teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. ぽろりっ(0)
  4. ぽろりっ(0)
  5. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全5)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:537/3601 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: 恩送り・多世代交流。

 投稿者:瀬戸山豊73歳  投稿日:2017年11月17日(金)16時26分29秒
  通報 返信・引用
  > No.3111[元記事へ]

三方限古典塾の塾生 納利一 78歳さんへのお返事です。

先日106歳で亡くなった日野原先生の100歳の講演で日野原先生は1時間30分立ったまま話続け生きると言う事は面白いと話されたみたいだ、生きてると次から次と面白い事が起きるとか
私も73歳ながら面白い事が次々起きると思って何時死んでも良いと思いながらも死ぬわけには行かない、
最大の興味は戦後70年間夢みたいな空想を描いてきた「人類皆平等仲良く平和に」みたいな国連憲章が崩れ去る事である。
当たり前の事が生きてるうちに当たり前になる。それを見届けて死にたいと思ってる。
生きてるとワクワクするものが起きるものだ!



>  満78歳の老人になるまで生かされてきた。なぜ老人になれたのか。老人の仕事は何か。老人の生きがいは何か。老後をどう考え、どう生き、どう死に、その後をどうすればよいか。
>
>  老人の仕事は恩送り。先人の御恩を受けて、われづくり。御恩返しは明日への、ひとづくり。われづくり・ひとづくりの恩送り。
>
>  老人の生きがいは多世代交流。多世代交流で恩送り。人間・社会・自然の健康・調和・永続のために。
>
>  過去人のおかげで老人になれた自分も過去人になったつもりで、現在人と未来人のために「死んだつもりで生きる」とよいのではなかろうか。
>
>  「死んだつもりでいきてみる。甲突川」で検索すると、「死んだつもりで生きてみよう。」などがヒットする。
 
 
》記事一覧表示

新着順:537/3601 《前のページ | 次のページ》
/3601