teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→


スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. ぽろりっ(0)
  4. ぽろりっ(0)
  5. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全5)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:1567/3679 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

組織の劣化

 投稿者:知分69歳  投稿日:2015年 8月19日(水)11時56分17秒
  通報 返信・引用
  今日の新聞に「東芝再生、依然不透明」の記事がありました。東芝は江戸から明治の久留米出身発明王・田中久重が基礎を築いた会社です。かつてTVの「東芝日曜劇場」や「サザエさん」でもなじみでした。その会社が会計粉飾で危機に瀕していると聞いて驚きました。

大は国家や王朝や民族、小は会社や家に至るまで、その組織を永続させることはなかなかの至難の技であると改めて認識することでした。他の大手電器八社にも大変な状況があるようです。創業者の名と今回辞任した田中久雄社長の名とを見ると、そこに問題点が伺える感じがします。

今朝の新聞には「新経営体制を発表。人材難、経営刷新には程遠い」とあります。今私はここ1・2ヶ月、葉室麟の時代小説にはまっています。映画にもなった「蜩(ヒグラシ)の記」に始まり、橘花抄・霖雨・無双の花・散り椿・銀漢の賦など13冊を読破しました。これらの時代小説の中にさまざまの組織を劣化から守るヒントがあるように感じながら読み漁っています。時代小説を読むことは現代の問題点を考えることです。ポイントはごく当然のことながら「人」にあると思われます。「地域医療の健康」も同じではないでしょうか。
 
 
》記事一覧表示

新着順:1567/3679 《前のページ | 次のページ》
/3679