teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. ぽろりっ(0)
  4. ぽろりっ(0)
  5. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全5)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:216/3679 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: 言葉を惜しむ

 投稿者:fuusan  投稿日:2018年 8月 2日(木)07時16分31秒
  通報 返信・引用
  > No.3518[元記事へ]

 言葉が大切であると、
 良い言葉をと、唱えながら、謂いながら
 意味不明な言葉の羅列が、流れている現状。

 先達は言葉に生命をかけて、
 ヒトコト一言絞り出すように話し、また書いた。
 「ものはイワズモガ・・・」と、謂いながら
 言葉を発することを惜しみ、言霊を大切にしてきた。

 「心の籠もった、言語を絞り出すことの難しさ、
  タマシイが入った言霊。
  味わい深い言葉を一言一句、熟慮して、選んで、
  生み出していく努力を致さなければ、
  書かれたものは、
  今、居酒屋で飲み放題、食べ放題の
  ジャンク・フードと何ら変わりが無い」

  このジャンクから何が生み出されるかどうか。
  称賛するだけでは真のタマシイは生かされない。
  恥ずかしくもなく、死語をたたえ、
  そこから何が生み出されるかどうかを
  日々、考え居ります。

 貴重な御本をご案内いただきまして、ありがとうございます。
 下記のお話、感動いたしました。 ありがとうございました。


   知分先生へ

> 哲学者・梅原猛の著書(百人一語・新潮文庫・1996初版)に「昔の日本人は言葉を惜しんだ。だがそれだけに、
> その吐く言葉には強烈な思索の独創があり、精神の迫力が籠もった」という一文を目にしました。
> 「言葉を惜しむ」「思索の独創」「精神の迫力」、くれぐれも心したいものと自戒するところです。
 
 
》記事一覧表示

新着順:216/3679 《前のページ | 次のページ》
/3679