teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→


スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. ぽろりっ(0)
  4. ぽろりっ(0)
  5. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全5)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:1869/3681 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

あなたはどう歩きますか?

 投稿者:知分68歳  投稿日:2014年 8月25日(月)18時46分29秒
  通報 返信・引用
  またウオーキングの話です。私の4㎞コースは急坂を1㎞登って雑木林と畑抜けてだらだらと降ります。登ればそれに見あうだけ降るのは人生も同じです。登る時には、50数年昔に坂元九が歌った「上を向いて歩こう」や、司馬遼太郎の「坂の上の雲」を思い出しながら空を仰いで歩きます。

下りになると思わず足もとを見ます。禅語の「照顧脚下」(脚下を照顧せよ)を思い出します。自己を見つめ足もとに要心することになります。とかく他人の足もとはよく気がつきますが、自分の足もとはなかなか気がつきません。「汝自身を知れ」です。

最後の1.5㎞は平坦地です。残りの行程の前方をしっかりと見すえながら歩きます。吉田兼好は徒然草に「あかず惜しと思はば、千年を過ぐすとも、一夜の夢の心ちこそせめ。住み果てぬ世に、みにくき姿を待ちえて何かはせむ。命長ければ辱多し」と書いています。みだりに生死に執着せず、できるだけ辱をさらさず人生のゴールをよりよく迎えたいものと切に願っています。

時には、逆のコースを回ります。するとまったく気付かなかった風景に出逢うことが多いのも、これまた観点変更が大切な人生と同じです。私のウオーキングは体の健康もさることながら、座禅ならぬ歩禅だと思いながら2年足らずですが続いています。

それにしても、子どもたちに引き継ぐべきわが国を貶めた朝日新聞には本当に腹立たしいばかりの、まだ修行が足りない私です。
 
 
》記事一覧表示

新着順:1869/3681 《前のページ | 次のページ》
/3681