teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. ぽろりっ(0)
  4. ぽろりっ(0)
  5. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全5)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:1007/4620 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

五木寛之著「さらばモスクワ愚連隊」

 投稿者:瀬戸山豊74歳  投稿日:2018年12月24日(月)17時24分50秒
  通報 返信・引用
  私など74歳にして初めて読んだが
1966年作の直木賞で「15の夏」の佐藤氏など中学の頃すでに読んでたのであろう。
このような偏差値の人間とは何か?
私の周りに見た事ないが納先生などこの位の偏差値は会ったのであろう。私など当時22歳で北杜夫の世界にのめり込んだ、丁度良い偏差値の小説だったのだろうと思う。

私が思うのは狂信的右翼や左翼は良く分かるが佐藤氏のごとくバランスの取れた人間を知ると自分の人生は何だったのか?
納先生など狂信的とは思われないが共産党や創価学会みたいなものを感じてしまう。

今日私立図書館で在った「クリスマス読書バトル」に行った、市内の10人程の中学生がそれぞれの本をプレゼンしてて初々しく楽しかった。教師や付き添いの父兄を含め50人程が質問してたが佐藤氏程の偏差値の生徒は見当たらかった。日本は平和な国だと思う。
ただいつまで続くか?不安に感じる、平和が大事だアッパカパと言ってれば保たれるのか?
我々は残り少ない命大事にしたい。

 
 
》記事一覧表示

新着順:1007/4620 《前のページ | 次のページ》
/4620