teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→


スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. ぽろりっ(0)
  4. ぽろりっ(0)
  5. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全5)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:1634/3678 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

岡崎久彦著『吉田茂とその時代」

 投稿者:瀬戸山豊71歳  投稿日:2015年 5月23日(土)06時45分27秒
  通報 返信・引用
  重量感の読みごた得のある本だ、解釈憲法の限界を迎えてる今日当時なんであのような九条を受け入れたか?アメリカ民生局ケーディスなる軽薄な空想的理想を持ち出し天皇制を残すか?理想を取るか?迫る。日本の2000年の国体を維持する為時の為政者は馬鹿馬鹿しい理想を飲む事で九条を憲法とすることで納める戦勝国との間の7年間の言論統制の政策は共産主義プロパガンダによる計り知れない影響は今日に至った。

マッカーサーの天皇における尊敬と吉田茂の相性が旨く行った事は今日の繁栄を考えると奇跡に近い
であろう。護憲派なる空想家達は反安保であるし反自衛隊で在るにすぎない。最高裁がどれだけ合憲判断をしめそうが護憲を振り回す。

戦後の冷戦構造はアメリカをして理想を振り回すルーズベルト等を追いやりソ連との間の対立はソ連崩壊の1980年をもって終るが新たな覇権国が現れる。又あらたな理想を振り回す輩が現れるのも戦後7年の統治機構の後遺症であろう。戦後70年が過ぎてもまだ戦後が終らない歴史は100年をもってひとくくりするのか?世界情勢はそこまで待ってくれるのか?
 
 
》記事一覧表示

新着順:1634/3678 《前のページ | 次のページ》
/3678