teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. ぽろりっ(0)
  4. ぽろりっ(0)
  5. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全5)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:401/5638 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

強欲資本主義と哲学

 投稿者:団塊の一人  投稿日:2021年 7月 9日(金)00時11分19秒
  通報 返信・引用
  「何らの見返りもなしで人様のお役に立てるなら喜んで働く」というこの国の伝統的心性。
 昨今この心性の欠片もないような日本人も増えているようだが・・・・
尤もこのような心性は、強欲資本主義の徒にとっては実に困ったもの。
 強欲資本主義の本家本元のアメリカ合衆国、強欲資本主義が極端に進められている中華人民共和国
この二つ大国にとっては、日本人特有の「働く=傍を楽にする」心性・は排除すべき対象。
 2大国の方策は異なるが、この日本人の特性を消失させようと画策し実行しているが、いずれもそれなりに成果を挙げつつあるようだ。
「愛国」を標榜する勢力が、明治中期以降に創られたに過ぎない思想を「我が国固有の伝統」として美化し広めようとしているが、これとても欧米輸入の価値観で富国強兵策と何ら変わらない。左翼知識人と自称する者たちも破綻したエンゲルス・レーニン・毛沢東ら進歩史観の標榜者で、所詮経済成長発展神話の盲信者。 どちらも縄文以来のこの国の心性・哲学とは相容れないもの。
 和をもって尊しとなす、自利より利他に価値をおく富であることを恥とし貧である、ことを誇りとする、等々は単なる心性ではなく哲学となっているが、この国の外では極めて稀。
 このような心性、哲学が世界に広まれば、調和のある自由で平和で平等な社会の構築も可能
しかし、それは強欲資本主義の徒にとっては悪夢以外の何物でもない。あらゆる手段を執って潰しに掛かりたい代物。
 そんな状況の中で、少しでも理想に近づく方策は、
自由な建設的批判による討論、誹謗中傷は排除するも異論反論を歓迎し、
止揚和解」を目指す討論にある。
 この列島で万年以上かけて培われた心性と哲学は、この列島の地政学的気候学的条件で育まれたものであり、そのままでは他の地域に適用できないかもしれない。
 が、真の科学の発展により不可能ではないであろう。
強欲資本主義からの決別により、失われつつあるとはいえ日本人の基底にある心性・哲学の世界への普及も可能。日本人のこうした心性・哲学を「忘却」あるいは「消失」したような米国盲従の徒や中国理想化の輩の妄言こそ排除し、日本人自身が先ずは強欲資本主義の呪縛を除くことが必須。
 
 
》記事一覧表示

新着順:401/5638 《前のページ | 次のページ》
/5638