teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. ぽろりっ(0)
  4. ぽろりっ(0)
  5. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全5)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:128/3444 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

司馬遼太郎、山折哲夫著「日本とはなにかということ」

 投稿者:瀬戸山豊74歳  投稿日:2018年 5月17日(木)13時28分40秒
  通報 返信・引用
  日本民族の宗教観の根底には無常観と言うものがありその上に成り立ってるとか戦後生まれの我々世代には無神論なるものがあるように思えるが、

一神教の西洋社会や日本以外の国々において無神論とは神との契約を断ち切ると言う事で日本民族には想像すらしがたい、明治の科学者寺田寅彦が日本民族は古来から自然災害の中無常感がしみついており司馬氏はこの無常観なるものを世界共通言語で簡明に説明できないと世界民族に理解してもらえないであろうと述べてる

宗教学者の山折氏は日本民族の宗教構造は三層構造になっており深層に神道がありその上に仏教が乗っかっているとか

表層に薄っぺらい民主主義が乗っかって夢みたいな空想がはびこるのであろうとわたくしなりに解釈してる。
私もそうだがこの無常観なるものを説明するなど出来るものではなかろう。日本人同士なら説明も要るまい

そこに無責任な無神論なるものが起きるのであろう。
 
 
》記事一覧表示

新着順:128/3444 《前のページ | 次のページ》
/3444