teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. ぽろりっ(0)
  4. ぽろりっ(0)
  5. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全5)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:740/4630 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

お隣の国では、命がけ

 投稿者:●之助  投稿日:2019年 5月23日(木)19時48分18秒
  通報 返信・引用 編集済
  お隣の国 文在寅大統領家族を安全な国外に出し
半島を赤化統一、命がけの革命行為
https://www.youtube.com/watch?time_continue=457&v=MEjNYcEEisg

そうなると
日本国内の、潜伏工作員が表立って・・・・



ダイエット云々など お花畑でいられなくなるが



中・韓にのっとられたマスコミからの情報では

お花畑も 無理からぬ事か


https://www.youtube.com/watch?v=wzLhYFn8FXI




大量破壊兵器に転用可能な戦略物資、

韓国からの違法輸出が急増


3年でおよそ3倍生物・化学兵器系列が70件で最多

第三国経由で北朝鮮・イランに運ばれた可能性も

 ミサイルの弾頭加工やウラン濃縮装置などに転用できる



韓国産の戦略物資が、このところ大量に違法輸出されていることが16日に判明した。


大量破壊兵器(WMD)製造にも使える韓国の戦略物資が、第三国を経由して北朝鮮やイランなどに持ち込まれた可能性もある。

 保守系野党「大韓愛国党」の趙源震(チョ・ウォンジン)議員が



産業通商資源部(省に相当)から提出を受けた「戦略物資無許可輸出摘発現況」によると、



2015年から今年3月までに政府の承認なく韓国の国内業者が生産・違法輸出した戦略物資は156件に上った。


2015年は14件だった摘発件数は、


昨年は41件と3倍近くに増えた。


さらに今年は、3月までの摘発件数だけでも31件に上り、急増する様子を見せている。



戦略物資とは、WMDやその運搬手段に転用できる物品や技術のこと。



昨年5月には、ウラン濃縮などに使える韓国産の遠心分離器がロシア、インドネシアなどに違法輸出された。


17年10月には原子炉の炉心に使われるジルコニウムが中国へ、


また生物・化学兵器(BC兵器)の原料となる「ジイソプロピルアミン」がマレーシアなどへ輸出された。


「ジイソプロピルアミン」は、北朝鮮当局がマレーシアのクアラルンプール国際空港で金正男(キム・ジョンナム)氏を暗殺する際に使った神経作用剤「VX」の材料物質でもある。


15年9月と昨年3月には、北朝鮮と武器取引を行っているといわれるシリアに、BC兵器製造関連の物資などが違法に輸出された。



戦略物資の違法輸出は、


BC兵器系列が70件で最も多かった。


通常兵器は53件、核兵器関連は29件


ミサイル兵器が2件


化学兵器が1件だった。


韓国では、戦略物資を輸出する際、対外貿易法に基づいて政府の承認を受けるよう定めている。






 国防安保フォーラムのヤン・ウク首席研究委員は「北朝鮮の友好国に向けた違法輸出が増え続けており第三国を経由して北朝鮮に渡った可能性を排除できない」と語った。



韓国・文政権が危険すぎる“反米行為”か
米韓会談中止も






 文在寅(ムン・ジェイン)大統領率いる韓国が、


危険極まりない「反米行為」を行った恐れが出てきた。


大量破壊兵器に転用可能な戦略物資が最近、大量に違法輸出されていたことが分かり、


イランや北朝鮮に持ち込まれた可能性もあるという。事実であれば、


イランと一触即発状態にあるドナルド・トランプ政権への重大な裏切りで、冷え込んだ米韓関係はさらに険悪となりそうだ。


 《大量破壊兵器に転用可能な戦略物資、韓国からの違法輸出が急増》


 朝鮮日報(日本語版)は17日、こう報じた。


 記事によると、2015年から今年3月までに、韓国の国内業者が生産・違法輸出した戦略物資は156件。朴槿恵(パク・クネ)政権時代の15年には14件だった摘





米国がともに危険視している両国だが、特にイランとの間では、にわかに緊張が高まっている。


 イラン軍などに、米軍への攻撃準備が見受けられたとして、


トランプ政権は戦略爆撃機「B52」の部隊と、原子力空母「エーブラハム・リンカーン」を中心とする空母打撃群を中東地域に派遣したとされる。





 評論家で軍事ジャーナリストの潮匡人氏は


「イランには、ジョン・ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)を中心に


『軍事作戦の立案が検討されたようだ』と伝えられている。韓国は米国の同盟国であり、一応は自由主義陣営の扱いだ。


もし、イランに戦略物資が流出していたとすれば、笑って済む問題ではない」と説明する。


 文政権の「従北・反日」姿勢に、トランプ政権の不信感は高まっている。


トランプ氏は6月、大阪で開かれるG20(20カ国・地域)首脳会議に出席するため東アジア地域を訪れる。


これに合わせ、韓国で文氏と会談する予定だが、イランを利していたとすれば、話は別だ。


 潮氏は「『日程調整がつかなかった』として、トランプ氏が韓国に行かないという可能性もあり得る」と話した。


夕刊フジから 一部転写
https://www.zakzak.co.jp/soc/news/190519/soc1905190004-n1.html</h1></h1>
 
 
》記事一覧表示

新着順:740/4630 《前のページ | 次のページ》
/4630