teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→


スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. ぽろりっ(0)
  4. ぽろりっ(0)
  5. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全5)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:1852/3683 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

健康と永続

 投稿者:蛙(39)  投稿日:2014年 9月10日(水)16時31分18秒
  通報 返信・引用
  「感謝 健康 永続」で検索すると「人類社会の健康と永続は「よめ・しゅうとめ」の感謝の心から」がヒットする。
その内容を紹介させていただきます。

 今日誕生した人も百年後には百歳である。その頃までには人類社会の構成員はほぼ全員入れ
替わって、現在に生かされている私たちは過去の人である。どう考え、どうしたら人類社会が健康に永続していくであろうか。このような人生の根本問題を患者さんたちとの対話の中で考えていくために「哲学内科の哲学コーナー」をつくった。ホームページ甲突川健康新聞にも公開していく。ホームページの掲示板やメールでも対話していきたい。
 対話による哲学診療では、まず最期のメッセージを考えてもらうことにしている。多くの方々が 「ありがとう」と言えるような最期でありたい、と言われる。
 父の時代からの患者さんで、今は老婦人であるが、若い頃、隣近所で「よいおよめさん」と評判だった方の言葉でである。私も「ありがとう」と言い遺せるようでありたい。しゅうとめの最期の言葉は「あなたのおかげで息子が幸福になり、孫たちが立派に育ってくれました。ほんとうにありがとう。
あなたにはきびしいしゅうとめだったと思います。それはあなたに対する期待が大きかったからです。 おゆるし下さい。」でした。この言葉でそれまでの苦労が苦労でなくなり、しゅうとめへの思いが変わり、私の人生全体が変わりました。「ありがとう」はすばらしい言葉です。実家の母の言葉「おしゅうとめさんがきびしくして下さる時は、ありがとうと思いなさい。」を思い出すことでした。思えば、しゅうとめのおかげで妻として主人を支えることができ、母として子供たちを育てることができたのです。しゅうとめへの感謝の気持が湧いてきました。ところで自分がしゅうとめとなってみて、よめたちに十分なことをしてあげられないことを反省させられます。たとえ生前にくまれたとしても、最期にありがとうと言えるようでありたいものです。
 「よめ・しゅうとめ」の感謝の心から家が健康になり、家々の健康から地域社会が健康になり、人類社会が健康に永続していくであろう、と思わされた次第であった。
 
 
》記事一覧表示

新着順:1852/3683 《前のページ | 次のページ》
/3683