teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→


スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. ぽろりっ(0)
  4. ぽろりっ(0)
  5. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全5)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:1748/3679 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: 「西郷・大久保らを、はぐくんだ三方限(さんぽうぎり)から教育の健康を。」 

 投稿者:瀬戸山豊70歳  投稿日:2014年12月23日(火)16時43分13秒
  通報 返信・引用
  清流 75歳さんへのお返事です。

平等なる目もくらむような金科玉条みたいなまやかしそんなものどこにもない
平等なる教育とはどのような物か?かって湯川英樹やアインシュタインノーベル物理学者達が世界平和を掲げて連邦国家なるものを提唱し世界の進歩的文化人がこぞって賛同した事が在りました。もう誰も忘れてる。
特に日本人の進歩的文化人が声高に喚いたものです。その夢みたいな物を今だ背負い込んでるのが清流さんのごとき人達です。鳩山元首相のごとき頭に蝶ちょが飛んでるような人種が何時の時代も居る物です。
現実を正面から見るのが怖いのか?避けてとうろうとする。私は子供や社員に「逃げて逃げられるものなら逃げろ、逃げられないなら逃げるな」と言い続けています。人生とはそのような者と思ってます。
先の理想論に真っ先に反対したのが吉田茂であり岸信介です。
今の日本のこの恵まれた状況は彼らによって出来上がってると思います。その彼等を祖父にもつ安倍首相に21世紀の日本を託したいと思います。
空総論を振り回す人達を見ると反吐が出ます。生きてく価値の有る人間たちなのか?


>  「人としての教育を受けて、はじめて人となることができる。地域や社会や国家を
>
> 問わず貧富も問わず、どこで生まれようとも正しい基礎教育を15年程度は施さなけ
>
> ればならない。教育は出来るならそれぞれの国家に任せるのではなく、たとえばユネ
>
> スコのような国際機構が一手に代行した方が正しい平等公平な教育を施せる。それぞ
>
> れの国家に委ねると宗教色が強かったり特定思想が入ったり、貧困ゆえに教育が放置
>
> されたりして、結局は国家事情によって教育は異なってしまう。それでは今までと変
>
> わらぬ状態が続くことになり四海同胞の意義を持たされないだろう。
>
>  日本では1871(明治4)年7月文部省(現在の文部科学技術省)を設置、18
>
> 72(明治5)年、西郷内閣の時、学制を公布し義務教育制を実施した。
>
>  人類の未来を担う子供をしっかり教育すること、これが親や社会や国家の責任であ
>
> り義務である。国家の仕事とは子供に十分な教育を施すことが第一の責務といえる。
>
> そして子供の教育を安心して行なえる環境にすることが、国家を運営する大人の義務
>
> である。」
>                              早川幹夫氏の言葉。
>
>  道義国家を目指した、西郷吉之助。人類の未来と人間の進化のために、西郷の思想
> と哲学を。著者、早川幹夫。編集協力、沖縄自分史センター株式会社。2014年10月1
> 日、学生サービスセンター株式会社発行。より引用。
>
>
>  西郷・大久保らを、はぐくんだ三方限(さんぽうぎり)から教育の健康
>
> を。

>
>
>  教育の健康から人間・社会・自然の健康・調和・永続を。
>
>
>  世界中の子どもたちに言葉と哲学の教育を。
>
>
>  「三方限。」をキーワードに検索すると「鹿児島県立甲南高等学校HP三方限出身
>
> 名士顕彰碑。」、「三方限古典塾。」、「三方限から教育の健康を。」などがヒット
>
> する。
>
>  「西郷の国づくり哲学。甲突川」で、「西郷隆盛、敬天愛人を貫き散った、明治維
>
> 新最大の功労者。」、「世界中の子どもたたちに言葉と哲学の教育を。」などがヒッ
>
> トした。
>
>
>
>
>
>
>
>
>
>
>                                        ・
 
 
》記事一覧表示

新着順:1748/3679 《前のページ | 次のページ》
/3679