teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. ぽろりっ(0)
  4. ぽろりっ(0)
  5. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全5)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:186/3597 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: 原発と無常観

 投稿者:●之助  投稿日:2018年 6月30日(土)16時43分54秒
  通報 返信・引用 編集済
  (この投稿は一連の連載投稿とは、関係ありません。)
瀬戸山豊68歳さんへのお返事です。

> 日本民族が持つ長い歴史の中にある複雑にして深遠なる心理はなんであろうか
> 単なる表面的な希望的観測など高々知れた戦後の思想ではなかろうか?
> どこかの「人類皆平等」みたいな標語と比べてしまう。
> 日本民族の持つ2000年の歴史は柔な思想とは思われないがどうであろう!
https://8108.teacup.com/tomonori/bbs/1167



(小生のライフワーク?なのか 強迫観念に囚われているのか)

シュメール文化(文字) 神と言う概念を創り出した ⇒ ⇒ ⇒ノアの箱舟の神話? ⇒

「主は人の悪が増大し、地上に人を造ったことを悔やみ、心を痛められた

主は仰せられた。わたしが創造した人を地面から消し去ろう・・・」 (今では、現生人類と●●●の遺伝子工学で現在の人類が造られたとの説)
(旧約聖書 創世記)

アッカド神話 バビロニア神話BC1750年頃

(BC3000年頃のシュメール文明で生まれたシュメール神話を起源)  ウトナピシュティムの洪水物語

⇒ 旧約聖書BC2000年頃にノアの箱舟等を編纂(ヘブライ語文字)

ユダヤ教が確立 ⇒ ⇒

神は正しい人であったノアに方舟を作らせ、ノアの家族とその妻子、
すべての動物のつがいを箱舟乗せ、彼らは大洪水を生き延びた。

方舟はトルコのアララト山に漂着したと言われているが、
このアララト山には、方舟とよく似た形状をした巨大な地形が存在する。(宇宙衛星から発見)
https://www.space.com/2134-exclusive-satellite-sleuth-closes-noah-ark-mystery.html

事実、この地域では船の残骸の目撃例が幾度となく報告されており、
舟形地形はロシアの調査隊によって調査され、
大量の木材の残骸が見つかった。
さらにこれらの木材はこの地域に存在する木ではないものだったという。

地中レーダーの調査では、竜骨(船首から船尾まで貫通する船の背骨)、柱、
リベット、碇なども確認されているようだ。

実際、今から1万年前の地球で大洪水が起こったような痕跡が、世界各地で発見されており、地球科学分野でも確証されている。

以下はかなり長文になるので割愛、代わりに下記に図を置きます

https://scontent.ffuk2-1.fna.fbcdn.net/v/t1.0-9/36386011_245337772919488_5733447664150773760_o.jpg?_nc_cat=0&oh=6fb2f9fd28ef5561ab922291826eaebd&oe=5BADAF11

⇒ ヤマト民族(カタカナ文字)完結?(と、思いきや!あ~らぁ~!)

日本でシュメール文字発見!  (振り出しに戻る 感じ)
https://www.youtube.com/watch?v=_j8QFqheOlo

その前に縄文文化時代1万年も(教科書とは早く確立、長期間続く)

しかも平和な時代が1万年も世界中の考古学者が驚愕!(縄文文化が古くて新しい話題なのです。)

式典や日常生活にユダヤ教の影響があるのですが、

決定に違い断言出来るのが

一神教でなくて多神教だと

妥協策なのか、多くの神様が居られるがその上に伊勢の神様が居られる?

とか

多神教から生まれる柔軟な思考・寛容性

これが思考の対立を避け・調和を優先させ


さらに、理論物理学でノーベル賞クラスの学者が日本から排出している。

最近話題の量子コンピューターのプログラムも数十年前の日本数学者の考え方を基に作られている。

************
相撲の
「ハッケヨイ!ノコッタ!」もヘブライ語です。
「ハッケ」は「投げつけよ」、
「ヨイ」は「やっつけよ」、
「ノコッタノコッタ」は「投げたぞ!やったぞ!」という意味になります!

日本語(大和言葉)とヘブライ語の単語の発音と意味を下記に紹介します。
ミカド (帝)     - ミガドル (高貴なお方)
ミコト (尊)     - マクト  (王、王国)
ネギ  (神職)    - ナギット (長、司)
ミササギ(陵、墳墓)  - ムトウサガ(死者を閉ざす)
アスカ (飛鳥)    - ハスカ  (ご住所)
ミソギ (禊ぎ)    - ミソグ  (分別・性別)
ヌシ  (主)     - ヌシ   (長)
サムライ(武士)  - シャムライ(守る者)
ヤリ  (槍)     - ヤリ   (射る)
ホロブ (滅ぶ)    - ホレブ  (滅ぶ)
イム  (忌む)    - イム   (ひどい)
ダメ  (駄目)    - タメ   (ダメ・汚れている)
ハズカシメル(辱める) - ハデカシェム(名を踏みにじる)
ニクム (憎む)    - ニクム  (憎む)
カバウ (庇う)    - カバア  (隠す)
ユルス (許す)    - ユルス  (取らせる)

コマル (困る)    - コマル  (困る)
スム  (住む)    - スム   (住む)
ツモル (積もる)   - ツモル  (積もる)
コオル (凍る)    - コ-ル  (寒さ、冷たさ)
スワル (座る)    - スワル  (座る)
アルク (歩く)    - ハラク  (歩く)
ハカル (測る)    - ハカル  (測る)
トル  (取る)    - トル   (取る)
カク  (書く)    - カク   (書く)
ナマル (訛る)    - ナマル  (訛る)
アキナウ(商う)    - アキナフ (買う)
アリガトウ(有難う)   - アリ・ガド(私にとって幸福です)
ヤケド (火傷)    - ヤケド  (火傷)
ニオイ (匂い)    - ニホヒ  (匂い)
カタ  (肩)     - カタフ  (肩)
ワラベ (子供)    - ワラッベン(子供)
アタリ (辺り)    - アタリ  (辺り)
オワリ (終わり)   - アハリ  (終わり)
          ヘブライ語譯
さくらーーーーーー隠れた
よい――ーーー唯一
いのーーーーーー迫害される
そらはー―ーーー耐えて
みわたすーーーー死ぬ
かぎり―――ーー犠牲として
かすみ(か)ーーーきじびきにされ
くも(か)―――ーー取り逃げられて
におい(ぞ)ーーー素晴らしい
いずる――――ー計画
いざや――――ー神の救い
みにーーー―ーーー捧げもの
いかん―――ーー決める
『古事記』(こじき・ふることふみ)

「百聞は一見に如かず」と言う事で、シュメール語訳『古事記』の一例を紹介してみたいと思います。

豊玉姫(トヨタマヒメ)の歌

■原文
阿加陀麻波袁佐閉比迦礼杼斯良多麻能岐美何余曽比斯多布斗久阿理祁理

■漢文語訳
赤玉は 緒さへ光れど 白玉の 君が装し 貴くありけり

■シュメール語訳
aka dam,u sur gig rag.si lig dam kin gi u gush tab tuku ur,kil.
(アカ ダマユ サエ ヒガ レジ シ ラジ ダマ キン ガ ユ グシ タブ トク アルケル)

■シュメール語の日本語訳
私の愛した夫よ、宮中の僧侶は(あなたが)病気だから祈祷をすると、
布施をせがみます。
私の大君よ、もっと度重ねて消息を聞かせて下さい。
手紙を頂くのを、心待ちに致しております。

天皇の公式名「スメラ・ミコト」は、
古代ヘブライ語アラム方言で「サマリアの大王」を意味し、
初代神武天皇の正式名「カム・ヤマト・イワレ・ビコ・スメラ・ミコト」は、
「サマリアの大王・神のヘブライ民族の高尚な創設者」という意味になっているという。
「サマリア」とは北イスラエル王国の首都である。

●20世紀になって欧米考古学者、言語学者、オリエント史学者によって解読され始めたシュメール人の文字と言語は、次のようなことが明らかになっている。

【1】シュメールの楔形文字(くさびがたもじ)は、漢字の形成とほぼ同じ過程を経て成立した

【2】シュメール文字は現代日本語の漢字仮名まじりと同じ構造をもつ

【3】シュメール文字は子音のみならず母音をも記す(シュメール周辺のセム系言語の文字は、子音のみを表記する)

【4】シュメール語は膠着語である

膠着語(言語の類型的分類の一。実質的な意味をもつ独立の単語に文法的な意味を示す形態素が結び付き、文法的機能が果たされる言語。フィンランド語・トルコ語・朝鮮語・日本語など。粘着語。漆着語。付着語。)→孤立語...

※ 日本人は漢字仮名まじり文章で生活しており、日本語の文法は膠着語(にかわで接着するの意で、テニヲハの接着語によって単語がぺったりとくっつくさまを示す)系統に属する。更に日本語は、母音が非常に強調される特色がある。

最近、シュメールと古代日本をめぐる謎に関して、世界的なレベルで関心が高まっているといえる。
たとえば、アメリカ・オリエント学会は、その学会誌の1988年第1号の巻頭に
『ムル・ムルからスバルヘ』という論文を掲載している。シュメール学の権威であるS・N・クレーマーによれば、

「ついこの間まで、M45おうし座の散開星団(すばる、プレアデス星団)を指すシュメール語ムル・ムルと、この星々を表す日本語スバルとの間に、何か歴史的な、あるいは文化的なつながりを想定するなど、だれにも夢想だにできないことだった。それが優れたオリエント学者ロイ・ミラーが、権威あるアメリカ・オリエント学会の会長講演をもとに加筆し“スバルの跡をたどれば、本当にシュメールの昔にまで行き着く”ことを論証したのである」という内容の論文だった。

そして彼は「将来のオリエント学は、日本の文化と古代シュメール文化の間に、このほかの様々なつながりを発見するだろう。このような比較研究は、近年までは想像もされないことだったが!」と言っている。

●また、今、日本列島で衝撃的な発見が相次いでいる。

まず最初に山口県下関市の西端、関門海峡を目の前にする彦島から、奇妙な模様=「ペトログラフ」を刻んだ石が次々に発見された。

解読を進めるにつれ、驚愕の事実がわかってきた。

なんと、それは、シュメールの古代文字だった。更にこの後、ペトログラフは、九州北部と山口県西部の各地で相次いで発見された。

このペトログラフの発見のニュースは、日本国内よりも海外でより注目され、高く評価されている

*********************


南ユダ王国の一族長イザヤの三人の子が、国を興すべく、日本列島へ移住してきたのが、ちょうどこの時期にあたります。イザヤと三人の子は神格化され、いざなぎの尊と三貴子として、日本書紀に録されています。
イザヤ一族の犠牲的奉仕と献身的努力は実り、後にユダ王国は再建され、これが後の大ユダへと発展したのであります。
古事記と日本書紀には、イザヤは、伊邪那岐命[記]、伊弉諾尊[紀]として、長女ヘフジバは、天照大神[紀]、天照大御神[記]。長男ツァクヤム、またはヨサブは、月読尊[紀]、月夜見命[記]。次男スサナウェは、素戔嗚尊[紀]、須佐之男命[記]として、記載されました。([記]は古事記、[紀]は日本書紀の略)
ここに挙げたように、記載された名前の漢字の当て字が、古事記と日本書紀とではその表記が異なるのであります。
ユダヤ人の祖先であるヘブライ人は、スメルの奴隷であった
そして、スメルがヒッタイト族に敗退したとき、スメルの奴隷のヘブライ人は、一部はヒッタイト軍に降伏し、一部はスメルによって解放され、アラビア半島に移ったのである」
天皇を古語で「スメラミコト」と呼ぶが、スメラは「シュメール」の転化だといわれている。
バビロニア語のSUMER(スメル)は「スメ(皇)」「スメラ(天皇)」と同語で、神を意味するラテン語の「SUMMAE(スメ)」とも同系語となり、「ミコト(尊・命)」「ミカド(天皇)」は「ミグト(MIGUT)」の転化で「天降る開拓者」という意味になり、天皇の古語は全てシュメール語で解読できるという。
また、セム(SEMU)をアナグラム(換字変名)で解くと、「S・U・M・E=スメ」になり、スメラやシュメールに通じると主張する説もある。
以上を検証すると、セム族の全神権を継承していたのは「スメラミコト」である。
そして、そのスメラミコトの座はアブラハムではなく、ヒッタイト人に継承されていた可能性がある。
シュメール語で龍を「ウシュムガル」と言うが、ウシュムは「唯一の」、ガルは「偉大な」という意味で権力者を表し、王を意味する「ルガル」のルは「人」、ガルは「偉大な」で、王とは別の「唯一の偉大な龍」がシュメールを統治していたと考えられる。
神武天皇は高天原(一説には現在の西アジアのアルメニアタガーマ州ハラン

つまりタガーマ・ハラン=タガーマハラ=タカアマハラ)から東進して日本に進んだとか。

*************
ヤへー岩(神の名を ヤーベー)   出雲大社  剣山   伊勢神宮   諏訪大社
https://scontent.ffuk2-1.fna.fbcdn.net/v/t1.0-9/36501961_245345806252018_2568013121541111808_n.jpg?_nc_cat=0&oh=e1f74463a13b94a530322f2f0cbd38c4&oe=5BB4290C

剣山の謎
https://www.youtube.com/watch?v=N4TR32mPxrs


過ぎ越しの祭り ⇒  年越しを深夜家庭で過ごす    鴨居  ⇒  鳥居

https://www.youtube.com/watch?v=rgRYKbJXdwk

これが主の

おのおのその父祖の家ごとに、羊一頭を、すなわち、家族ごとに羊一頭を用意しなさい。
それはこの月の十四日まで取り分けておき、イスラエルの共同体の会衆が皆で夕暮れにそれを屠り、

その血を取って、子羊を食べる家の入り口の二本の柱と鴨居に塗る


過越(すぎこし)である。その夜,わたしはエジプトの国を巡り,人であれ,

家畜であれ,エジプトの国のすべての初子を撃つ

また,エジプトのすべての神々に裁きを行なう。

わたしは主である。あなたたちのいる家に塗った血は,あなたたちの

徴(しるし)となる
血を見たならば,わたしはあなたたちを過ぎ越す

わたしが エジプトの国を撃つとき,滅ぼす者の災いはあなたたちに及ばない

(出エジプト記第12章11~13章)

http://www.geocities.jp/somanoho/hatasi_002.htm


https://www.youtube.com/watch?v=esNHTnMlO5g&t=6s

最大の秘密結社が 姿を現わし 成就に向け 活動し始めるのか・・・・・・
 
 
》記事一覧表示

新着順:186/3597 《前のページ | 次のページ》
/3597