teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. ぽろりっ(0)
  4. ぽろりっ(0)
  5. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全5)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:93/4621 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: 疫病コロナ後は地球的調和時代。

 投稿者:●之助  投稿日:2020年 5月11日(月)06時17分3秒
  通報 返信・引用 編集済
  >  疫病コロナ後の人類社会が地球的調和時代となり永続してほしいものである。・・・・

上の文間から読み取れることは、「疫病コロナ」は自然災害


だが、しかし

世界は本当に 政治システムで動いているのか・・・・
https://8108.teacup.com/tomonori/bbs/3415
ベンジャミン・ディズレーリは私達に大変興味ある文を残しています。

「世界は、舞台裏を覗いたことのない人間には、
  想像できない者によって支配されている
。」


の文です。
 極一部の人達によって世界は動かされていますよ、
 よく世界を精査しなさいと言ってるかも知れません。




【新型コロナウイルスは予言されていた】日本語字幕「アングロサクソンミッション」10年も前の映像?
https://www.youtube.com/watch?v=x3Zw7_A0uLk

The Eyes of Darkness
・武漢発生の人工ウイルス
・2020年に発生し
肺炎の症状を起こす
・名前は「Wuhan-400」
(武漢-400)と記され
新型コロナウイルスを
予言したかのように
書かれているのです!

https://i1.wp.com/www.visiontimesjp.com/wp-content/uploads/2020/02/2020-2-15_TheEyeOfDarkness.jpg?w=600&ssl=1

https://epdf.pub/eyes-of-darkness82c283c4e6bf8cd84989f912b5df328b1232.html

'I'm not interested in the philosophy or morality of biological
warfare,' Tina said. 'Right now I just want to know how the hell
Danny wound up in this place.'
'To understand that,' Dombey said, 'you have to go back
twenty months. It was around then that a Chinese scientist
named Li Chen defected to the United States, carrying a diskette
record of China's most important and dangerous new biological
weapon in a decade. They call the stuff "Wuhan-400" because it
was developed at their RDNA labs outside of the city of Wuhan,
and it was the four-hundredth viable strain of man-made
microorganisms created at that research center.
'Wuhan-400 is a perfect weapon. It afflicts only human beings.
No other living creature can carry it. And like syphilis, Wuhan-
400 can't survive outside a living human body for longer than a
minute, which means it can't permanently contaminate objects or
entire places the way anthrax and other virulent microorganisms
can. And when the host expires, the Wuhan-400 within him
perishes a short while later, as soon as the temperature of the
corpse drops below eighty-six degrees Fahrenheit. Do you see
the advantage of all this?'
Tina was too busy with Danny to think about what Carl
Dombey had said, but Elliot knew what the scientist meant. 'If I
understand you, the Chinese could use Wuhan-400 to wipe out
a city or a country, and then there wouldn't be any need for them
to conduct a tricky and expensive decontamination before they
moved in and took over the conquered territory.'
'Exactly,' Dombey said. 'And Wuhan-400 has other, equally
important advantages over most biological agents. For one
thing, you can become an infectious carrier only four hours after



 20世紀の米国SF小説は影響が深く、様々な作品がよく知られている。テレビ、パソコン、AIなどを含め、その一部が描写する内容はまさに今時の現実になった。米国有名な小説家ディーン・R・クーンツ氏(Dean Ray Koontz)による1981年の作品『闇の目』(The Eyes of Darkness)には、「武漢-400」(Wuhan-400)というウイルスが言及されている。現在、武漢から蔓延した新型コロナウイルスによる肺炎(以下、「武漢肺炎」と称する)とそっくりである。また、ウイルスの出所に関する描写は驚くほどリアルだ。


 『闇の目』はディーン・R・クーンツ氏早期のサスペンス作品。内容はある母親が、息子ダニーが生きている手がかりを探すという内容だ。 武漢肺炎が中国で全面的に広がる現状に対し、この小説の読者たちはショックを受けた。例えば、当該作品の181-182ページには、このような文言がある:
 「今、私が知りたいのは、どうしてダニーがこんなところにいるの?」



 「それを理解するには」ドームベー氏は答えた。「20が月ほど前に遡る必要がある。その頃、李晨(Li Chen)という中国人科学者が米国に亡命した。彼は中国数十年以来最も重要で危険な新型生物兵器の情報を保存しているディスクを持ち出した。それは『武漢-400』(Wuhan-400)と呼ばれている。なぜかというと、それは武漢の郊外にあるRDNA実験室で開発されたものだから。それは当該研究センターが創造した400個目の完璧な人工ウイルスだ。」



 当該小説ではウイルスが武漢近郊で作られ、「武漢」と命名されるまでのエピソードがある。「武漢肺炎」が感染拡大している2020年の現在において、この作品はまさに偶然過ぎるとしか言えないだろう。



 『闇の目』では、「武漢-400」人造ウイルスは、中国共産党政府が反対者を絶滅させる用途に開発されたものとして表現されている。ワクチンも治療薬もない、無数の政治犯の体で試験された「完璧な武器」と設定された。人がそのウイルスを接触すると、僅か4時間で伝染性宿主になってしまう。




 武漢肺炎が中国で全面的に広まってからは、武漢ウイルス研究所の研究用サンプルが漏洩したため大流行になったと世論に疑われている。このため、武漢市に位置する中国科学院武漢国家生物安全実験室(即ち武漢BSL-4実験室、略称「P4実験室」)が社会から注目を浴びている。




 この実験室は北京当局の秘密生物兵器計画と関係しているという。該当ウイルスはAIDSのたんぱく質成分が人工による挿入されたことを、あるインドの科学者により発見された。この発見により、武漢肺炎が生物兵器であることを証明できるかのように思われたが、論文が発表して僅か数日間で撤回された。





 米国『生物兵器禁止条約』の立案者であり、イリノイ大学法学部教授のフランシス・ボイラー(Francis Boyle)氏が先日『地政学と帝国』(Geopolitics & Empire)の取材を受け、現在武漢で広まっているコロナウイルスと武漢P4実験室との関連性について議論した。同氏は、武漢で暴れている伝染病は実にP4実験室から漏洩したものと考えられると話した。そして、このウイルスは致命的で攻撃的な生物兵器であるか、または機能的特性を備えた遺伝子組み換え生物兵器であるとコメントした。



 ボイラー博士はまた、



Great Game Indiaのスクープ報告書『コロナウイルス:中国のウイルス兵器開発に関する秘密計画』(Coronavirus―China’s Secret Plan To Weaponize Viruses)を言及した。当該報告書では、カナダ=ウィニペグの実験室で務める中国のウイルス専門家邱香果氏のチームがコロナウイルスを武漢の実験室へ密輸する始末の詳細が記載される。ボイラー氏は、ウイルスの出所がカナダの実験室だと主張している。ちなみに、このような事例は、海外に勤務する中国人科学者が自分と関わる研究成果を盗み、中国へ戻るのを誘致するという中国共産党のいわゆる「千人計画」と大きな関係がある。




 最新のニュースによると、2月4日、カナダのHIVとコロナウイルスの専門家フランク・プラマー(Frank Plummer)氏はケニアで国際会議に参加した時、突然死亡した。フランク・プラマー氏がカナダのP4実験室で務めた時、中国のウイルス専門家邱香果氏は彼の研究チームのメンバーだった。そこで、武漢の新型ウイルスに関する調査において、彼は重要な関係者である。




【ボズトン大学生を装っ,-人民解放軍女性スパイ】
中国人女性イエ・ヤンチン(29/葉燕青)は
人民解放軍中尉という肩書を隠し
ボズトン大学で研究員を務めながらスパイ行為を行っていた
リーバー博士のような専門家を取り込むためとされる
逃亡し
FBIから指名手配中
WANTED BY THE FBI YANQING YE

https://www.youtube.com/watch?v=-U92cLQVSFU


今日はここまで  続く・・・闇はまだまだ深い トランプでよかった


トランプだったから FBIも CIAも動いた そして 明るみに出た
 
 
》記事一覧表示

新着順:93/4621 《前のページ | 次のページ》
/4621