teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. ぽろりっ(0)
  4. ぽろりっ(0)
  5. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全5)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:1335/3681 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ジョンKガルブレル著「不確実性の時代」

 投稿者:瀬戸山豊72歳  投稿日:2016年 1月28日(木)16時08分39秒
  通報 返信・引用
  1978年私が34歳の頃読んだだみたいだが殆ど意味はわからなかっただろうと思う者の本棚を見てると奥から出てきたので改めて読み始めた。20世紀の知の巨人達が次々と書いてるみたいで最近は昨年ピケッティーによる「資本主義の終焉」が出版されてる、又本棚を見てると1969年にはドラッガーによる「断絶の時代」が書かれており23歳の時読んだみたいだがやはり殆どわからないまま今に至るもこの年齢に成れば少しはわかるのではないかと読み始めてみてアダムスミスに始まり19世紀前半の産業革命から人類は常に不確実な時代を過してるのであろう。

現代はそのテンポが益々速くなり安定してるように見えて不確実性がまして来てるみたいだそのような中にあって何故生きるどう生きるどう死ぬ地球はどうなる

考えるだけで気が狂うであろう。20世紀の知の巨人達も現象を示しただけで答えはないみたいだ自分達で考えろどうもそれが答えみたいだ

面白い世の中で面白い人間達があふれ出した世の中なのだろう。平和と言う事かそれもどうも終わりが近いような気がする。若い世代よ!どう考える、どう生きる、どう過す。
 
 
》記事一覧表示

新着順:1335/3681 《前のページ | 次のページ》
/3681