teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. ぽろりっ(0)
  4. ぽろりっ(0)
  5. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全5)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:58/3445 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

副題に、注目

 投稿者:●之助  投稿日:2018年 6月26日(火)11時16分7秒
  通報 返信・引用 編集済
  国基研創立10周年シンポジウム
「世界の近未来を予測する―日本は生き残れるのか?」
第1部 基調講演 詳報


国基研 創立10周年シンポジウム/2018年5月17日/イイノホール
トッド博士の講演タイトル「不確実性が高まる世界――アングロサクソン世界の危機について」に、こむずかしい、いかめしすぎる、と身をひいてはならない。博士が言わんとすることは、実にシンプルなのだ。中国、北朝鮮、中東、EUそしてアメリカ…、変動きわまりない世界に日本および日本人が安全に暮らすのにはどうしたらよいのか。「フランス人左派で平和主義者」を自称するトッド博士が試みた日本への提言とは、観念的平和論者を仰天させるに十分だった。つまり、アメリカの“核の傘”ならぬ“独自の核武装”こそ平和問題の核心だというのである…。
(登壇者略歴)
エマニュエル・トッド Emmanuel Todd
 歴史人口学者、家族人類学者。1951年生まれ。現在、フランス国立人口学研究所(INED)に所属。ケンブリッジ大学に入学後、1976年に『工業化以前のヨーロッパの七つの農民共同体』と題する博士論文を提出し、博士号を取得。同年、最初の著作である『最後の転落』で、人口統計学的な手法を用いて旧ソ連の崩壊を予測した。これは数か国語に訳され、25歳にして国際的に知られるようになった。その後も、国際社会の全体的構造を家族体系により分類し、2002年に出版された『帝国以後――アメリカ・システムの崩壊』ではアメリカの金融危機を予告し、世界的なベストセラーとなった。主な著書にアラブの春を見通した『文明の接近』や『家族システムの起源Ⅰ ユーラシア(上・下)』『グローバリズムが世界を滅ぼす』『「ドイツ帝国」が世界を破滅させる 日本人への警告』『シャルリとは誰か? 人種差別と没落する西欧』など多数。





続き



私は「アメリカの皆様、フランスは核保有国ですので、きちっと私たちに礼儀を尽くしてください」というジョークをフランスのラジオで言いたいと思っているほどです。

日本に関して二点、困難で苦痛を伴う点について触れます。

二〇〇六年、アメリカがブッシュ・ジュニアの時代でしたが、私は朝日新聞のインタビューに答えて、日本は核武装について考えるべきだと提案しました。その提案の反応を私は興味深いと思いました。東京に行けば、私のオープンな態度は好感が持たれると思っていました。日本が核武装するに足る国だと認められたことは、第二次世界大戦が本当に終わったということです。

ところが、皆さんの反応は、核武装は考えていない、痛みを伴いすぎる、広島と長崎の記憶がまだ鮮明にある、というものでした。私は他人の話を理解できますし、世界の支配者でもありませんので、日本にとって唯一の安全保障の可能性は、アメリカとの同盟関係だと、そのとき、思いました。

また、ロシアとの協調が、すばらしい補完になったでしょう。それは日本の安全保障戦略にとって、好ましいものだと考えました。私は日本とロシアの歴史も知っていますし、ロシアとの問題も知っています。日本人はロシアが第二次世界大戦の末期に参戦したことで、本当に裏切られたと感じています。

しかし、私は歴史学者ですので、一九〇四年~一九〇五年の日露戦争について学びました。そこから、日本は大国として台頭しました。しかし、日本はその対価、財政的に大変な代償を払うことになるのです。約八万五〇〇〇人の日本兵が死にました。日露は歴史的に難しい問題をはらんでいますが、責任のある政治が、合理的、理性的に進める外交関係は過去の対立を乗り越えることです。

フランスとドイツは対立を乗り越えることができました。ドイツは一世紀の間、三度もフランスに侵入しています。それでも、今では良い形で協調しています。ドイツとフランスにできたことは、ロシアと日本でもできると思います。

最後に、核兵器について話します。アメリカは、現在、非合理的な突発的な発言をして、世界に混乱を招こうとしています。例えば、イランとの経済関係を分断させること。中東で混乱を招くこと。核拡散を停止するような合意から脱退すること。このことによって、北朝鮮は今後、核武装、弾道ミサイルの開発を再開するでしょう。

アメリカは、中国の南シナ海における拡張をストップすることができなかった。実際の懸念として、北朝鮮の場合ですが、日本の戦略的な状況はもう理性的、合理的とは言えません。世界第二位の技術大国でありながら、強国で大きな同盟国であっても、あまり合理的ではない同盟国に頼るのは、合理的な戦略とは言えません。日本は核武装することが、本質的な問いになってきていると思います。

再度、このことをもう少し具体的に、正確に申し上げます。フランス人にとって核兵器は、戦争の反対です。戦争を不可能にするものです。フランスが核保有国になったからこそ、信頼関係をドイツと築けるのです。核兵器は自分のためだけに使えるものです。従って、アメリカの核の傘というのは、ジョークだと思います。アメリカは、自国のためにだけ核兵器を使い、日本を守るために使うことはないでしょう。同じように、ドイツを守るために、フランスが核を使うことはありません。核兵器は自分のためにあるのです。

日本での議論はさまざまに入り組んでいて、第二次世界大戦に言及したり、国家主義の問題が提言されたり、左派と右派の対立について議論されたりしています。私はフランス人の左派で、平和主義で戦争は嫌いです。そんな私が、日本も核武装について考えてほしいと提言するのは、大国、強国になるためではなく、世界の権力の問題から解放されるためです。核武装は、国家主義の反対だと考えています。


https://jinf.jp/wp-content/uploads/2018/06/7bf36643f8e63c4f1865c59931893139.pdf
 
 
》記事一覧表示

新着順:58/3445 《前のページ | 次のページ》
/3445