teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. ぽろりっ(0)
  4. ぽろりっ(0)
  5. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全5)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:203/3383 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: 博識と知性の自裁

 投稿者:瀬戸山豊74歳  投稿日:2018年 3月 9日(金)14時40分58秒
  通報 返信・引用
  > No.3235[元記事へ]

知分72歳さんへのお返事です。

投稿を読んでいただきありがとうございます。
私などこんな下らんHPなど誰が読むものか?と思ってますが投稿した人達は読んではいるのでしょう。
ところで江藤淳もそうですが城山三郎氏も「もう君はいないのか」で最愛の連れ合いを先に亡くし嘆いていました。

私の親父もお袋が危なかった時おろおろして先に死なんといかんと言ってました。私から見ると全く違う夫婦が良くも一緒に生活できたものだと思いますが親父が亡くなり10年ほどしてお袋が亡くなり我々が実家に戻ってきてここを終の棲み処で暮らす事の幸せを味わってます。

ところで今西部邁著「保守の神髄」を読んでますがその中で「現実でない理想など空想に過ぎない」国連などその類みたいな事を述べる。ものすごい読書量とそれを理解し記憶してる頭脳などどのような物なのか?
司馬記念館の三万冊の蔵書をデザインした記念館は司馬氏の頭脳をイメージしたと述べてるがこのようなものか?甲突川健康新聞も下らん空想論でなく外部からもう少し知性的な物が加わればと思いながら投稿します。



>  ふうさん様の「西部邁氏の自裁」を興味深く拝読しました。
> その中で、瀬戸山様からの引用「あれだけの博識と知性をもってしても最愛の連れ合いを亡くすことはそんなにつらい事なのか」「それもあるのだろうが彼の社会学的学問の中での国の自立や命に対する考え方に幻滅を感じてたのであろう」を読んで、2日・私の投稿文中の「南洲残影」著者・江藤淳のことを想いました。
>  彼も最愛の連れ合いを亡くして1年、「生きる意欲をなくした」と遺して自宅で自裁しています。両氏に共通する「すぐれた博識と知性」故に現今の政治的・社会的状況に幻滅し、それまで支えてくれた相方を失って耐えられなかったのだろう、と考えています。
 
 
》記事一覧表示

新着順:203/3383 《前のページ | 次のページ》
/3383