teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. ぽろりっ(0)
  4. ぽろりっ(0)
  5. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全5)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:780/3679 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

三従四徳。

 投稿者:三方限古典塾の塾生 納利一 77歳  投稿日:2017年 7月17日(月)19時51分15秒
  通報 返信・引用 編集済
   四つの徳を身につけ、三つに従う三従四徳とは主婦の健康づくりの教えである。すべての健康は主婦の健康から。

 人の健康は心と体と気の調和。人間の健康は社会の健康、自然の健康すなわち地球の健康の中にある。
 社会の健康は家庭の健康から。家庭の健康は主婦の健康から。
 修身・斉家・治国・平天下・地球調和。われづくり・ひとづくり・かけはしづくり・チームボサツづくり・むらまちづくり・国づくり・世界づくり・地球調和づくり。

 主婦の健康・家庭の健康・学校の健康・職場の健康・地域の健康・市町村の健康・県の健康・国の健康・世界の健康・地球の健康。主婦は太陽。地球の健康は主婦の健康から。主婦の健康は宇宙無限の中にある。

 三従とは、父親に従い、主人に従い、子に従うことである。
 父親の娘であることで世間から認められる。母親に協力して父親がより立派になるようサポートっしていくことで娘の評価も高まる。
 主人の妻であることで世間から認められる。主人がより立派になるようサポートしていくことで妻の存在価値も高まる。
 子どもの母親であることで世間から認められる。子どもがより立派になるようサポートしていくことで母親の評価も高まる。

四徳とは、婦徳・婦容・婦言・婦工。
 婦徳とは女らしい道徳。婦容とは女らしい容姿。婦言とは女らしい言葉使い。婦工とは料理など家事の技術。


 「三従四徳。」をキーワードに検索してヒットした論考「女性研究者リレーエッセイ 三従四徳。」、「儒家文化の女性倫理について 貞節行為の原因分析を中心に。」などを読みながら考えさせられたことを上記のように作文してみた。作文しながら社会の病気の原因と治療について考えさせられた。
 
 
》記事一覧表示

新着順:780/3679 《前のページ | 次のページ》
/3679