teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. ぽろりっ(0)
  4. ぽろりっ(0)
  5. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全5)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:243/3598 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

自分流生死哲学のすすめ。とは

 投稿者:●之助  投稿日:2018年 6月 3日(日)10時18分55秒
  通報 返信・引用 編集済
  鉄人28号さんへのお返事です。

何も食べたいものは無い。
 おカネも要らない。
 欲しいものは何も無い ただ優しい言葉だけは欲しい。』

これは、まさに名言、と言うより
年寄りに寄り添う時の、決して忘れてはならない。
座右の銘 
保存版ものですね!甲突川健康掲示板 閲覧最大の収穫
小生も、シマッタ もっと!10年前に知っていたかった。と、
思う、反省の日々



百回を目標に読んでいるうち、幸運になるかも? 神話





***********//***********//***********


太古の昔、どんな願いでも叶えてくれる神 ルキフェルがいました。

旅人イオンは自身の願いを叶えてもらうため

神 ルキフェルを求め世界中を旅します。

ある時は、真っ赤なマグマが流動する火山の噴火口。

またある時は、密林のジャングルを。

そしてまたある時は、気温50度を超える砂漠地帯に・・・

ルキフェルがいるとされているすべての聖地に足を運びます。

旅の途中、何度も命を落としそうになりますが、

それでも神 ルキフェルに出会うことはできません。

最愛の家族を残し、イオンは40年という人生の大半を使います。

そして、とうとう不治の病になってしまったのです。

医者から余命一週間と告げられ、絶望の淵に立たされるイオン。

しかし、ある夜、奇跡が起こります。

イオンがふと目を覚ますと、

自身の寝室に神 ルキフェルが立っていました。

毎日、毎日、40年間思い続けてきた光景がそこにありました。

そうです。

とうとう、願いが叶ったのです。

しかし、あまりの神々しさに身動き一つ取れず固まるイオン。

そこに、神 ルキフェルが尋ねます。

「旅人イオンよ、お前の望みはなんですか?」

「・・・・!!」

イオンは我を取り戻し、毎日思い続けた願いを口にします。

毎日、毎日、思い続けた願いです。

「わ、わ、私を不老不死にしてください。」

そうです。

イオンの願いは自身の寿命を延ばして貰うことだったのです。

死ぬ間際のイオンの目は、極限まで見開き

異常な熱気を放っています。

そんなイオンに神 ルキフェルは尋ねます。

「その望みを叶えるのはたやすいこと。」

「しかし、寿命を延ばして何がしたいのですか?」

ルキフェルの声はとても静かに、全宇宙に広がりました。

イオンは答えます。

「私はまだまだ生きたいのです。」

しかし、もう一度、神 ルキフェルは尋ねます。

「不老不死になり、何がしたいのですか?」

「ただ生きることが目的なのですか?」
と。

その瞬間、イオンの頭に様々な思いが駆け巡ります。

「なぜ生きていかなければいけないのか?」

「死ぬのが嫌だから?」

「なんのために生きるのか?」

「!!!!!」

「私はとんでもない間違いを犯していたのかもしれない・・・」

神 ルキフェルは静かに尋ねました。

「お前は生きるためにただ生きることを選ぶのですか?」

「それとも何かを成し遂げるために生きるのですか?」

イオンはその瞬間、40年という人生を無駄にし、

家族という最愛の存在までも裏切っていたことを理解した。

そして、同じ過ちを繰り返し続けるところだった、と、

細い涙を流した。

イオンは走馬灯のように自分の人生を振り返り、

そして夜が更けていった・・・・





***********//***********//***********





>   何も食べたいものは無い。
>   おカネも要らない。
>   欲しいものは何も無い ただ優しい言葉だけは欲しい
>   とだけ、書き遺した90歳の祖母のコトバをいま思い出して、自分の毎日と比べている。



甲突川健康掲示板は ある意味セキュリティ対策が甘い 無料なら、いかしかたない事か
むしろ、Youtubuの方が安全
 
 
》記事一覧表示

新着順:243/3598 《前のページ | 次のページ》
/3598