teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. ぽろりっ(0)
  4. ぽろりっ(0)
  5. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全5)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:222/5082 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

薩摩出水兵児の訓え。

 投稿者:三方限古典塾の塾生 納利一 81歳   投稿日:2020年12月13日(日)12時19分11秒
  通報 返信・引用
   偽り言わず為すまじきをせず人には情けを。

 負けるな・うそを言うな・弱い者をいじめるな。薩摩郷中教育の訓え。
 われにきびしく・ひとにやさしく・うそつかず。克己誠恕。

 出水兵児修養掟。
 士は節義を嗜み申すべく候
 節義の嗜みと申すものは口に偽りを言わず身に私を構えず、心直にして作法乱れず、礼儀正しくして上に諂わず下を侮らず人の艱難を見捨てず、己が約諾を違えず、甲斐がいしく頼もしく、仮初にも下様の賤しき物語り悪口など話の端にも出さず、譬恥を知りて首刎ねらるるとも、己がなすまじき事をせず、死すべき場を一足も引かず、其心鐡石の如く、又温和慈愛にして、物の哀れを知り人に情あるを以て節義の嗜みと申すもの也。

 真の勇者は、冬の霜のように自分にきびそく、春の陽のように人の痛みを包む。
 山田昌巌という人が撰んだと伝えられる「出水兵児修養掟」は、つねに生と死を見つめていた武士たちへの、味わい深いメッセージである。鹿児島県北部の出水の人たちは、今もこの文章を幼少期から声に出して唱え、諳んじている。人間として恥ずかしくない、美しい生き方をしたまえ、と教えているのである。
 引用文献:語り継ぐかごしまの教え集 鹿児島県環境生活部生活文化課編集・制作 平成19年3月鹿児島県発行。
 
 
 
》記事一覧表示

新着順:222/5082 《前のページ | 次のページ》
/5082