teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. ぽろりっ(0)
  4. ぽろりっ(0)
  5. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全5)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:843/3686 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: 東洋の理想の楽園

 投稿者:瀬戸山豊73歳  投稿日:2017年 6月24日(土)14時55分22秒
  通報 返信・引用
  > No.2887[元記事へ]

●之助さんへのお返事です。

東洋の理想の楽園
幕末から明治へ日本民族が古代からはぐくんできた文化を現代の我々は忘れてしまいそれこそ「もっともっと」みたいな民族になり下がったのか?理想はどれだけあっても良いのだろうが空想ではどうしようもない。
東洋の理想は別に空想でもなく現実にあった社会だ、それに比べ中国古代の儒教は理想を述べてるだけで現実にあったとは思われない、

中国5000年の歴史の中で古代ローマ文明と劣るとは思われないが皇帝の選挙と言う発想がなぜ起こらなかったのか?「人望の研究」のよれば天からの人望によって皇帝が生まれると言う。
私が思うにたぶん日本民族の一部には中国古代からの理想とする思想が脈々として流れてるのだろうと思う。
私にはバカバカしくて仕方ないが「生麦事件」における薩摩藩と長州を見ると時代が違うとは言えよくもこのような集団が存在したものと思う。

北朝鮮を見てると当時の薩摩長州を見るようで韓国は吸収されるのではなかろうか?

> 日下部金兵衛・日光街道杉並木(撮影年度不祥) ←クイックすると リンク先に飛びます。(写真)
> 【Ctrl】と【+】を同時に数回押すと画像が好みの大きさに拡大されます。
> 元に戻すには、【Ctrl】と【0】を同時に押すと戻ります。注意【P】の上の【0 わ】です
> 恐らく 明治時代
>
> イザベラ・バード(Isabella Lucy Bird)という人は、英国人の女性旅行家・紀行作家です。
> 生まれたのが1831(文政13)年、亡くなられたのが1904(明治37)年です。

>
> 彼女は、江戸~明治期のシナ、韓半島、日本を紀行し、数々の写真とともに、当時の3国の状況を仔細に観察し、述べています。
> 彼女は、1878年(明治11年)6月から9月にかけて、東京を起点に日光から新潟へ抜けての旅をしました。
> そして栃木から鹿沼市へ抜ける日光杉並木を観て、「よく手入れされた麻畑や街道沿いの景色に日本の美しさを実感した」と綴っています。
> また日光で滞在した金谷邸では、その内外に日本の牧歌的生活があると絶賛し、ここに丸々2週間滞在したうえ、日光の景勝地を探訪しています。
> 日光滞在10日目に訪れた奥日光では、梅雨時の豊かな水と太陽に育まれた植物・・・
> コケ、シダ、木々の深緑、そして鮮やかに咲き誇る花々が、中禅寺湖、男体山、華厳滝、竜頭滝、戦場ヶ原、湯滝、湯元湖を彩る様子を闊達に描写し、惜しみない絶賛を与えています。
> 街道の終点である湯元では、温泉を訪れている湯治客の様子を詳細に記し、その宿屋が
> 「たいへん清潔である」と評し、
> そして
> 「ここは埃まみれの人間ではなく、妖精が似合う宿である」とまで形容した。
> さらに山形県の赤湯温泉では、置賜地方を「エデンの園」と称え、
> その風景を「東洋のアルカディア」と評した
> ※アルカディア=ギリシャ神話に出てくる理想の楽園

>
> 「私はそれから奥地や蝦夷を1200マイルに渡って旅をしたが、まったく安全でしかも心配もなかった。世界中で、日本ほど婦人が危険にも無作法な目にもあわず、まったく安全に旅行できる国はないと信じている。」
> 「私は、これほど自分の子どもをかわいがる人々を見たことがない。
> 子どもを抱いたり、背負ったり、歩くときには手をとり、子どもの遊戯をじっと見ていたり、参加したり、いつも新しい玩具をくれてやり、遠足や祭りに連れて行き、子どもがいないといつもつまらなそうである。」
> 「いくつかの理由から、彼らは男の子の方を好むが、それと同じほど女の子もかわいがり愛していることは確かである。
> 子どもたちは、私たちの考えからすれば、あまりにもおとなしく、儀礼的にすぎるが、その顔つきや振舞いは、人に大きな好感をいだかせる。」

>
>
> 事件・事故に会わず無事に大人になりますように
>
>
> 【海外の反応】ある1枚の写真に驚愕・感動の涙
>
>
> 武士 の 武は 戈 ホコを 止める 会意漢字 攻撃を止めると習ったが
>
>
>
> 侍 サムライ ヘブライ語でシャムライ(守る者)
>
>
>
> 日本語とヘブライ語の共通性は、ユダヤ人言語学者ヨセフ・アイデルバーグ氏だけではなく、多くの研究者たちが指摘しています。
>
>
> ?
 
 
》記事一覧表示

新着順:843/3686 《前のページ | 次のページ》
/3686