teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→


スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. ぽろりっ(0)
  4. ぽろりっ(0)
  5. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全5)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:1817/3679 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

「人間の責任。」

 投稿者:清流 74歳  投稿日:2014年10月 8日(水)20時53分3秒
  通報 返信・引用 編集済
   動物は弱肉強食のジャングルの中で、遺伝子の「かけはし」のために戦い続けてき

ている。人間も弱肉強食のジャングルの中では、遺伝子の「かけはし」が終れば、体

力がなくなり、他の動物のエサになっていた。地球全体としては生命の星として調和

していた。

 農耕牧畜を始めて食物連鎖の頂点に立って他の動物のエサになることが無くなった

人類が増え続けて、生命の星の調和を乱している。

 動物として生れてきた子どもが人間になるためには、教育(文化の「かけはし」)

を受けなければならない。教育の目標である無欲・利他・感謝の理想の人間像が神仏

であるとするならば、人間は、生きている間は、神仏になれない。神仏にはなれない

けれども、人間は神仏に近づく努力をしなければならない動物である。これが全生物

に対する人間の責任である。


 「地球人の責任。」で、「生命はぐくむ地球人の責任。」などがヒットする。

 「生命の星の調和。甲突川」で、「地球的調和時代を不戦の星の上に。」などがヒ

ットした。

 「無欲・利他・感謝。」で、「利他主義のユートピアづくりは少欲・利他・感謝の

心づくりから。」などがヒットする。


 人間は神仏に近づく努力をしなければならない動物である。これが全生物

に対する人間の責任である。


 人間・社会・自然の健康・調和・永続のために、世界中の子どもたちに言葉と

哲学の教育を。








                                       ・
 
 
》記事一覧表示

新着順:1817/3679 《前のページ | 次のページ》
/3679