teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. ぽろりっ(0)
  4. ぽろりっ(0)
  5. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全5)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:50/5084 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Netの危険性

 投稿者:武 応援者  投稿日:2021年 3月25日(木)06時58分20秒
  通報 返信・引用
  LINEの情報漏洩に、政府はトンチンカンな対応を見せています。


LINEの漏洩事件を検証する「第三者委員会」だが、
この座長は「LINEみらい財団」の理事がなっていた。ますます、
LINEという企業が信用できないことが分かる。
泥棒が泥棒に泥棒していたかどうかを検証させるようなものだ。


開発は中国にやらせていたとか、LINEは馬鹿なのか?
泥棒に開発をやらせていたも同然だ。
もし暗号化のレターシールドも中国が開発なら、
泥棒に鍵を作ってもらったようなもの。
日本にデータを移行したらそれで済むような問題でもない。
バレなかったらそのままだったのだ。

LINEは利用者の患部や保険証などの画像も韓国のサーバーで保管していることが判明した。
韓国は日本に対して剥き出しの反日をぶつけてくる国家である。
LINEはそんな国のサーバーに国民の重要な個人情報を保管していた
もうどうしようもない。呆れ果てる。



総務委員会で質問したところ、
渋谷区は「LINEの使用を止めるつもりはない」との答弁でした。
渋谷区役所はLINEベッタリで、
韓国のサーバーに区民の個人情報が渡っていることに問題意識を感じていない様子



LINEのサーバーは韓国にあって、
中国側もそれにアクセスすることができる。
LINEを利用した選挙システム」なんか構築されたら、
中国・韓国側が選挙結果をいくらでも操作することもできるようになる。
これは、日本の選挙システムそのものが乗っ取られる


LINEの情報漏洩が問題になっているというのに、
自民党では「LINEを利用した選挙システム勉強会」を予定通り決行するのだという。
LINEを利用した選挙システム?
自民党はどうなっているのか。
もうIT音痴の政治家たちに政治を任せたら国が滅びる



米CIA(中央情報局)の職員だった男が中国の情報機関員と接触。
米国の機密を渡して数十万ドルを受け取ったとして逮捕、懲役19年の実刑判決に。
この男が中国に流したのは
「CIA工作員や協力者の名や電話番号、特殊な通信方法」だった。
スパイが金で自国を裏切る。






中国の国家情報法は
会社や個人にスパイ行為への協力を義務付けており、
これだけのインフラを担ってしまっているアプリはかなりの注意が必要。
 
 
》記事一覧表示

新着順:50/5084 《前のページ | 次のページ》
/5084