teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. ぽろりっ(0)
  4. ぽろりっ(0)
  5. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全5)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:663/4622 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

第五高等学校。

 投稿者:三方限古典塾の塾生 納利一 79歳  投稿日:2019年 7月21日(日)11時15分0秒
  通報 返信・引用
   武夫原頭に

    第五高等学校明治三十八年東京帝国大学在学先輩寄贈之歌

 1.武夫原頭に草萌えて
  花の香甘く夢に入り
  竜田の山に秋逝いて
  雁が音遠き月影に
  高く聳ゆる三寮の
  歴史やうつる十四年

 2.それ西海の一聖地
  濁世の波をとはにせき
  健児が胸に青春の
  意気や溢るる五校魂
  その剛健の質なりて
  玲瓏照らす人の道

 3.時潮の巡りたゆみなく
  移りてここに十年の
  思いや狂ふ胡北の地
  断雲乱れ飛ぶ所
  斬魔の剣音さえて
  スラブの末路今ぞ見る

 4.時難にして義を思い
  塵世に節を偲ぶかな
  あゝ新興の気を負いて
  浮華の巷にわれ立てば
  思いは馳する木訥の
  流風薫る銀杏城

 5.さらば我が友叫ばずや
  時と人とを諭すべく
  見よ龍南に一道の
  正気ありてぞ日ノ本の
  青年の名に力あり
  二十世紀に光あり




 
 
》記事一覧表示

新着順:663/4622 《前のページ | 次のページ》
/4622