teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. ぽろりっ(0)
  4. ぽろりっ(0)
  5. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全5)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:1343/3686 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

教育とは何か。

 投稿者:三方限古典塾の塾生 納利一 76歳  投稿日:2016年 1月24日(日)21時18分21秒
  通報 返信・引用
   教育とは何か。教育の目的は何か。教育の目標は何か。教育の手段は何か。

 人間は社会の中に生かされる動物である。本能だけでは生きていけない。社会と調和しながら生きていける知恵と力を教えて育てるのが教育であろう。
 人間・社会・自然の健康・調和・永続のために、世界中の子どもたちに自分の頭で考え、自分の言葉で話し、自分の責任で意思決定できるようになってもらいたい。世界中の子どもたちに言葉と哲学の教育を。世界中の、それぞれの地域社会でそれぞれの地域社会の健康・調和・永続を目標に言葉と哲学の教育を続けていけば、地域社会の健康から人類社会の健康・調和・永続を期待できるようになるであろう。
 私たちに身近な地域社会、三方限(さんぽうぎり中洲小・荒田小・甲南中校区)では子どもたちの健全育成と川の健康から地球の健康を考える甲突川の集いを開催してきている。これを続けていくことが教育の健康づくり、自然の健康づくりに役立っていくことを期待している。平成15年6月1日の集いでは甲突川健康宣言が採択された。
 公益社団法人生命科学振興会(初代理事長松岡英宗)の呼びかけに鹿児島城西ロータリークラブが協力して、ロータリークラブと地域社会との、かけはしとして甲南保健クラブが誕生して、第一回ヘルシーシンポジウムと第一回講演会が開催された。その後ヘルシーシンポジウムが実行委員会(会長三木靖)主催の甲突川の集いとなり、続いてきた。

 「言葉と哲学の教育を。」で、「世界中の子どもたちに言葉と哲学の教育を。」などがヒットする。「甲突川の集い。」で、「第15回甲突川の集い。」、「甲突川の集い。」、「ひとづくり甲突川。」、「鹿児島市医師会報。」、「対話哲学、座談哲学、集い哲学、ウェブ哲学。」などがヒットした。

            参考文献
 ラッセル著、日高一輝訳 人類に未来はあるか 理想社
 田中 正著 湯川秀樹とアインシュタイン 戦争と科学の世紀を生きた科学者の平和思想 岩波書店
 イヴァン・イリッチ他著 松崎 巌訳 脱学校化の可能性 学校なくせばどうなるか? 東京創元社
 佐藤 学、勝野 正章共著 安倍政権で教育はどう変わるか 誰のための改革なのか? 改革の陰で何が置き去りにされようとしているのか 岩波ブックレット№874
 
 
》記事一覧表示

新着順:1343/3686 《前のページ | 次のページ》
/3686