teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→


スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. ぽろりっ(0)
  4. ぽろりっ(0)
  5. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全5)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:1876/3680 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

「哲学が人生を豊かにする。」

 投稿者:清流 74歳  投稿日:2014年 8月18日(月)11時18分0秒
  通報 返信・引用 編集済
   「哲学は知を愛するということだ。哲学者たちは、ひたすら知を愛することによって

人間の思考力を鍛えてきたのである。それは、ものごとの根本を絶えず問い直し考え抜

くということだ。世の中の常識にとらわれず、何でもかんでもとことん考えることだ。

哲学することは、私たちの心を鍛え私たちの人生を豊かにしてくれるはずである。

 問答法とは、対話によって議論の相手に自分の無知を自覚させ、より深い真理へと導

くという方法だ。

 若い読者の皆さんが、このような対話に加わり、『自分ならどう考えるか』を考えて

ほしい。そうして、哲学することを楽しみ、豊かな人生を切り開いていく糧として下さ

ること、それがこの本の一番の願いなのである。

 私は一人の親として、また教師として、教育はいかにあるべきかと考え続けてきた。

そして、正に我田引水のそしりを覚悟して申し上げるならば、やはり、子どもには哲学

教育、理性の力で論理的に考える力の育成、すなわち哲学させること、が必要ではない

かという思いに至っている。そして、私が哲学的思索の主要素として考えるのは、仮に

三つにまとめるとすれば、反省的思索、懐疑的思索、そして相対的思索である。」

                              篠原 駿一郎氏の言葉


 哲学するって、こんなこと? 著者 篠原 駿一郎。発行者 飯島 徹。2008年12月15日
未知谷発行。この本の「まえがき」と「あとがき」からの引用。


 「対話哲学。甲突川」をキーワードに検索すると、「対話哲学、座談哲学、集い哲学、

ウェブ哲学。」、「三方限古典塾へのお誘い。」などがヒットする。


 言葉と哲学の健康づくりから、かけはしづくり・むらまちづくり・地球調和づくり。

 世界中の子どもたちに言葉と哲学の教育を。

 われづくり・ひとづくり・かけはしづくり・むらまちづくり・国づくり・世界づくり・

地球調和づくり。



                                        ・
 
 
》記事一覧表示

新着順:1876/3680 《前のページ | 次のページ》
/3680