teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→


スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. ぽろりっ(0)
  4. ぽろりっ(0)
  5. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全5)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:1874/3681 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

次世代に伝えるべきもの

 投稿者:知分68歳  投稿日:2014年 8月24日(日)10時37分23秒
  通報 返信・引用
  今朝も5時半から4㎞のウオーキング。今月は23回目で計92㎞になります。年間日本列島縦断が目標です(やや無理ですが)。途中、犬の散歩やウオーキングの方に出逢います。「お早うございます」のあいさつに、応答があるのが3割で、残りの7割からはありません。

また、早朝の爽やかな空気にもかかわらず、不機嫌な表情の方がとても多いのにも考えさせられます。物があふれ生活がゆたかになったのにかかわらず、心は反比例しているのでしょうか。

ドイツの考古学者で世界漫遊の旅の途中に幕末の江戸に来たシュリーマンが、その旅行記に驚いて書いている、日本人の礼儀正しさと清潔さは過去の遺物になっているのでしょうか。

そうでもないようです。先日、甑島に2泊で行きました。そこでは行き交う人は老若を問わず皆さんが、行きずりの私どもにもにこやかで気持ちよいあいさつを反していただけました。鹿の子ユリとの出逢いとともに、とても嬉しい気分になりました。

私たちが次の世代に伝えたい大切で具体的なものがここにもあるように思います。先日、小学生を連れた若いお母さんの二組に出逢いました。「こんにちわ」と気持ちよい返事が返ってきた一組は、まずお母さんのあいさつが先で子どもの元気のよいあいさつが続きました。次に出逢ったもう一組のお母さんは知らんぷりの無表情で無視、子どもも同様でした。

経験などから築き上げた人生観としての「哲学」を、まず身近なところから、そして自分ができる事から具体的に実践し伝えなくてはと思うことです。
 
 
》記事一覧表示

新着順:1874/3681 《前のページ | 次のページ》
/3681