teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→


スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. ぽろりっ(0)
  4. ぽろりっ(0)
  5. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全5)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:1409/3680 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

高野山、伊勢神宮、熊野古道の旅

 投稿者:瀬戸山豊71歳  投稿日:2015年12月 6日(日)10時46分2秒
  通報 返信・引用
  三日の早朝に鹿児島をたち長年の念願であった高野山奥の院を訪れ宿坊に泊まり朝六時の寺の勤行に参加蝋燭の光の中声明の読経の荘厳な感じを味わい思いが達せられた。
奥の院へは空海が1200年前に創設してから家康はじめ光秀、信長、秀吉等々の武将の墓が林立しており一大宗教都市を作り出しているのであろう。

朝の勤行は冷え込んだ真っ暗な中蝋燭の明かりだけで読経の声が響き渡り七時近くなり外の光が入り始める頃のなんともいえないすがすがしさはなかなか味わい深いものが在り、司馬著「空海の風景」が思い出され再度読みたい気持にさせる。

我々以外の客は平日もあり外人ばかりでカナダの修行僧が通訳をしてた。出された精進料理もなかなかのもので1200年前の日本を味わった感じでした。真言密教を広めた空海の執念が21世紀の花開く感じか

仏の次は神様で伊勢神宮の外宮と内宮を訪れ五十鈴川のすがすがしい川面を見とれ明日の熊野古道の登山口の宿舎へ翌日8時50分登山口そこから四時間の古道の石畳17世紀紀州藩で作られたものらしいが人力だけでよくも造られた物だその峠を越えて尾鷲駅へ脚の膝ががくがくになり大阪空港鹿児島へ自宅PM10時着の旅年齢的にもう出来ないであろうと余韻に浸る今日です。
 
 
》記事一覧表示

新着順:1409/3680 《前のページ | 次のページ》
/3680