teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. ぽろりっ(0)
  4. ぽろりっ(0)
  5. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全5)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:893/3685 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

名も無き有志が 明日も平和であるようにと 人知れず

 投稿者:●之助  投稿日:2017年 5月 6日(土)15時23分16秒
  通報 返信・引用 編集済
  マスゴミ左翼シンパsympathizer )
5波系列地上波・全国4大紙・地方紙新聞 報道機関)が伝えない真実

 過去の書き残し記事

人命は地球より重い
     と、言うが、されど 命よりも重いモノ???てあるのか・・・人類救済のための期を逃した????のか

陸上自衛隊はオウム初期の頃から
背後に 北朝鮮のコマンド部隊 が絡んでいることを把握、

北朝鮮のコマンド部隊同時上陸内乱工作を日本沿岸・原発を警戒していた。
オウムサリン毒ガス攻撃で秋田県能代市にある能代港(のしろこう)を中心に1500人北朝鮮の精鋭コマンド部隊が小型漁船に乗って 分散進行を警
原発を クサ からの攻撃を警戒 (別名『クサ』または『陽忍遠入り』とも呼ぶ
戦いの予想される敵地に数十年も親子代々忍ばせて、一たび事が起きれば敵を攪乱・攻撃する忍び)

1995年3月25日地下鉄サリン事件は、オウム強制捜査前陸上自衛隊作戦幕僚・情報幕僚・警視庁 合同オウム特捜捜査担当幹部7人を標的特定個人の オウム強制捜査妨害 攻撃テロだった。
1993年5月29日北朝鮮によるミサイル発射事件後 警視庁から戦後の初めて陸上自衛隊にoffer が
            陸上自作戦幕僚は原発など警備を策定
1994年6月27日松本サリン事件時、陸上自はオウムと把握していた
            松本サリン事件現場の土壌と、異臭事案が起きていた上九一色村の土壌のサンプリングを陸上自衛隊化学学校で分析したところ、
           見事に「サリン」が一致しました

           人工化学物質であるサリンは、人間の指紋が一人一人違うように、 生成過程により微妙に化学組成が違います。
           それが一致したと言うことは、松本サリン事件はオウムが実行犯であるとオウムの犯行であることを、
           動かぬ物証として自衛隊が警察に提供したわけです。
ところが、警察はなかなか強制捜査に踏み込みません。


親しい刑事に聞けば、「上から、オウムには手を出すな!」と指示がきている...!
 十数年後、退職した彼から手紙が届きました。
「地下鉄サリン事件は、警察の上層部が腐っていたから起こった
 でも、警察の上層部だったので13人の被害ですんだ。(自衛管スッタフは数日前から寝泊まりしていた但し作戦幕僚は地下鉄で攻撃テロにあった)
もし、自衛隊の上層部が腐れば日本が滅びる。自衛隊だけは腐らないでほしい」と・・・・

 警察の調整(作戦)会議

 その警察もやっと強制捜査に乗り出すことになり、
いわゆる「作戦会議」が行われ、自衛官として陸上自衛隊情報幕僚ただ一人参加
サティアンの中には、ドラム缶700本の薬剤、旧ソ連軍のヘリコプター、
  その他武器、弾薬がある。
  もし、彼らが強制捜査に抵抗し、彼ら本来の目的である「日本壊滅」を図ったら?
 何よりも、ドラム缶をへりに積んで、新宿、渋谷等の繁華街に撒けば、
1本サリン散布で30分後100万人が死ぬことになります

自衛隊の作戦会議なら
万一に備えて徹底して「敵の可能行動」と「最善の我が行動」が分析され、
かつ全員に徹底されます

万一作戦途中で指揮官や幹部が戦死(殉職しても、
残った隊員で最期まで「任務完遂」できるようにするために。

 ところが警察の作戦会議では一切そのような分析が行われなかったのです。
なんらオウムに関する情報さえ出ません。

会議終了後、警察の総指揮官に、どのような事態を考えている・・・・
「最悪の場合、最初に封鎖に向かう機動隊員50人~150人が死ぬかも知れない。
 でも、我々はその上で泥縄的に対処するから
「では、へりが飛び立ったら?」

「その時に考える・・・・」

TV映像には映らなかったが、 後方には2万人の陸上自衛管が待機していた
  自衛隊は独断で離陸初期に撃墜命令も出ていた

命よりも重い任務
 災害派遣においても、消防・警察と自衛隊の行動とは、
明確に「心(活動)の準拠」が違います。
消防・警察は救助活動で自ら犠牲者を出すことは許されません
人命は地球より重いと言われます。
ところが 自衛隊は命よりも重いものを背負って行動します。
「任務」そして「国家です。

任務遂行には、「戦死」も想定内です。
仮に尖閣列島防衛に出動して戦死者多数を出しても、
戦闘終了後、最期の一人の自衛官が日の丸を振っていれば
任務は達成されたことになるのです。

それ故、状況が厳しく消防でできないときは、後ろを見て警察に依頼します。
その警察が危険でできないときは後ろを見て自衛隊に依頼します。

自衛隊は後ろを見ても誰もいません
自衛隊が「できない」時は、日本の「終わり」を意味します。
そういう「使命観」で自衛官は行動するのです

当事、陸上幕僚監部の作戦(運用)幕僚は、班長以下10名。
その10名で日本の防衛を考えていました。気持ちは黒田官兵衛です。

へりが飛び立った時、どうするか・・』

 ...上九一色村から 都内までへりなら30分もかからないだろう 。
  飛び立ったときに仮に警察から対処を依頼されても、物理的に間に合わない。
   何よりも日本の首相がタイムリーに自衛隊に「出動命令」を出すことは望めない。


...いずれにせよ、へりで薬剤を撒かれることは絶対的に阻止しなければならない。
  100万人の国民の命にかかわる。

 そこで「ハラ」を決めました。

「飛び立ったら、直ちに陸上自衛隊の攻撃へりAH-1で撃墜する!」

 その為の攻撃へりをあらかじめ近傍の駐屯地に準備する
民間へりを落としたと言うことで国民から非難があがるときは、
この決定をした課長以下運用3人がハラを切って国民に詫びよう...。

オウムは単なる実行犯・・・・勿論オウムを作ったり背後グループがあり・・・・・

・・・・・・・・またその背後には・・・CIAが牛耳っていた。元陸上自衛隊陸将補池田整治談『これは今もTop-secret 笑』

オウム鎮圧は
現代版 無血江戸城開城(西郷と勝海舟は内乱を防いだ
背後には幕府軍にフランス軍  薩長同盟軍には英国軍がそれぞれ内乱に敵味方参戦 控え
ていた
グラバーは無血開城で上海の弾薬在庫が不良在庫化で売れ残り、手形不履行で破産した) ことを彷彿
(最近の資料で、グラバーは薩摩藩にも幕府軍にもそれぞれ200丁ライフルを売っていた。
グラバーが、日本に来た時は、20歳そこそこの青年
島津斉彬は最初は公武合体だったが、 グラバーらの進言で倒幕へと偏向していった)


この時(オウム事件)のアメリカ合衆国大統領反日ビル・クリントン 反日思想を江沢民(江沢民国家主席時代に、突如中国全土で反日教育が始まる)に洗脳されていた。そして今も火種がくすぶる『戦争したがりヒラリー』深い闇の慈善団体クリントン財団数多の犯罪の温床、外国からの巨額寄付問題 影の武器商人(個人メール事件商談に国務省のサーバーを使うわけにはいかない。ペンタゴンに漏れる為 ロシア経由で武器商談漏れたが)

 因みに当事の首相は社会党の村山首相でした。(すっかりアタマもヌルくなった老害
阪神淡路大震災発災後4日経っても、何ら指示も出さず
通常通りのミーティング等をこなしていてさすがに記者から指摘された逸話があるほどです。

より根本的な問題として、「国軍」でない自衛隊は、
法律上普段から領土を保全する権限を持っていません

すべてが警察の掌中です。
自衛隊は、知事の要請か、首相の命令がないと駐屯地から一歩も動けません

毎日のようにおこっている中国や旧ソ連・現ロシアの軍用機の対空侵犯に対する航空自衛隊のスクランブルも、
「正当防衛」「緊急避難」という警察官の職務遂行の権限行使で対処しているのです。

海上保安庁にしても、
尖閣列島や小笠原諸島の日本領海内での珊瑚等を違法操業する外国船に威嚇射撃さえできません

いずれも、万一の時は「先ず撃たれる」という自己犠牲の上での任務遂行です。

日本側からは絶対的に撃ってこないことがわかっているので、
平然と侵犯も略奪も拉致も自由に堂々と行えるわけです。

もし、通常の国家のように、任務遂行のための射撃ができるならば、
日本の領空・領海・領土を侵犯する輩など一切いなくなるでしょう。

それが国際関係の「常識」です。

戦後、そのような 戦略的あるいは兵学上の知識や学問 が、
「彼ら」の日本弱体化施策の一環として、
教育やメディア等を通じ日本人の頭から消去されていることさえ気が付いていないのです。

戦前あった先人が極めた戦略書等約7700冊が
GHQにより焚書された事実も日本人には知らされていません。

東京都庁小包爆弾事件(とうきょうとちょうこづつみばくだんじけん)とは、1995年5月16日に発生したテロ事件。オウム真理教が東京都知事青島幸男宛に小包爆弾を送り、東京都新宿区の東京都庁舎内で爆発させ都職員に重傷を負わせた殺人未遂事件
新宿駅青酸ガス事件(しんじゅくえきせいさんガスじけん)は1995年4月30日、5月3日、5月5日の三回にわたって、オウム真理教が東京都の新宿駅地下トイレに毒ガスである青酸ガスの発生装置を仕掛けたテロ未遂事件、特に5月5日の事件をいう。別名として新宿駅地下トイレ青酸ガス事件、新宿青酸ナトリウム装置事件などとも呼ばれる。
オウム真理教ソフト開発業務受注問題(おうむしんりきょうそふとかいはつぎょうむじゅちゅう問題)とはオウム真理教のダミー会社が政府機関や大企業が絡むコンピューターシステムのソフト開発業務を受注していた問題。 オウム真理教のソフト開発会社は一見外部からはオウム真理教と分からないダミー会社

新宿駅青酸ガス事件(しんじゅくえきせいさんガスじけん)は1995年4月30日、5月3日、5月5日の三回にわたって、オウム真理教が東京都の新宿駅地下トイレに毒ガスである青酸ガスの発生装置を仕掛けたテロ未遂事件、特に5月5日の事件をいう。別名として新宿駅地下トイレ青酸ガス事件、新宿青酸ナトリウム装置事件などとも呼ばれる。

自動小銃密造事件(じどうしょうじゅうみつぞうじけん)は、オウム真理教が起こした一連のオウム事件の一つ。
オウム真理教はかねてから、信者に対していわゆるハルマゲドンの到来や外国の軍隊などによる毒ガス攻撃などの予言・説法で教化を行う
一方、人類救済のためにはジェノサイドによって
日本を征服することが不可欠であるとして、密かに武装化を計画
した。
オウムは、毒ガスの開発を行う一方、ソ連軍が採用した自動小銃であるAK-74を日本で密造することを企てた
密造の参考用の見本のためにロシアでAK-74と実弾を購入し、これを分解するなどして設計の参考のためのビデオ録画、写真撮影を行うとともに、帰国の際に工具箱などに分散隠匿して日本に持ち込んだ。
最終的には1,000丁の自動小銃と100万発の銃弾を製造し、
日本の主要都市で同時多発的にサリンを散布し、ハルマゲドンを惹起
その混乱に乗じて首 都圏中枢部で二・二六事件のようなクーデターを起こし、オウム国家を建国する企てであった


亀戸異臭事件(かめいどいしゅうじけん)とは、1993年(平成5年)6月28日と7月2日に東京都江東区亀戸で発生した事件。オウム真理教が起こした事件で、炭疽菌による生物兵器テロ未遂事件であった。 1993年(平成5年)6月28日と7月2日の2回にわたって、亀戸の教団新東京総本部

富永昌宏がサリン約30ccを噴霧した。 滝本太郎は若干視力が弱まるなどの被害を受けたが命に別状はなかった。一連のオウム真理教事件が発覚するまで、気が付かなかったという。 その後も1994年10月デパートで購入したポマードと混ぜたVXガスを車のドアノブに2回塗布されたが
?

http://

 
 
》記事一覧表示

新着順:893/3685 《前のページ | 次のページ》
/3685