teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→


スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. ぽろりっ(0)
  4. ぽろりっ(0)
  5. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全5)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:1732/3680 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: 中庸と自己責任の取り方

 投稿者:瀬戸山豊71歳  投稿日:2015年 2月 3日(火)16時35分19秒
  通報 返信・引用
  知分69歳さんへのお返事です。

息子の居るタイに10日程居て昨日帰って来ました。後藤さんも殺されたのですね!
沸騰するアジアの中の人種のるつぼをみてると80年代の日本をみるみたいで若者達が闊歩しており老人を見かけません。30年前の日本も老人は生きにくかったであろうと想像します。
それにしても物凄いエネルギーで日本人が寄り添って暮らしてる日本と比べ年金制度も十分でない30年後どうなるのか?現地の人間に聞くと親兄弟と仲良くしてるとの事、息子達も年収3000万を目指し親会社を買収する勢いで仕事してるみたいですがそれが幸せなのか?又何時までも続く物なのか?タイもイスラム系が1割程おり親としては心配ですが日本にいる時よりはストレスを感じないそうで沸騰する経済の中でものんびりした所が在るみたいです。

今韓国でも17歳の若者がイスラム国に入ったみたいで日本の人質に感心が持たれ二人の親達が「世間に迷惑をかけて申し訳ない」のコメントに韓国社会も見習えのネットが氾濫してるとか、何かと喚き騒ぐ韓国社会をみるとさもありなんと思うものの絶対変わらないであろうと思います。
又一方日本の親をみた時息子がなったら私などどうするだろうか?考えてしまいます。
戦後の教育で育った親達が多数を占める中東日本震災の被害者達が同じようなコメントを出すのをみて日本は健全な国なのだろうな!と思い方です。

山本七平著「空気の研究」ではないですがどんな教育をやろうと縄文の中より育った日本文化の蘇り現象は続くのであろうと思います。変な教育ママみたいのが出ても世間は赦さないのであろう。
私も今回の事件をみてて昔鹿児島県庁に来てた通産のキャリアが憲法九条についてあんな物そのときになったら一日で変えてしまいますよ!を思い出しそれも怖い国だなと思い方です。自分の国を自分で守らない自己責任とは何か?息子達は責任が持てるのかどこまでが自己責任なのか?


> 瀬戸山さん、お返事を有り難うございました。わたしもここ4・5日考えてみました。芯になる真ん中の考え方の有る無しで、中庸とニュートラル・バランス感覚とは異なること賛成です。
>
> イスラム国に拘束された日本人二人に関するニュースでもこの事を考えています。「何が起こっても自己責任だ」と宣言してシリアに入国したとの事ですが、どこまで自己によって責任が取れると思っていたのでしょうか。政府を揺るがし、ヨルダンなど国際問題までに発展したことは当然予想できる結末であり、考えが甘く無謀・無責任の一言に尽きると思います。
>
>  中庸とは「不偏不倚で過不及のないこと。中正の道。アリストテレスの徳論の中心概念。例えば勇気とは怯懦と粗暴の中間。徳の次元に達する”」ことからみても、今回拘束された二人はある時は粗暴で蛮勇、ある時は怯懦の誹りを免れず、中庸という徳の反対極をいく感じです。
>
>  今のところ、日本政府の対応には納得していますが、右往左往する必要は決してないと思います。宣言した「自己責任」の取り方を見せてほしいものです。
>
 
 
》記事一覧表示

新着順:1732/3680 《前のページ | 次のページ》
/3680