teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→


スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. ぽろりっ(0)
  4. ぽろりっ(0)
  5. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全5)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:1772/3683 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

墓友に思う

 投稿者:知分69歳  投稿日:2014年11月21日(金)17時34分19秒
  通報 返信・引用
  「全人類は墓友である」を読んで、そういう考え方もできるなあと思いました。これまで墓友(ハカトモ)とは、無縁社会などの社会変化によって親族の墓でなく、サークル活動などによる友人と一緒に共同墓地などに入ることを前提とした交友関係のことだと理解していました。

確かに地球は全人類の共同墓地でもあります。これを読んで、競艇の育ての親である笹川良一氏がかつて唱えていた「世界は一家、人類は皆兄弟」を思い出しました。最近は聞かれることもありませんが、世界の情勢は相変わらずであり、そのような方向には進んでいません。

昔から周辺国の人民を「東夷・南蛮・西戎・北狄」などと獣や虫扱いにする国もあり、イスラム国という新しいテロ集団も生まれているのが現実の地球の姿です。人は皆、自分が可愛く、自国が最重要であるようです。兄弟と言っても「兄弟は他人の始まり」と言うように、親子とは違って情愛も他人のように薄くなってゆくのが古来からの現実なのでしょう。

極めて不安定で危ないバランスの下で、右往左往しながら、喜怒哀楽を繰り返しながら、生老病死を経て、やがては誰もが地球という共同墓地に収まることになるのだけは確実で絶対的な運命です。わたしの場合は、とりあえずは己の分を知って、できるだけ精一杯に生きようということになります。
 
 
》記事一覧表示

新着順:1772/3683 《前のページ | 次のページ》
/3683