teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. ぽろりっ(0)
  4. ぽろりっ(0)
  5. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全5)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:287/3445 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

城山三郎著「男子の本懐」

 投稿者:瀬戸山豊74歳  投稿日:2018年 2月25日(日)16時22分24秒
  通報 返信・引用
  何回目だろうか?やっとその凄さが理解できた。
100年程前浜口内閣は井上財務大臣と二人して金解禁に及ぶ、今の経済と違い日本の国力は円が暴落することで失業が蔓延して不安が押し寄せる。
そのような中での金解禁が何を意味するか?

今なら円が下がる事で輸出は増え景気がうわむくだろうが当時はインフレでどうにもならないその中で未来の日本を考え基軸通貨の金を解禁し円の暴落を招くが説を曲げない二人は暴漢に襲われ死を遂げる「男子の本懐」だの言葉を残す、西郷、大久保の後にもこのような人間達が今日の日本を作って来たのであろう。

あまりにもの平和の中「空想的夢みたいな」未来を考える人間達とどうも違う気がする。
 
 
》記事一覧表示

新着順:287/3445 《前のページ | 次のページ》
/3445