする。  

ゴミ ・・・ Re: 司馬遼太郎著「愛蘭土紀行」

 投稿者:ふうさん(53)  投稿日:2018年 3月23日(金)23時33分10秒
返信・引用
  > No.3260[元記事へ]

瀬戸山さんへ

そうですかぁー、、、名医のところへ行かれました。  m(_T_)m

 わたしなどは、性根がユガンデイルものですから御指導をいただきますと、
アマノジャクな性格が、少しは矯正されるような感じが致します。

今までは、、、その昔は、眼だけは異常が無かったので自慢でしたが、
いまは老眼やら、なんやらで精神も病んで、
外観・脳みそは勿論、総てが悪いです。

国粋主義者ですか、昭和維新の歌を高らかに張り上げた若い時もあったですが。
私はヒダリでも、ミギでも、真ん中でも無いですからね。

ただ自然を愛する自由主義者的な感じで、生きることに負担を感じない
日々を至上として、いい加減に生きている。

「それにしても良い先生だ、金にもならんことに付き合う」、
たぶん御家系でしょうか。
御血筋は何代も、何代も医術の、血のなせる業なんでしょう、
カラダも、その中身も直そうと、カネにも成らんことまでを、
今時だと、DNAと言うことになりますか?。
品位はカラダから にじみ出て居られますよね。
これは真似しようにも出来ない、世界でしょう。

それにしても、ほんとに瀬戸山さん、何でもお詳しいですね、
文学から経済、政治、世界史まで、、、
やっぱり博識な方とは瀬戸山さんのような方を
言うのでしょう。

わたしは、いい加減な生き方をしていると思っていますので、
ゴミだと思います。ハンドルネームは「ゴミ」、53。。。
だから何と罵られようが、事実ですから仕方ありません。

本日は、日本の農業が危ないとニュースで言ってました。
65歳以上の農業従事者が全体の、、、だそうです。
あと10年もしないうちに日本は全輸入に近い状態になる。
建設業だけではなく、銀行も農業に参入して来ている。
農協は何をやっているか??
私は法的にも農民なのですけど、農協の小さな一口株主でもあり、
実は耕作らしい耕作はしていない、例のごとくサボり屋。。。

私も、いろんなところで、足もとに火が付いている状況で、ノンキに
しては居られないのですが、、、。

もう「甲突川の健康」だけではなく、いろんなことを想定しなければ
ならない状況になりつつあるのかも知れないと思います。


> 昨日薬をもらいに納病院に行きました。先着の老人と哲学論議をしておられました。
> 私の番になり 戦前の国粋主義者と戦後言われた大川周明氏の本を取り上げ読みましたか?と聞かれたので別な本で読みました。

> 北一輝にしろ必ずしも司馬文学を読んでおる為か共鳴しませんが 見直され始めたみたいだ 戦後の教育が占領軍と当時のマスコミによりすべて否定されたことが70年過ぎて見直らせ始めた。 山本七平氏の言う蘇り現象であろう。

日経の私の履歴書における宗教学者山折哲夫氏によると 日本民族の宗教観は三層になっており深層に神道、そこに仏教、表層に民主主義があるみたいな事が書いてある。

> それにしても良い先生だ 金にもならんことに付き合う、これぞ赤ひげのごくいであろうとは思うが経営は難しかろう。

アメリカと中国の貿易戦争どうなるか? 中華民族10億の民とアメリカ国民4億の民が豊かさを求めてブツカリ会う。
ふんさんの53歳は本当ですか? 愛蘭土紀行におけるアイルランド民族の不屈の思想と中華民族の文化の中心的思想がどうなるか?

理想や空想でなく 目の前の現実だ 納病院みたいなのが持続できる社会が良い社会ではなかろうか?
 

Re: 司馬遼太郎著「愛蘭土紀行」

 投稿者:瀬戸山豊74歳  投稿日:2018年 3月23日(金)17時00分49秒
返信・引用
  ふうさん(53)さんへのお返事です

昨日薬をもらいに納病院に行きました。先着の老人と哲学論議をしておられました。
私の番になり戦前の国粋主義者と戦後言われた大川周明氏の本を取り上げ読みましたか?と聞かれたので別な本で読みました。
北一輝にしろ必ずしも司馬文学を読んでおる為か共鳴しませんが見直され始めたみたいだ戦後の教育が占領軍と当時のマスコミによりすべて否定されたことが70年過ぎて見直らせ始めた。山本七平氏の言う蘇り現象であろう。日経の私の履歴書における宗教学者山折哲夫氏によると日本民族の宗教観は三層になっており深層に神道、そこに仏教、表層に民主主義があるみたいな事が書いてある。
それにしても良い先生だ金にもならんことに付き合う、これぞ赤ひげのごくいであろうとは思うが経営は難しかろう。アメリカと中国の貿易戦争どうなるか?中華民族10億の民とアメリカ国民4億の民が豊かさを求めてブツカリ会う。ふんさんの53歳は本当ですか?愛蘭土紀行におけるアイルランド民族の不屈の思想と中華民族の文化の中心的思想がどうなるか?理想や空想でなく目の前の現実だ納病院みたいなのが持続できる社会が良い社会ではなかろうか?



> 瀬戸山豊さんへ
>
> 「反抗心」、これはとても大切なことだと思います。
> 維持されていること、維持することが、とても大事、ダイジなことだと考えます。
> 人生100年と言われておりますので、日々前進と考えております。
>
> どこかの国の、共産が、社会主義者が、日本の、これは「民主主義」では無いなどなどと、、、
> 国会や、どこそこで言っておられますが、マスコミが、ますゴミが「プーチンが民主主義による選挙で圧勝」と、謂うようなことは絶対に無く、「共産主義による共産党独裁の国家である」のですから、
> 民主主義云々と言う方がおかしいでしょう。アンタ等から民主主義云々を聞きたくない。
> 中国同様でしょう。まだソビエトのままと見ています。
>
> よく「平和、へいわ」などと言いますが、「和」を平らかにするもので、
> 「平和」とは戦いが無くなる訳では無いのです。平和とは終わりでは無いのです。
> いつまでも「和」にする闘争(たいらかにする)が消えないのです。
> これは武道の心得にもあるのですが、簡単な思考では説明できない事柄です。
>
> 「自由と民主主義とは全く別物で」、、、その通りなんですよね、同感。
> 「現実に生きるのと理想に生きるのとどちらが価値あるのか?」、私にはドチラも同じで、
> 価値などを考える、いつもアンマリ考えて居ないので、、、どうでも良いことではあるのですが。
> 科学は、空想から生み出されている面もありますからね、現実とか、理想とか、などなど拘り無く
> 適当にやっていますので、、、。
>
> 「現在は一瞬であり AIが人工知能を上回り人類は滅びる」、これは昔から当地でも
> 言われてますように、「過去や現在は、もうスンダこと」、先の先を考える。
> また「後の先」も、ダイジですが、いまは進む速度が、早さが違いますね。
> 「人工知能をAIが超えている、、、」、AIの仮定による、仮定の思考の早さが並では無いのですよね。
>
> 「立ったまま生きてる」と、、、「座禅」、「禅」は座ったままとは限りません、、、
> 立った状態での禅で、「立禅」というのもありますし、武蔵坊弁慶の立ち往生というのも
> ありますし、で規定概念から脱却するのも良いものです。
>
> 信念を持って、自分流で「行きつくとこまで走り続けてみよう」には大いに賛同します。
> お世話になる訳でもなく、迷惑をかける訳でも無く、ヒトは人です。
> わたしは信念を持った方は好きです。
>
> 8時前からタップリ4時間寝て、起きてきて、思い出したように書き込んでいます。
> 今から6時まで寝ます。これから仕事です。
>
>
> > とても博識などのレベルではありませんが若い頃からの反抗心が無くならない老人で困ったものです。
> > 今日の日経一面はロシアにおけるプーチンが民主主義による選挙で圧勝する。
> > 中国における共産党独裁とどう違うのか?アメリカのトランプこれも民主主義で選ばれる。
> > 日本民族の皆仲良く平和が大事だアッパカパがどこまで通用するのか?西部氏の言う自由と民主主義とは全く別物で
> > 16世紀マキャベリーの言った「民衆とは愚かにして付和雷同的な物である」
> >
> >
> > 先日亡くなったホーキンズ博士の「現在は一瞬でありAIが人工知能を上回り人類は滅びる」理想も空想もなかろう。現実に生きるのと理想に生きるのとどちらが価値あるのか?
> > 106歳で亡くなられた日野原先生の100歳記念講演で90分立ったまま生きてると面白い事が次々起きるとか私も行きつくとこまで走り続けてみようと思います。
> >
>
 

Re: 司馬遼太郎著「愛蘭土紀行」

 投稿者:ふうさん(53)  投稿日:2018年 3月23日(金)02時35分2秒
返信・引用
  > No.3256[元記事へ]

瀬戸山豊さんへ

「反抗心」、これはとても大切なことだと思います。
維持されていること、維持することが、とても大事、ダイジなことだと考えます。
人生100年と言われておりますので、日々前進と考えております。

どこかの国の、共産が、社会主義者が、日本の、これは「民主主義」では無いなどなどと、、、
国会や、どこそこで言っておられますが、マスコミが、ますゴミが「プーチンが民主主義による選挙で圧勝」と、謂うようなことは絶対に無く、「共産主義による共産党独裁の国家である」のですから、
民主主義云々と言う方がおかしいでしょう。アンタ等から民主主義云々を聞きたくない。
中国同様でしょう。まだソビエトのままと見ています。

よく「平和、へいわ」などと言いますが、「和」を平らかにするもので、
「平和」とは戦いが無くなる訳では無いのです。平和とは終わりでは無いのです。
いつまでも「和」にする闘争(たいらかにする)が消えないのです。
これは武道の心得にもあるのですが、簡単な思考では説明できない事柄です。

「自由と民主主義とは全く別物で」、、、その通りなんですよね、同感。
「現実に生きるのと理想に生きるのとどちらが価値あるのか?」、私にはドチラも同じで、
価値などを考える、いつもアンマリ考えて居ないので、、、どうでも良いことではあるのですが。
科学は、空想から生み出されている面もありますからね、現実とか、理想とか、などなど拘り無く
適当にやっていますので、、、。

「現在は一瞬であり AIが人工知能を上回り人類は滅びる」、これは昔から当地でも
言われてますように、「過去や現在は、もうスンダこと」、先の先を考える。
また「後の先」も、ダイジですが、いまは進む速度が、早さが違いますね。
「人工知能をAIが超えている、、、」、AIの仮定による、仮定の思考の早さが並では無いのですよね。

「立ったまま生きてる」と、、、「座禅」、「禅」は座ったままとは限りません、、、
立った状態での禅で、「立禅」というのもありますし、武蔵坊弁慶の立ち往生というのも
ありますし、で規定概念から脱却するのも良いものです。

信念を持って、自分流で「行きつくとこまで走り続けてみよう」には大いに賛同します。
お世話になる訳でもなく、迷惑をかける訳でも無く、ヒトは人です。
わたしは信念を持った方は好きです。

8時前からタップリ4時間寝て、起きてきて、思い出したように書き込んでいます。
今から6時まで寝ます。これから仕事です。


> とても博識などのレベルではありませんが若い頃からの反抗心が無くならない老人で困ったものです。
> 今日の日経一面はロシアにおけるプーチンが民主主義による選挙で圧勝する。
> 中国における共産党独裁とどう違うのか?アメリカのトランプこれも民主主義で選ばれる。
> 日本民族の皆仲良く平和が大事だアッパカパがどこまで通用するのか?西部氏の言う自由と民主主義とは全く別物で
> 16世紀マキャベリーの言った「民衆とは愚かにして付和雷同的な物である」
>
>
> 先日亡くなったホーキンズ博士の「現在は一瞬でありAIが人工知能を上回り人類は滅びる」理想も空想もなかろう。現実に生きるのと理想に生きるのとどちらが価値あるのか?
> 106歳で亡くなられた日野原先生の100歳記念講演で90分立ったまま生きてると面白い事が次々起きるとか私も行きつくとこまで走り続けてみようと思います。
>
 

レンタル掲示板
/329