teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→


スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. ぽろりっ(0)
  4. ぽろりっ(0)
  5. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全5)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:1977/3683 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

怒る ・・・ Re: くよくよしない、無理しない、怒らない

 投稿者:fuusan(60)  投稿日:2014年 5月 1日(木)12時57分6秒
  通報 返信・引用
  > No.1720[元記事へ]

吉元小月さんへ

> 宇野千代さんの書いた本に
 長生きする人には、共通する三つの性格があると、書いてます。

> 一つ目はくよくよしないこと、
 二つ目は無理しないこと、
 三っ目は怒らないこと、というようにに書いてます。

> 怒ると、強い毒素が体内にたまるため、怒ってばかりいう人は、体調が悪くなるそうです。

◆ 私はDNA的に長くは生きないだろうと仮定しているので、「長生き」については、あまり考えておらないので、素通りしようかと思ったのですが、「怒る」についてヒトコト。

 よく世間では毒気にあたるとか言いますが、怒るとか、悪意の塊の方々からは、黄色い気体が発散されるようです。それを集めて、液体化して小動物に注射すると、死に至る場合があるようです。

 これを改善するには、、、数息観または数息法にて体内のカスを放出させることになりますが、少し要領が必要になります。

○下記は引用掲載です。。。

                          ○老子の三宝

  我に三宝あり。  第1に慈。  第2に倹。  第3に人を先にやる。

  慈愛があるから勇気が出る。  倹、つまりくだらぬ私心、私欲に関心がないから心
が広い。  愚人、俗人と競争などしないから自然に大物になる。  今、これに反して
慈愛を捨てて己が先に立てば、生を失ってしまう。


                       ○人物を観る原則・・・六験


【六    験】

一.之を喜ばしめて以て其の守を験す(ためす)

  喜ぶという感情は人間を浮き浮きさせ、つい良い気持ちで上っ調子になって、は
めを外す、守らなければならぬことを忘れてしまう。

  人間には守らなければならぬ分とか、節というものがあります。  子供には子供
なりの、部下には部下なりの、あるいは上に立つものは上に立つものなりの、外し
てはならぬ大事なことがあります。
  それをちょっと喜ばされたぐらいで外してしまうようでは、落第であります。

二.之を楽しましめて以て其の僻(へき)を験す

  喜ぶと楽しむとはどう違うかといえば、喜ぶは本能的感情、楽しむは理性の加わ
った場合を言います。

  音楽や書を楽しむのは、理性が発達して起こってくる感情ですから、これは楽し
むほうです。
  人間は楽しむと、どうしても僻します、かたよります。

三.之を怒らしめて以て其の節を験す

  怒りは感情の爆発でありますから、人間の節、しめくくりを吹っ飛ばしてしまい
ます。  人間はどんなに怒っても、締まるところは締まり、抑えるところは抑えな
ければいけません。

四.之を慴れ(おそれ)しめて以て其の特(独)を験す

  人間、恐れると、何かに頼りたく成って一本立ちができなくなる、独立性・自主
性を喪います。

五.之を哀(かな)しましめて以て其の人を験す

  「人」とはその人間の全体的な反応、つまり人柄であります。  人間は悲しいと
きにひとのすべてが現れるものです。
  だから人柄をみるのには哀(悲)しませるのが一番であります。

六.之を苦しましめて以て其の志を験す

  人間は苦しいことにぶつかると、ついヘコタレがちになるものです。  志とは千
辛万苦に耐えて自分の理想を遂行してゆくことですから、よく苦しみに耐えて理想
を追求してゆくような人であれば間違いないわけです。



 
 
》記事一覧表示

新着順:1977/3683 《前のページ | 次のページ》
/3683