teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. ぽろりっ(0)
  4. ぽろりっ(0)
  5. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全5)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:22/3750 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

すごいですね ・・・ Re: 菊池正史著「影の総理と呼ばれた男」野中弘務

 投稿者:ふうさん  投稿日:2019年 1月 8日(火)23時35分38秒
  通報 返信・引用
  > No.3788[元記事へ]

瀬戸山豊さんへ

 新春からパワーがスゴいですね。
何と言っても、その切り口がスゴい。
私は、近頃では本を読もうと言う気力が無いですね。

自分の終焉を推し量ると言うのですか?、推察というのでしょうか?
易学の極みと言うモノでしょうか?

年末に2冊で6万円余。予約すると、約5万円との書籍の新書案内が届きました。
めざとく嫁に見られてしまい、新年から嫁と娘に絞り上げられて、
購入申し込みの葉書を取り上げられてしまいました。
外堀も埋められて、、、内堀も嫁と娘に埋められて、
この人生、何をもって「楽しみ」を得ていけば良いものかと思案中です。

また先ほどに江戸時代のように「、」と「。」無しで、文章を書いたならば
どのように成るか??と、「ホ」の無いアタマで考察しながら
書いてみましたが、不自由これなく。。。、困りました。

その昔、若い頃、東都に居る某医者(今)に、巻紙に筆で、漢字だけで手紙を書いておりましたが、
その周辺の学者の賛を得たとかで、閉口し、止めましたが、、、を思い出しました。

ここ10年ほど飲酒の習慣を止めました。
元旦あたりのヒマをどのように過ごしたモノか??
テレビジョンでは汗をかかない評論家が乖離した論を流しておりますので
ほとんど歌番組と、ラジオのNHK第2を聞いておりました。

そういえば某氏の入水自裁もどうなったのか??
体よく整理されて行く世間様です。

ワタシは、これから先に期待などは致しておりません。
基本「我が身をゆく」の、拘束されない自然を愛し、自由を愛しています。
政治にも何にも期待感は無いし、小さい出来事など
どうでも良いし、無縁のただ信ずる道をゆくだけであります。

拘りをもって生き生きされている瀬戸山さんを
羨ましく思うことでした。


> 2019年もどんどん過ぎて行きます。
> 残り少ない命と思うと読みたい本が次々出て来て焦りを覚えます。
>
> 前々から被差別の出で権力の中心を握った野中なる人物に興味はありましたが、裏社会を握りこわもてで動かしてたと思ってたが菊池氏の論でどうも違うみたいで幾分分かったような気がします。
>
> 京都府議の時は共産党知事蜷川府政を批判し弾き釣り下ろす。
> 私も現役時代数多くの水道局、食肉処理場等々の工事をしたので被差別部落の利権に立ち向かされたが彼はそれらを排除するために戦ったらしい、差別とは何か?権力が集中することを排除したのであろう。
>
> その延長に保守本流なる絶対に戦争をさせない九条を守り抜く信念で在ったのだろうがその為には創価学会の政教一致を脅し裏切りや脅しもする。普通の人間にはなかなか出来なかろう。その創価学会と手を組み今の自民党を造り上げる。
>
> 被差別部落で生き抜いた生きざまか?
> 結果として権力を握り小泉を批判しながら安倍を生み出してしまう。
> 平和は大事だろうと思うがこの国際社会の魑魅魍魎としたデジタルなテンポの速い時代に九条における万民の善意に頼る事が出来るだろうか?
>
> 理想を掲げてリアルに生きた人間で在ろう。
> 当時骨肉の争いをした小沢氏が今度創価学会より宗教的な共産党を口説き野党をまとめようとする。
> まだまだ生きてると面白そうだ
>
 
 
》記事一覧表示

新着順:22/3750 《前のページ | 次のページ》
/3750