teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. ぽろりっ(0)
  4. ぽろりっ(0)
  5. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全5)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:1227/3681 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: 偏差値重視の抱える課題

 投稿者:瀬戸山豊72歳  投稿日:2016年 5月31日(火)05時42分59秒
  通報 返信・引用
  知分70歳さんへのお返事です。

偏差値教育の弊害が言われて久しいと思いますが一向改善しないという事は長い試行錯誤の中でこれが最良の物に思われてるからだと思います。民主主義制度も問題があろうが歴史はこれに代わるものがないと思われてるからでしょう。そこで私が疑問に持つものに幕末の薩摩の群像等を見るとき当時彼等17人13歳から27歳までの人間たちを何を基準に膨大な藩費を使用して選んだか?

幕府においてもそうですが幼少の時から見て大体人間の能力は育つ過程でわかると思われる。
憲法の言う「人間は皆生まれながらにして平等である」これほどの嘘もなかろう。それぞれ違った能力がある。鹿児島実業のサッカーと野球の監督と話した事ありますが入学した生徒を見てひと月もすれば甲子園に行ける生徒と国立に行ける生徒の区別はつきますよ!それでなきゃ指導者は務まらない。

教育とはそのようなものであろう。親の願望が平等であるはずがない。今にままだと日本は衰退してしまうのではなかろうか?西郷と大久保のごとき人間が生まれた環境はどうなのか?



> なぜ偏差値なのか?生徒が進学を希望する際、その現学力の相対的位置と、希望する学校のレベル(難易度)の指標を予備校が示したのが偏差値。それがペーパーテストという単一基準で選考され、企業の新卒採用の評価にもつながるところに問題があります。
> 学校では、特定学校への進学を希望する生徒・保護者の要望に応じざるを得ず、勢い偏差値を参考にせざるを得ないことになります。入試の在り方に第一の元凶はあり、特定の学校を高く評価する官庁や企業、それに保護者も一枚かんでいます。
> これでは多様化する現代社会に対応できる人材を育成するには程遠く、日本人の資質の劣化にも繋がります。入学の時には既に燃え尽きているという指摘や、高等教育に耐えられる資質を有しない者まで進学させる大学の乱立も課題だと思います。
 
 
》記事一覧表示

新着順:1227/3681 《前のページ | 次のページ》
/3681