teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. ぽろりっ(0)
  4. ぽろりっ(0)
  5. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全5)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:1227/3679 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: 見えるもの・見えないもの

 投稿者:瀬戸山豊72歳  投稿日:2016年 5月29日(日)15時26分16秒
  通報 返信・引用
  知分70歳さんへのお返事です。

都知事の姑息さを思い出しますが、司馬遼太郎著「「翔が如く」を再度読んでると30年前に読んだイメージとだいぶ違いを思います。私の30年間の人生経験が変えたのか?自分でもよくわかりませんが明治維新をやるときの大久保と西郷のまったく違う資質が巨大な権力基盤を打ち破る、次に崩壊した国家を作り直すにおいて理想を求める西郷と現実的な大久保の間に確執が起きる、舛添氏の経歴頼みの偏差値頭脳に大久保の鋼鉄のごとき信念があるのかどうかですが法治国家なるものがどうも近代国家とは思われないのですがいかがか
今の学校教育が偏差値重視に偏ってる気がして仕方がないです。



> 見えるもの 「無定見な思い上がり、さもしさ、卑しさ、みみっちさ、浅ましさ、いじましさ、こころばえ、小賢しい知恵」
> 見えないもの「ほんものの大人しての見識、品位、風格、和魂(ヤマトダマシイ)」
> 先の戦争の開戦時と終戦時の外務大臣・東郷茂徳がA級戦犯に指名されて巣鴨に拘置されている時詠んだ歌「此人等 国を指導せしかと 思ふ時 型の小さきに 驚き果てぬ」を元歌にして作ってみました。
>  「この人が 都政を指導と 思う時 型の小さきに 驚き果てぬ」 (素人の駄作でございました)
 
 
》記事一覧表示

新着順:1227/3679 《前のページ | 次のページ》
/3679