teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. ぽろりっ(0)
  4. ぽろりっ(0)
  5. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全5)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:295/5082 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

養生哲学。

 投稿者:三方限古典塾の塾生 納利一 80歳  投稿日:2020年11月 1日(日)18時06分3秒
  通報 返信・引用
   養生とは何か。

 養生とは、よく生きるためのコツのことではなかろうか。

 56歳の私の作文である。1996年(平成8年)9月30日 月曜日 朝日新聞 声 からの転載。
 成人病予防へ養生のすすめ。
 「成人病」を、「生活習慣病」に、厚生省が名称を変更する。がんや心臓病、糖尿病などの成人病は、食事、運動、喫煙といった生活習慣と深く関連しており、子どものときからの健康づくりが、予防につながるという考えからである。
 小学校時代からの同級生の一人が、心臓病で亡くなった。五十二歳の若さだった。そのとき、死もひとごとでないと実感した。お通夜の席で、病気や健康が話題になった。集まっていた旧友たちから、内科医としての意見を求められた。その時話したことを小文にまとめ、「養生の勧め」と題して、診療所のロビーに掲示している。
 一に養生、二に養生、三、四が医療で、五にまた養生。養生で二十年、医療で十年、寿命を延ばして、生涯イキイキ天寿まで。養生は自分のカラダをよく知って、適度な運動、腹八分、ぐっすり眠って、スッキリ排便、さわやかな朝。
 家庭の健康、職場の健康、目指しつつ、自分のココロを自分で知って、みんなのココロと調和する。ひとの健康は心と体と気の調和。人間の健康は社会の健康、自然の健康すなわち地球の健康の中にある。今日のイノチに感謝して、いつもニコニコ明日への希望。
 
 
 
》記事一覧表示

新着順:295/5082 《前のページ | 次のページ》
/5082