teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. ぽろりっ(0)
  4. ぽろりっ(0)
  5. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全5)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:1106/3681 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

: 薩摩琵琶の心と技の伝承。

 投稿者:三方限古典塾の塾生 納利一 76歳  投稿日:2016年10月15日(土)17時29分17秒
  通報 返信・引用 編集済
  fusann(63)さんへのお返事です。

>       迷(めい)悟(ご)もどき
>
> 世の中は、迷うが故に三界(さんがい)は暗し、
>
> 一心(いつしん)悟れば十方(じつぽう)世界は広(ひろ)うして、
> 地獄の餓鬼も我にあり『弥陀の浄土も他にあらず』
>
> 仏とは『何を岩間(いわま)の苔(こけ)衣(ごろも)、只其儘(そのまま)の姿にて、
> 慈悲より外(ほか)にしく心(しん)はなし』
>
> 只世の中は、腹は立つとも言葉は残せ、
> 言葉少なく淳(す)直(なお)にして、濁る心(こころ)を澄(すみ)やかに持ち
>
> 『何れ人には情(なさけ)あれ』情は人の為ならず、
> 廻り廻りて小車の『後は我身の為となる』
>
> されば古人の言葉にも、聖人は人を謗(そし)らず


> 『仁者に敵はなし、大海は塵を択ばず、
> 枝高しとて、風にもろ木はあだ折れぞする』
>
> 憎まるる人には尚もよくしなへ見よ
> 『後には仲よき友達となる』

>
> 身の善し悪しは、人の上にて我身を磨け
> 『友は鏡となるものぞかし』
>
> 『吾が善きに人の悪(あし)きはなきものよ、
> 只何事も善し悪しと思ふ心を捨てて見よ
>
> 『何処の里にも住みよかるべし』
>
> 我(が)智(ち)我慢(がまん)我力(がりき)我(が)心(しん)を捨てて見よ、
>
> 弥陀頼む心は扨(さて)も空蝉の『もぬけ果てたる身こそ安けれ』
>
>     ◎島津日新公作と伝える。
>
>
>  ○私は薩摩琵琶の世界に入門はしましたが、琵琶は弾けず、叩けずで、
>  しかも歌は音痴で、挫折しましたが、、、いまだに詩歌の魅力にトリコと
>  なっています。 琵琶歌の教えは、他の東洋文学とは比べることが出来ない。
>  タマシイの叫びを感じます。


 薩摩琵琶の心と技を現在に活かして、未来へと伝承していくためには、どう考え、どうしていけば、よいでしょうか。
>   
 
 
》記事一覧表示

新着順:1106/3681 《前のページ | 次のページ》
/3681