teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→


スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. ぽろりっ(0)
  4. ぽろりっ(0)
  5. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全5)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:1649/3681 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

「常に親を思ふ」 ・・・Re: 「 吉田松陰 『 留魂録 』」

 投稿者:fusann(61)  投稿日:2015年 5月 1日(金)23時53分22秒
  通報 返信・引用
   「常に親を思ふ」といふ本があります。それにも書いてありますが、下記を思い出しましたので
再掲してみました。

                            平成9年4月6日(日)○○家にて

  「四元○○先生の語録より」 ・・・ 拝聴した概要

・何も話すことなんか、無いなぁー。 言うこともないなぁー。
 しかし、みんな大きくなったねぇー。

・常に母を思う
 親を大切にするということは、自分を大事にすることにもなるんだぁーね。
 僕が本にも書いてあるから、後で会社へ取りに来なさい。 まだ、有ったと思うから。

・己に私利私欲があってはならない。
 自分の腹を肥やすようではダメだなぁ。 それは、何んにも ならないな。!
 政り事をするには無私無欲でなければねぇー。

・勉強をするのは馬鹿である。 本当に馬鹿なんだね、これは。
 勉強をしないでも、分かるようでなければならないよ。
 何事も真剣に、本当に真剣にだね 考えれば分かるんだよ。
 僕は今日まで勉強なんか、したことはないよ。 それで済んできたなぁ。

○物は言わないに越したことはないし、書かないに越したことはないよ。
 何んにも ならないんだね。 これは。
 それで済むようで なければねぇー。

○男は人を許すことはあっても、人から許されるような男になってはならないよ。
 ・西郷南洲翁遺訓から
 人を恨んだりするようじゃ、腹は大きくならないよ。
 僕は今まで人から許されたこと なんかないよ。
 男は人から許されるようではダメだなぁー。

○物事を決めるのに人に相談したことはない。 自分の心の奥底の声を聞いて決断して
 きたよ。

・健康の秘訣、そんなのないなぁー。
 そういうことを考えたこともないなぁー。
 いつ死んでもいいと思っているからねぇ。


>                                        ・
>  吉田松陰 1859年(安政6年10月27日) 享年30
>
> -----------------------------------------------------------------------------
>  【永訣の書】
>
>  「親思ふ 心にまさる 親心 けふのおとずれ 何ときくらん」
>
>
> 「今、私は死を前にして、心安らかです。今更、誰を恨もうという気持ちもありません。
>
> それは命について、こう悟ったからです。
>
> 春に種をまき、夏に苗を植え、秋に実り、冬には蓄える。
>
> 人にも同じように四季があります。人の命とは歳月の長さではない。
>
> 十歳で死んでいく者は十歳の中に、二十歳で死ぬ者は二十歳の中に。
>
> それぞれ春夏秋冬があり、実を結んでいる。
>
> 私は三十歳ですが、収穫の時を迎えたと思っております。
>
> もし、同志の中で私の心を継いでくれる人がいたら、私の実は空ではない。
>
> どうか一粒の籾として、次の春の種をなれますよう。」
>
> -----------------------------------------------------------------------------
>           2015年4月26日(日)NHK放送 大河ドラマ「花燃ゆ」より
>
>
>
>
>
>
>
>
>
>
>                                        ・
 
 
》記事一覧表示

新着順:1649/3681 《前のページ | 次のページ》
/3681