teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. ぽろりっ(0)
  4. ぽろりっ(0)
  5. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全5)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:54/3600 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: 舞台裏を覗いたことのない人間には

 投稿者:瀬戸山豊74歳  投稿日:2018年 9月22日(土)16時06分19秒
  通報 返信・引用
  > No.3605[元記事へ]

●之助さんへのお返事です。

詳しいですね!
私はこの本で知りましたがあまりにも長い平和が続いたため日本民族はおかしくなった。
司馬著「明治と言う国家」を読んでるとどうも今の日本人とは違うような気がします。

吉田清二ごとき詐欺師に騙されるマスコミも国民もどこかくるってるとしか思われない、そこに納先生のような人間が出てくるのであろう。

このまま何時までも続けば良いがそうもいくまい昨日1キロ6分43秒で走った。心拍が160で収まった。
何とか6分30秒まではもって行きたい、死んでも良いと思ってるが寝たきりにはなりたくない、医学の進歩も善し悪しだ


> 瀬戸山豊74歳さんへのお返事です。総裁選も終わったので
>
>
> > リベラルとは何か?もついでに 合体のお返事です。
>
>
> > 皆仲良くアッパカパみたいな空想より何故明治維新がこんなに上手く言ったのか?
> > 私は昔から不思議で仕方なかった。
> > そこへこの本が現れなるほどと思わせる。
> > 徳川300年の制度が薩摩長州ごとき力だけでつぶされその後政権が維持できるものか?最近の例を見ても自民党にとって代わった政権交代にしてもアッと言う間につぶされた。
> > 明治維新はなぜうまく行ったのか?どうも司馬遼太郎や歴史学者の言うのだけではつじつまが合わない、そこに何らかの力が働いたのであろう。
> > それがこの本の要諦で我々が習って来た外国ぎらいの孝明天皇の子供が明治天皇であると言うのがウソである。と言う事らしく孝明天皇は北朝の人間で明治政府は北朝では国が統治出来ないと> > 思い南朝の天皇を連れて来たと言うのが趣旨で色々な事例を挙げて書いてある。
> > そうなると今の天皇は正当性がない事になり、調和やみんな仲良くアッパカパどころの騒ぎではない
> > 西郷南洲も号からして南朝側の人間で大久保、大隈重信、三条実美等もこれに加担したのだとか?統治するにあたり皇室の権威づけにおいて日本を国民国家に仕上げていく。
> > その為の秘密が暴かれるのを恐れる政府はあらゆる画策をしたのがそれを知る江藤新平、西郷等の佐賀の乱や西南戦争で在ったと言うところがみそだが加治氏なる歴史小説家のストリーに引き> > 込まれて行く。
> > 維新後の近代国家において日本国民が持ってきた皇室の正当性がおかしいとなると90%の支持を集める日本国民はどうなる。幕末に活躍したグラバーやアーネスト・サトウ、フレベッキ等が> > ユダヤ系の人間で裏で秘密結社のフリーメイソンとつながっていたと言うストーリーが空想を膨らます。
>
> この手の話題は、常にデリケートな問題
>
> 「田布施システム」と明治天皇替え玉説
>
> 孝明天皇暗殺死説があった。

>
> それに対処する為、外国人謁見には替え玉である影武者天皇が
>
> これが混同され明治天皇替え玉説が発生

>
> http://imgcc.naver.jp/kaze/mission/USER/20140915/51/5799291/0/540x376x2e43a9dd81f669fda6f3d352.jpg
>
> 日本国家の真相は、明治維新で長州藩田布施一味に国家を乗っ取られたということであることが解る。
>
> 長州藩の田布施一味とは、山口県熊毛郡出身の政治家らのことである。熊毛郡の田布施町を中心にしている。ここは光市と柳井市に挟まれた寒村だった。

>
> 大室寅之祐=明治天皇、伊藤博文、木戸幸一、宮本顕治、河上肇、難波八助、松岡洋右、安倍源基(終戦時の内務大臣)、賀屋興宣などである。
>
> むろん、岸信介、佐藤栄作、安倍晋三は、この田布施一派の末裔?。
>
>
>
>
> 小泉前首相の父・純也は、鹿児島の田布施(現在は加世田市金峰町)出身の朝鮮人である。鹿児島の田布施も山口県の田布施と同じ、朝鮮人部落である。

>
> https://www.google.co.jp/maps/place/%E5%8D%97%E3%81%95%E3%81%A4%E3%81%BE%E5%B8%82%E7%AB%8B%E7%94%B0%E5%B8%83%E6%96%BD%E5%B0%8F%E5%AD%A6%E6%A0%A1/@31.4540475,130.3322438,14.08z/data=!4m8!1m2!2m1!1z5Y2X44GV44Gk44G-5biC55Sw5biD5pa9!3m4!1s0x0:0x9cd43722fef1b8be!8m2!3d31.4613996!4d130.3434867?hl=ja
>
> 小泉純也は、鹿児島実業の夜学に通いながら、市内にある呉服店山形屋(現百貨店)に勤務した。
>
> 学校を出ると朝鮮銀行に職を求め、お茶汲みをした。
>
> 上京して小泉又次郎(刺青大臣と言われた)の婿養子となって「小泉姓」を名乗り、日本国籍を取得した。

>
> 小泉の次に安倍政権、そのいずれもが朝鮮人部落だった田布施の出身であることが偶然であるわけがない。
>
> 南朝系”隠し玉”はこの他にも全国にいて、南朝復興論を主張する雄藩が、熊沢天皇(水戸藩)、小野寺天皇(仙台藩)、
>
> 三浦天皇(井伊藩)、井口天皇(紀州藩)、朝里天皇(紀州藩)などを抱えていました。
>
> 桂小五郎・伊藤博文ら長州の志士たちは、この南朝の末裔を天皇にして政権を取ろうと考えた。
>
>
> 長州藩には、「ウラ毛利」という忍者組織があった。
>
> この連中が主体となって倒幕運動をやるのである。
>
> 「ウラ毛利」とは、長州藩(毛利)が関ヶ原で敗れて以降、倒幕用の軍資金を貯めて守る任務を負った忍者集団のことである。
>
> 「ウラ毛利」には、上忍・中忍・下忍の3階級があった。(吉田)松蔭は中忍であり、伊藤博文は下忍であった。
>
> 下忍だったから、孝明天皇を惨殺する実行部隊を指揮し、厠に入っていた天皇を下から忍者刀で突き刺したのが伊藤である。
>
> 孝明天皇が厠に立ったとき、そこで待ち伏せしていた伊藤博文が床下から天皇の尻に刀を刺し殺害。
>
> 遺体はきれいに洗われ、孝明天皇は疱瘡で死んだことにされた。
>
> 孝明天皇には、睦仁親王という息子がいた。彼もまた殺害された。そして、長州によって大室寅之祐が睦仁親王と置き換えられ、明治天皇となった。
>
> たしかに、現天皇家は北朝由来のはずなのに、明治になって南朝の名誉回復が行われている。(あくまでも)

>
> http://www7a.biglobe.ne.jp/~gakusyuu/rekisigazou/muromati/nanbokutyou.jpg
>
> 1911年(明治44年)…『大日本史』の記述を根拠に、明治天皇の裁断で三種の神器を所有していた南朝が正統であるとされ
>
> 北朝の天皇の住んでいる皇居が、南朝に最後まで身をささげた家来に守られているわけ?
>
> 明治天皇の生母とされる中山慶子(つまり孝明天皇の種をもらった女性)の墓が東京・文京区の豊島ケ岡墓所にある。
>
> ところがこの明治天皇の生母の墓を、明治天皇を始め皇族まで誰も参拝に行っていない…
>
> これはつまり、明治帝がやはり孝明天皇と中山慶子の子ではないことの証明である。生前に明治天皇は生母に会ってさえいない。
>
> つまり、玉(ぎょく)を握っていた長州が、他の維新三藩を大きく引き離し、維新以後の政治に大きな勢力を持ち、
>
> 政権担当者(総理大臣)を多数排出する事になる。
>
>
> 明治維新のプロセス全体が、ロスチャイルド系商社のプロデュースによるものだという
>
> 龍馬はグラバー商会(ロスチャイルド系)から武器を買い入れて、
>
> まず薩摩に売った。薩摩を仲立ちにする形で長州へ横流ししている。
>
> これが薩長同盟のきっかけとなっていくわけだ。
>
> 武器証人のグラバーからすれば、幕府の次に新政権が樹立されるにあたって日本国中が内戦状態になればなるほど懐が潤う。
>
> 長州五傑(井上馨・遠藤勤助・山尾庸三・伊藤博文・井上勝)。
>
> …長州ファイブの面々の留学費用を工面し、留学を手配したのはやはりグラバー。
>
> もちろん、ジャーディン・マセソン商会がスポンサーだ。
>
> つまり、長州ファイブの連中は、ロスチャイルドの手引きでイギリスに密留学した。
>
> 日本での内乱 ⇒ 長期化の失敗 ⇒ 日清戦争 ⇒ 長期化の失敗 ⇒ 日清戦争賠償金で軍備拡大(最大のお得意さん成功) ⇒
>
>  ⇒ 日露戦争戦費貸付

>
>
> 大東亜戦争後も領土割譲を回避 ⇒ 1988年、実に82年間、戦前から戦後まで日本は米国人に負債を返しつづけたのでした。
>
>  「日本国はその経済を維持し、かつ公正な損害賠償の取り立てを可能にするように産業を維持することを許される。」ポツダム宣言は、
>
> このように明言しています。
>
>  日本に借金を完済させるために米国が 強く政策誘導したのは当然のことでした。
>
> 他国が日本にカネを落とすことは、すなわち米国の資金回収のために必要だったことなのです。
>
> 米国は1986年まで日本の経済を慎重に取り扱い、またその後も有効利用できるよう努力
しました。

>
>
> --------------------------
>
>
>
> 最近話題では  むしろ こちらが重要
>
> 背乗り (北朝鮮工作員?「背乗り」とは -
工作員が他国人の身分・戸籍を乗っ取る行為を指す警察用語)して日本人になりすました
>
> 吉田清治(工作員)とマスコミが連携して日本人と世界をだました
>
> 世論攪乱戦・歴史戦

>
> https://www.youtube.com/watch?v=ffd_iUQCK4Q&t=23s
 
 
》記事一覧表示

新着順:54/3600 《前のページ | 次のページ》
/3600