teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. ぽろりっ(0)
  4. ぽろりっ(0)
  5. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全5)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:80/3679 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

すい臓がん。超早期発見

 投稿者:●之助  投稿日:2018年10月19日(金)12時49分38秒
  通報 返信・引用 編集済
  発見しにくい すい臓がん

すい臓がん。早期発見 法

(すい臓がん 自体の病変組織体を見つける必要がない 組織体発見出来たら神技 しかし、)




https://www.youtube.com/watch?v=SZI8mgSrXFY



病理学的に説明

エコー検査「主膵管の拡張」で

膵臓に何らかの病変が生じていることを示す最初のサインです。

主膵管に膵液の流れをせき止めるような変化が起きる場合です。

主膵管に小さな腫瘍(しゅよう)ができたり、狭い領域に膵炎が起こったりして生じます。

膵液がせき止められると、主膵管は太くなります。





膵液がねっとりした流れにくい状態に変化し、

主膵管の中の圧力が高くなって太くなる場合です。

これは、膵臓内の管の壁の細胞が粘液を作る細胞に変化した結果起こります。

変化した細胞は、腫瘍化することが多く、時間がたつとがんになることもあります


https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20101124-OYTEW47936/      (から一部転写)



膵臓ガンを防ぐ3つのポイント」

①禁煙

②暴飲暴食をしない


③適度な運動を行う


https://www.youtube.com/watch?v=RCtOcNAehxU


慢性膵炎 患者 ⇒ 慢性膵炎でない人の10倍 ⇒ 膵臓ガン

膵臓に水膿胞が ⇒ 1年以内に100人中 1人 ⇒ 膵臓ガン


定期的に ヲサメ クリニックで 「哲学で悩む暇があったら」 受診しましょう。(安物受診の、銭失いにならないためにも)



大阪府立成人病センター検診部・検診部長の田中幸子氏
難治がんの検診システムを研究開発することを使命として設立された大阪府立成人病センター検診部では、1998年より膵がん検診システムの開発に取り組んできた。膵がんに着手する前は、胃がん、大腸がん、肝がんの検診システムの研究開発を行ってきたと田中氏は語る。胃がんおよび大腸がんの検診システムは運用段階に入ったため、事業そのものが大阪がん予防検診センターへと移管された。大腸がんに続く難治がんは何かと探していた時、当時の総長豊島久真男氏からの勧めもあり、膵がん検診システムの開発に着手したと田中氏は説明する



大阪成人病センターに保管されていた1970年代からの超音波検査のうち膵がんと診断された患者のなかから、膵がん発病の数年以上前に超音波検査を受けた人のデータをさかのぼって検討した。その結果、統計的にも有意に膵管拡張から膵がんが発病していることが判明した。加えて、膵臓に嚢胞のある患者にも高い確率で膵がんが発現していることが認められた。これらの2.5mm以上の主膵管拡張、あるいは膵嚢胞がある場合をハイリスクグループ結果から、とし、膵検診のプロトコール開発に着手した。

 様々な検討の末、開発されたプロトコールは、以下のようなものだ。

■検査プロトコール検査技師は、超音波検査の走査方向とチェックポイントなどを詳しく説明した膵抽出マニュアルに沿って検査を行う。・膵精密超音波検査・座位で飲用物を摂取。胃の背側の膵尾部まで観察・膵胆管のみ20分以上かけて検査・血液化学検査はCA19-9、CEA、T-Bilirubin、Glucose、Amylase、ALP、Elastase1などを含む

 膵臓は超音波検査では観察し難いとされている。また、通常の10分程度の腹部超音波検査では、肝臓、胆嚢、総胆管、膵臓、脾臓、腎臓など多くの臓器の病変を検査するため、たとえ膵臓の一部が見えなくとも検査が終了となる場合もある。そのため、開発したプロトコールでは、検査技師は一定の時間をかけて膵臓のみの検査をすることとなっている。また、膵臓を膵頭部、体部、体尾部、尾部の4つの部位に分けて精査し、あらかじめ撮る画像も決めている。そのため、撮りこぼしのリスクがないという。超音波検査の際はデンタルチェアのような椅子に深く腰掛けさせる。そのことにより、肝臓が下がり、また腹部の筋肉が弛緩され、膵臓の観察もしやすくなるという。また、特に超音波で検査が難しい胃の裏側にある膵尾部については、検査中、検診受診者にミルクティーを飲んでもらい、胃内のガスによる干渉をなくして描出するなどの工夫も行っている。


https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/cancernavi/report/200901/100263.html  (から転写)
 
 
》記事一覧表示

新着順:80/3679 《前のページ | 次のページ》
/3679