teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→


スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. ぽろりっ(0)
  4. ぽろりっ(0)
  5. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全5)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:1602/3681 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

浅田 次郎著「蒼穹の昴」

 投稿者:瀬戸山豊71歳  投稿日:2015年 7月 8日(水)18時48分29秒
  通報 返信・引用
  「阿片戦争」を読んだ後これを読み返すと中国5000年の歴史の中に空想論みたいなものが起きるのだろうか?(人類皆平等)みたいな物が起きるとはとても思われない。13億の民が中国共産党の下「偉大なる中華民族の繁栄」を国是に上げて迫ってくる時垣根の無い社会だの考えるだけでもあほらしいがこの豊かな社会に育った若者達だろう。50年後の社会だの考える能力もないのだろう。

栄光ある大英帝国は1898年香港割除を求めて衰えた清朝政府に迫るが李鴻章は99年の租借を結ぶ大英帝国もそれは永久と思った事であろう5000年の歴史は1997年が来る事を知ってたのであろうし繁栄した香港をイギリスは屈辱の中で変換する事になる、日本も素晴らしい長い歴史を持った国だと思うがここに来て空想的人間があふれ出してくるのは何でだろうか?2000年前のギリシャ文明は今のていたらくだ日本もそのようになるのか?頭に蝶が飛んでる人達はその人たちで集まって空想にふけっておければよかろう。
 
 
》記事一覧表示

新着順:1602/3681 《前のページ | 次のページ》
/3681