teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. ぽろりっ(0)
  4. ぽろりっ(0)
  5. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全5)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:177/3598 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

死刑とは何か。

 投稿者:三方限古典塾の塾生 納利一 78歳  投稿日:2018年 7月 8日(日)20時16分32秒
  通報 返信・引用
   松本死刑囚ら7名の刑が執行された。

 生まれた人は必ず死ぬ。死に方は人それぞれ。死とは何か。生老病死とは何か。
 なぜ生きる・どう生きる・どう死ぬ・その後はどうなる・その後をどうする。

 刑死とは何か。殺人とは何か。自殺とは何か。安楽死とは何か。戦死とは何か。災害死とは何か。事故死とは何か。過労死とは何か。病死とは何か。自然死とは何か。尊厳死とは何か。

 日本の社会にとってオウム事件とは一体、何だったのか。さまざまな課題が今なお私たちの目の前にあるのは確かだ。根源的な問いかけへの答えは簡単には見つからない。多くの意見に耳を傾け前に進むしかない。   毎日新聞社説2018年7月7日。
 修行と称してテロを行ったのは、世界的にも特異なケースと言えるだろう。新たな事件を防ぐために、オウムがたどった道を今後も検証し、今後に語り継いでいくことが重要だ。   大阪大学名誉教授 川村邦光氏の言葉。 読売新聞2018年7月7日
 閉塞社会、精神に傾倒する若者。時代や社会に潜み、人の心に巣くう「オウム的なもの」に警戒を怠ってはなるまい。   編集委員 毛糠秀樹氏の言葉。 日本経済新聞2018年7月7日
 怪しい妄想にのみこまれない確かな物語、時の試練に鍛えられた理想や信仰を私たちは今手にしているだろうか。   毎日新聞余録2018年7月7日
 社会への小さな違和感がめばえた段階で、他に頼れる場があったなら、と思わずにはいられない。ところがいまの日本には、その「場」を用意するのではなく、むしろ自分たちとは違うと思った存在を排除し、疎外感を募らせる方向に流れていないだろうか。   朝日新聞社説2018年7月7日
 世界では、死刑廃止の潮流がある。そうした中で死刑制度を維持している日本の在り方を改めて考えてみる必要もあろう。   南日本新聞社説2028年7月7日

 「衰欲枯死。」、「無欲帰土。」などをキーワードに検索すると、「清流の生死問答。老後の幸せ・最期の健康・その後の安心。」などがヒットする。「健やかな生老病死に安心の未来。」で、「なぜ生きる・どう生きる・どう死ぬ・その後はどうなる・その後をどうする。」などがヒットした。

 
 
》記事一覧表示

新着順:177/3598 《前のページ | 次のページ》
/3598