teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. ぽろりっ(0)
  4. ぽろりっ(0)
  5. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全5)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:76/5146 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

「日本の一番長い夏」

 投稿者:瀬戸山豊77歳  投稿日:2021年 4月12日(月)14時51分34秒
  通報 返信・引用
   半藤一利著昔読んだ気がしてるが本棚に見つからないので図書館に申し込んで居たら先週来たので読んでみるとS38年の文芸春秋30人程の対談集だ、これを基本に書かれたのであろう。当時まだ8月15日に生きてた政府始め軍人将校戦地に居た要人達がいたのであろう。
物凄く生々しい、その後40年して対談してるが4人しか生きてない。

S38年と言えば私は大学に入学した年て文春など読んだこともなかった。
半藤氏が文春の司会者としてまとめてるが彼も昨年亡くなった。読んでると8月15日の前7月27日にポツダム宣言が出されてる。

私もドイツポツダムへ行ってその様子の資料館を見学したが感無量な物があった。
天皇は外電を見てよろしいのではないかといわれたらしいが軍部が国体がどうか書いてないと言う事で閣議がもめ決められない、天皇は自分はどうでも良い国民の事を考えていたのであろう。日本はソ連に仲裁を期待して遅れに遅れる。振り返るとバカな期待をしたものだと歴史は教えるがそれも後付けで在ろう。

共産党勢力を伸ばそうとするロシアを封じ込めるためアメリカは原爆投下に踏み切る。
ひどい話だが現代も同じような事が国際情勢の中にあるのであろう。
国際社会は複雑怪奇で話し合いで決めるなど不可能だ国連など役に立たない

平和は確かに大事だが覚悟がいる今日本民族に覚悟はあるのか?
平和が大事だアッパカパと言ってれば出来るのか?読みながら空恐ろしくなる。

               
 
 
》記事一覧表示

新着順:76/5146 《前のページ | 次のページ》
/5146