teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. ぽろりっ(0)
  4. ぽろりっ(0)
  5. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全5)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:1279/3678 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

我は海の子

 投稿者:知分70歳  投稿日:2016年 4月 5日(火)18時08分37秒
  通報 返信・引用
  我は海の子白浪の 騒ぐ磯辺の松原に 煙りたなびく苫屋こそ 我がなつかしき住み家なれ
生まれて潮に浴して 浪を子守の歌と聞き 千里寄せ来る海の気を 吸ひて童となりにけり
高く鼻つく磯の香に 不断の花の香りあり なぎさの松に吹く風を いみじき楽と我は聞く

昔習った唱歌「我は海の子」です。明治43年に文部省唱歌となったこの歌の歌詞は、明治13年鹿児島市加治屋町生まれの宮原晃一郎さんの作であり、白浪の騒ぐ磯辺の松原は天保山海岸であることを最近知りました。先日、祇園の洲公園にある歌碑も見てきましたが、4㍍×3.5㍍ほどの立派なものでした。それとともに、文語体の歌詞がもつリズム感に心打たれました。文語というのは平安時代の口語で、それが凍結されたものだと読んだことがあります。このようなものも、後生に伝えるべき大切な遺産であろうと思うことでした。
 
 
》記事一覧表示

新着順:1279/3678 《前のページ | 次のページ》
/3678