teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. ぽろりっ(0)
  4. ぽろりっ(0)
  5. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全5)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:477/3600 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

「西郷どん」をめぐって

 投稿者:知分72歳  投稿日:2018年 1月30日(火)12時03分42秒
  通報 返信・引用
   NHK大河ドラマ「西郷どん」に加えて、南日紙連載小説で久光の家老・小松帶刀を中心にした「曙の獅子 薩南維新秘録」もあって、明治維新前夜の薩摩の動きを見直しています。
 ただ、テレビでは現在1851年(西郷24歳)、新聞は1862年(同35歳)の頃で約10年の差があり、その間を整理しておかないと頭が混乱してしまいます。
 それにしても、斉興の家老で藩財政を立て直した調所広郷の服毒自殺、小松帶刀の35歳での病死、儒者・山崎闇斎の孫弟子・有馬新七の寺田屋での慚死、お由羅騒動で切腹した斉彬側近の赤山靭負など、この薩摩の地に実に多くの有能な人材が輩出しながらも、無念の最後を遂げたことに驚くばかりです。
 久光の公武合体派、西郷や大久保・有馬の尊皇倒幕派との絡み、戦後政財界の精神的支柱であった安岡正篤氏に「天性の大仁者というその評の通り文句なしに君子型の典型」と言わしめた西郷に、崇高で堅固な徳性と学識を植えつけたその背景、中央政界での藤田東湖や橋本左内等著名人たちとの交流など興味は尽きないところです。
 
 
》記事一覧表示

新着順:477/3600 《前のページ | 次のページ》
/3600